BiKiNi

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
BiKiNi
ジャンル バラエティ番組
放送時間 金曜 25:00 - 25:30(30分)
放送期間 1996年10月4日 - 1999年3月26日
放送国 日本の旗 日本
制作局 テレビ東京
プロデューサー 斧賢一郎
出演者 雛形あきこ
池谷亨
山田まりや
羽賀研二
林家いっ平
ほか
こちらも参照。
ナレーター 池谷亨
音声 ステレオ放送
テンプレートを表示

BiKiNi』(ビキニ)は、テレビ東京系列局ほかで放送されていたテレビ東京製作のバラエティ番組である。製作局のテレビ東京では1996年10月4日から1999年3月26日まで、毎週金曜 25:00 - 25:30 (日本標準時)に放送。

概要[編集]

ビキニ姿の若い女性タレントたちが大勢出演していた深夜番組で、お色気とお笑いという深夜番組らしい要素をふんだんに盛り込んでいた。

生え抜きで司会に昇格した山田まりやにとっては出世作となった。レギュラー出演者の中からも嘉門洋子安西ひろこなど、後に活躍するグラビアアイドルを多数輩出し、また「予備軍」として安めぐみも出演していた。

バラエティのロケ企画を中心とする一方、レギュラーコーナーとしてビキニギャルが都内やその近郊の駅前でナンパ待ちをする「ザ・ハンティングワールド」や、カップルのデートの様子を追跡する「カップルストーカー」など、お色気の中でも個性的な企画があった。また、「BiKiNi白書」では主にカップルの生態をビキニギャルの演技映像で紹介しており、メンバーが男役を演ずることも多かった。

番組末期には視聴者と合コンをする企画が増え、その中から準レギュラー格で出演する参加者も現れたが、一方では前述のような企画でメンバーが個性を発揮する機会が減るという結果を招いた。

出演者[編集]

司会[編集]

  • 雛形あきこ(1996年10月 - 1997年9月)
  • 池谷亨(当時テレビ東京アナウンサー、1996年10月 - 1998年3月) - ナレーターも兼任。降板後、最終回で再登場を果たした。
  • 山田まりや(1997年10月 - 1999年3月) - 当初はビキニギャルの1人として出演していたが、2年目に生え抜きで司会に昇格した。
  • 羽賀研二(1997年10月 - 1999年3月)
  • 二代林家三平(当時林家いっ平) - 唯一、第1回から最終回まで一貫して司会を務めていた。

フロントメンバー[編集]

その他の主な出演者[編集]

  • 浜田春菜
  • 岩本麻美
  • 清水麻衣子
  • 清藤奈緒美
  • 星七
  • 山田亜美
  • 三浦直子
  • 照屋友季子
  • 富田理紗
  • 稲田奈緒
  • 陣内みさと
  • 吉田忍
  • 長坂仁恵
  • 幸田まいこ
  • 大塚良子
  • 寺島なつ
  • 五十嵐りさ
  • 松岡奈々
  • 武藤峰子
  • 添田めぐみ
  • 南ユイ
  • 星野志穂
  • 廣瀬真弓
  • 井上ケイ
  • 木村絵理菜
  • 加山花衣
  • 相沢しの
  • かわい綾
  • 石川瞳
  • 目黒美紀
  • 上野綾子
  • 安めぐみ - BiKiNi予備軍の一員として出演。
  • 益子梨恵
  • 大倉理沙
  • 八木沼真由子
  • 伊吹未奈
  • 二見恵里子

スタッフ[編集]

  • ナレーター - 池谷亨
  • 構成 - 青島利幸根田真児つかはら
  • ディレクター - 関光晴、前田琢、越山進、岡田英吉、加藤正敏ほか
  • プロデューサー - 斧賢一郎
  • 製作著作 - テレビ東京

放送局[編集]

1998年6月の時点では、下記10局を含めて全23局で放送されていた。

テレビ東京系列局[編集]

系列外局[編集]

写真集[編集]

  • TV BiKiNi (1997年7月、宝島社、撮影:山岸伸、ISBN 4-7966-1234-3) - 当時のビキニギャル17人が登場。

備考[編集]

山田は番組初回の自己紹介において、「まりや」の「や」の字を強調しながら挨拶していた。これは、「山田まりあ」と誤記されることが多かったことと、ほぼ同時期に「山田まりあ」という彼女とは別人のヌードモデルがグラビア誌に登場していたことに起因する。

テレビ東京 金曜25:00枠
前番組 番組名 次番組
外で遊ぼう 我ら釣仲間
(1996年4月5日 - 1996年9月27日)
※日曜7:30枠へ移動
BiKiNi
(1996年10月4日 - 1999年3月26日)
BeatBang
(1999年4月9日 - 1999年9月24日)
※帯番組