Best+

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Best+
シュノーケルベスト・アルバム
リリース
録音 2004年 - 2009年
ジャンル ポップ・ロック
オルタナティヴ・ロック
ロック
J-POP
時間
レーベル SME Records
チャート最高順位
シュノーケル アルバム 年表
EQ
2007年
Best+
(2009年)
EYE
2015年
テンプレートを表示

Best+』(ベストプラス)は、日本のロックバンド、シュノーケルベスト・アルバム2009年9月16日発売。発売元はSME Records

解説[編集]

2004年に結成し、2005年にメジャーデビューを果たしたシュノーケルにとって初のベスト・アルバム。

2005年から2008年までに発売された全シングル曲に、アルバムからの人気曲、インディーズ時代の楽曲である「無能の人」「空穴」、スプリット・シングル収録の「ラプソディ」、新曲「一筋縄」「蛍」など全16曲を収録[2]。なお、全シングルのカップリング曲とスプリット・シングル『A SIDE SPLIT Vol.3 〜snow field〜』収録の「シンプルプラン」は未収録となった。また、7thシングル「奇跡」は2ndアルバム『EQ』収録のアルバム・バージョンでの収録である為、シングル・バージョンは未収録となっている。

初回生産限定盤と通常盤の2形態で発売。初回盤はこれまで発表した全てのPVとライブ映像を1曲収録したDVD付き。

なおシュノーケルは2010年3月で一度活動休止したため、活動休止前最後のリリース作品となる。

収録曲[編集]

CD[編集]

シングル曲や既出曲の詳細は各項目を参照。

  1. 天気予報(5:18)
    (作詞・作曲:西村晋弥 / 編曲:シュノーケル、上田ケンジ
    • 6thシングル
  2. レコード (SNOWKEL SNORKEL mix)(5:04)
    (作詞・作曲:西村晋弥 / 編曲:シュノーケル、上田ケンジ)
  3. ナツカゼ(3:16)
    (作詞:西村晋弥、榊原智子 / 作曲:西村晋弥 / 編曲:シュノーケル、松岡モトキ
    • 8thシングル
    アルバム初収録。
  4. 大きな水たまり(5:17)
    (作詞・作曲:西村晋弥 / 編曲:シュノーケル、上田ケンジ)
    • 1stシングル、メジャーデビューシングル
  5. 一筋縄(4:54)
    (作詞:橋本絵莉子 / 作曲:西村晋弥 / 編曲:シュノーケル、河野圭
    • 未発表新曲
    詞はチャットモンチー橋本絵莉子によるもので、シュノーケルのオリジナル曲で西村が作詞を手がけていない唯一の楽曲である。
    2008年に行われたスプリットツアー『若若男女サマーツアー '08』の際、西村が橋本に曲を渡し、「詞をつけて欲しい」とオファーした。チャットモンチーのスタイル(詞に曲をつける手法)とは正反対であったが、橋本は「一晩で書けた」と語っている。もともとチャットモンチーでやろうと温めていた詞があったものの、いざ自身が歌うとしっくりいかず、西村の作ってきた曲を聴いて「あれだ!」とひらめいたという。西村はできあがった詞を読んで「ピッタリだったので嬉しかった」と語っている[3]
    発売に先駆け、2009年8月7日に放送された『MIXUP』(TBSラジオ)で初放送された[4]
  6. ラプソディ (4:27)
    (作詞・作曲:西村晋弥 / 編曲:シュノーケル、上田ケンジ)
    シュノーケル関連の作品には初収録。
  7. 波風サテライト(4:11)
    (作詞・作曲:西村晋弥 / 編曲:シュノーケル、上田ケンジ)
    • 2ndシングル
  8. 空穴(3:42)
    (作詞・作曲:西村晋弥 / 編曲:シュノーケル、上田ケンジ)
    • インディーズEP『ソラカラフル』収録曲
  9. Bye-Bye×Hello(4:05)
    (作詞・作曲:西村晋弥 / 編曲:シュノーケル、松岡モトキ / ストリングス編曲:竹内純)
    • 5thシングル。
  10. (4:44)
    (作詞・作曲:西村晋弥 / 編曲:シュノーケル、會田茂一
    • 未発表新曲
    • J SPORTS『野球好きニュース』挿入曲
    2008年に行われた全国ツアー『EQ Tour』で未発表曲として演奏された楽曲[2]
    発売に先駆け、2009年7月17日に放送された『MORNING JAM』(FM FUKUOKA)で初放送された[5]
  11. 100,000hp(4:14)
    (作詞・作曲:西村晋弥 / 編曲:シュノーケル、tasuku
    • 1stアルバム『SNOWKEL SNORKEL』収録曲
  12. solar wind(3:43)
    (作詞・作曲:西村晋弥 / 編曲:シュノーケル、tasuku)
    • 4thシングル
  13. 旅人ビギナー(4:44)
    (作詞・作曲:西村晋弥 / 編曲:シュノーケル、河野圭)
    • 3rdシングル
  14. 奇跡 (EQ Version)(5:56)
    (作詞・作曲:西村晋弥 / 編曲:シュノーケル、tasuku)
    • 7thシングル、2ndアルバム『EQ』に収録のアルバム・バージョン
  15. エスパー(4:12)
    (作詞・作曲:西村晋弥 / 編曲:シュノーケル、河野圭)
    • 1stアルバム『SNOWKEL SNORKEL』収録曲
  16. 無能の人 (from the e.p "snowkel")(4:34)
    (作詞・作曲:西村晋弥 / 編曲:シュノーケル)
    • 自主制作盤『シュノーケル』収録曲
    本作で最も古い楽曲。

初回限定盤DVD[編集]

「レコード (SNOWKEL SNORKEL mix)」とシングル曲8曲のミュージック・ビデオとライブ映像の全9作品を収録。シュノーケルの楽曲のライブ映像が映像化された初の例である[注釈 1][注釈 2]

なお、「solar wind」から「奇跡 (EQ Version)」のミュージック・ビデオは、2ndアルバム『EQ』初回限定盤付属のDVDに既に収録されている。

  1. レコード (SNOWKEL SNORKEL mix)
    • 監督は渡辺慶将
  2. 大きな水たまり
  3. 波風サテライト
    • 監督は上田大樹
  4. 旅人ビギナー
    • 監督は上田大樹
  5. solar wind
  6. Bye-Bye×Hello
    • 監督はnicographics
  7. 天気予報
  8. 奇跡 (EQ Version)
    • 監督は福居英晃
  9. ナツカゼ
  10. 波風サテライト (若若男女サマーツアー '08 at JCB HALL)
    • 監督は青木亮二
    2008年7月16日にJCBホールにて開催された「若若男女サマーツアー '08」でのライブ映像。

参加ミュージシャン[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ ただし「レコード (SNOWKEL SNORKEL mix)」のミュージック・ビデオには、2004年のワンマンライブ「新水深呼吸」等のライブ映像が一部使用されている。
  2. ^ 2018年現在でライブ映像が収録されている作品は、本作と2017年発売の4thアルバム『popcorn labyrinth』(タワーレコード購入特典DVD)のみである。

出典[編集]