Believe/曇りのち、快晴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Believe/曇りのち、快晴
/矢野健太 starring Satoshi Ohnoシングル
初出アルバム『All the BEST! 1999-2009 (#1)
ウラ嵐マニア (通常盤#3)』
B面 トビラ (通常盤)
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
キャラクターソング
レーベル J Storm
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間1位(オリコン
  • 2009年3月度月間1位(オリコン)
  • 2009年4月度月間10位(オリコン)
  • 2009年度上半期1位(オリコン)
  • 2009年度年間1位(オリコン)
  • 登場回数46回(オリコン)
  • 年表
    Beautiful days
    (2008年)
    Believe/
    曇りのち、快晴
    (2009年)
    明日の記憶/
    Crazy Moon
    〜キミ・ハ・
    ムテキ〜

    (2009年)
    矢野健太 starring Satoshi Ohno 年表
    - 曇りのち、快晴
    /Believe
    (2009年)
    -
    テンプレートを表示

    Believe/曇りのち、快晴」(ビリーヴ/くもりのち、かいせい)は、の25作目のシングルと同時に矢野健太(大野智が演じた『歌のおにいさん』の役名)のデビューシングルである。2009年3月4日発売。発売元はJ Storm

    概要[編集]

    前作から4ヶ月ぶりのリリース。「truth/風の向こうへ」以来5枚目の両A面シングル。初回限定盤1・初回限定盤2・通常盤の3形態で発売された。なお、初回限定盤1には「Believe」のPV、初回限定盤2には「曇りのち、快晴」のPV、通常盤には初回限定盤に収録されていない「トビラ」とそれぞれのオリジナル・カラオケが収録された。

    「Believe」は、メンバーの櫻井翔主演の映画『ヤッターマン』の主題歌となっている。またPVの監督は、「サクラ咲ケ」「truth」「風の向こうへ」を手がけた須永秀明竜の子プロダクションとのコラボレーションで製作された短編アニメーション(PV)の「アラシ★タツノコ animation film of Believe」が存在する。dwango.jpにてシングルカット版が配信され、ベストアルバム『5×10 All the BEST! CLIPS 1999-2009』に完全版が収録されている。内容は嵐の5人が、タイムボカンシリーズのヒーロー達になり悪に立ち向かうというものになっている。メンバー全員にソロパートがある。

    「曇りのち、快晴」は、リーダーの大野智主演のテレビ朝日系連続ドラマ『歌のおにいさん』の主題歌。「矢野健太」とは同作で大野が演じた主人公の役名であり、劇中では健太がボーカルを務めていたバンドのメンバーであるソースケが作った曲に、健太が歌詞を付けたという設定で使用されている。コンサート『ARASHI Anniversary Tour 5×10』では大野がソロで歌った。

    チャート成績[編集]

    オリコンデイリーチャートでは発売前日の2009年3月3日付で推定売上枚数21.5万枚を記録し、初登場で1位にランクインした。この時点で2009年度の年間シングルチャートで暫定4位となった[1]

    2009年3月16日付オリコン週間シングルチャートで首位を獲得。同チャートにおける首位獲得は「PIKA★★NCHI DOUBLE」から14作連続、通算21作目となった。初動売上は約50.2万枚に達し、嵐のシングルとしてはデビュー曲の「A・RA・SHI」以来9年4か月ぶり、シングル全体としてはKAT-TUNReal Face」以来3年ぶりに初動売上が50万枚を突破した。累計売上は66万枚。2009年度のオリコン年間シングルチャートにおいては、初動売上のみで暫定1位に立った[2]

    その後、2009年度オリコン上半期シングルチャートにおいて、期間内に売上枚数約64.6万枚を記録し、首位を獲得した。2位には次作「明日の記憶/Crazy Moon〜キミ・ハ・ムテキ〜」がランクインし、2008年度オリコン年間シングルチャートに続き1位、2位を独占した。同一アーティストによる上半期シングル1位、2位独占は1988年光GENJI以来21年ぶりである[3]

    2009年度オリコン年間シングルチャートでは、期間内に売上枚数約65.7万枚を記録し、首位を獲得した。これにより、同チャートでは2008年度から2年連続で嵐の作品が首位を獲得している。また、次作の「明日の記憶/Crazy Moon〜キミ・ハ・ムテキ〜」が2位、「マイガール」が3位を獲得し、1978年のピンク・レディー、1988年の光GENJIに続き、史上3組目の同一アーティストによる1 - 3位独占を達成した[4]

    2009年3月のゴールド等認定でダブル・プラチナに認定された[5]

    賞歴[編集]

    「曇りのち、快晴」は、雑誌ザテレビジョンにおける「第60回ドラマアカデミー賞」にてドラマソング賞を受賞した[6]

    収録曲[編集]

    CD[編集]

    通常盤・初回限定盤1[編集]

    ※「トビラ」以降、通常盤のみ収録。

    1. Believe
      作詞・作曲:100+、Rap詞:櫻井翔、編曲:吉岡たく
    2. 曇りのち、快晴 - 矢野健太 starring Satoshi Ohno
      作詞:多田慎也、作曲:QQ、編曲:QQ・佐々木博史
    3. トビラ
      作詞:Makoto ATOZI、作曲:多田慎也、編曲:NAOKI-T
    4. Believe(オリジナル・カラオケ)
    5. 曇りのち、快晴(オリジナル・カラオケ)
    6. トビラ(オリジナル・カラオケ)

    初回限定盤2[編集]

    1. 曇りのち、快晴
    2. Believe

    DVD[編集]

    初回限定盤1[編集]

    1. Believe」ビデオ・クリップ

    初回限定盤2[編集]

    1. 曇りのち、快晴」ビデオ・クリップ

    脚注[編集]

    [ヘルプ]
    1. ^ 嵐の最新シングル、発売初日だけで今年4位” (日本語). オリコン (2009年3月5日). 2011年7月17日閲覧。
    2. ^ 嵐、新曲が9年4ヶ月ぶりに初動50万枚超え” (日本語). オリコン (2009年3月10日). 2011年7月17日閲覧。
    3. ^ 嵐がシングル・DVDで『09年上半期ランキング』2冠、宇多田以来8年ぶりの快挙” (日本語). オリコン (2009年6月17日). 2011年7月17日閲覧。
    4. ^ 嵐、史上初の年間4冠 今年を漢字1文字で表すと「嵐」” (日本語). オリコン (2009年12月18日). 2011年7月17日閲覧。
    5. ^ ゴールドディスク認定作品一覧 2009年3月”. 日本レコード協会. 2014年1月4日閲覧。
    6. ^ ザテレビジョン ドラマアカデミー賞【第60回 ドラマソング賞】「曇りのち、快晴」矢野健太starring Satoshi Ohno” (日本語). webザテレビジョン. 角川マガジンズ (2009年4月22日). 2011年7月17日閲覧。