Billboard JAPAN

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

Billboard JAPAN(ビルボード・ジャパン)は、アメリカ合衆国の音楽チャート『ビルボード』の日本[1]オリコンとは異なり、多様な音楽の視聴スタイルを反映した複合チャートが特徴である。総合シングルチャートであるBillboard Japan Hot 100では、CD売上枚数・ダウンロード数・ストリーミング再生回数・ラジオでのオンエアによるポイント・CDDBへのアクセス数により推定されるCDの稼働回数・歌手名と曲名のツイート回数、ミュージックビデオ再生回数・カラオケでの歌唱回数により構成されている。チャートは毎週水曜日に更新される。なおBillboard.com(アメリカ版)では毎週木曜日に発表される。『ビルボード』の刊行会社より独占ライセンスを得て阪神コンテンツリンクにより運営されている[2][3][4][5][6]

歴史[編集]

2006年、アメリカの週刊音楽雑誌『ビルボード』の刊行会社と阪神コンテンツリンクが、日本におけるライセンス契約を締結[6]

2007年夏、ライブハウス[注釈 1]「Billboard Live」(ビルボードライブ)が東京・大阪・福岡でオープンした[6][8]。同時にウェブサイト「Billboard-japan.com」を開設した[9]

また、阪神コンテンツリンクはアメリカのビルボードチャートを日本向けに販売するビジネスも展開していた。しかし、日本の音楽業界においてアメリカのチャートのニーズは低く、売上は不振となり、日本版チャートを立ち上げる方向になる[10]

2008年2月28日からは日本版チャートの公開を開始した[11]。なお、アメリカ国外でビルボードの名を冠したチャートを発表する国はカナダ(2007年6月7日開始)に続いて世界で2ヶ国目となった。

2010年代からは、ライブコンサート「ビルボードクラシックス」の全国展開も行っている[12]

2018年3月、カフェ「ビルボードカフェ&ダイニング」が東京ミッドタウン日比谷に開店した[13]が、2020年8月2日に閉店した[14]

2019年11月より、チャートの内容や音楽に関するニュースを解説するポッドキャストの配信が開始された[15]

2020年7月、ライブハウス「Billboard Live」が横浜にオープン[16]

チャート[編集]

楽曲/シングル[編集]

チャート 集計 順位 備考
Japan Hot 100 CDセールス
エアプレイ
ストリーミング
デジタル・ダウンロード
動画再生
Twitter
ルックアップ
カラオケ
100
  • 楽曲総合チャート。
Hot Overseas 20
  • 洋楽総合チャート。2013年12月9日付から新設。
  • Japan Hot 100から当該ジャンルの楽曲を抽出。
Hot Animation
  • アニメソング・アニメ声優の楽曲の総合チャート。2010年12月6日付から新設。
  • Japan Hot 100から当該ジャンルの楽曲を抽出。
Hot Buzz Song デジタル・ダウンロード
動画再生
Twitter
10
  • 2016年6月27日付から新設。
  • インターネット上で話題になっている楽曲をチャートに反映する。
Streaming Songs ストリーミング 100
  • 2017年10月9日付から新設[17]
  • 日本国内主要オンデマンド型聴き放題サービスでの再生回数、プレイリスト型ストリーミングサービスの再生回数を集計。
  • 集計対象はAmazon Music(Unlimited,Prime Music)、Apple Music、AWA、KKBOX、LINE MUSIC、Rakuten Music、RecMusic、Spotify、 dヒッツ、うたパス、YouTube Music
  • Japan Hot 100を構成する8部門のうちのひとつ。
Download Songs デジタル・ダウンロード
  • 2017年10月9日付から新設[17]
  • 日本国内主要ダウンロードサービスでの販売実績を集計。
  • 集計対象はiTunes、amazon、mora、mu-mo、LINE MUSIC、レコチョク
  • Japan Hot 100を構成する8部門のうちのひとつ。
Top Singles Sales CDセールス
  • CDシングルセールスチャート。
  • SoundScan Japan調べのCD売上枚数が用いられる
  • Japan Hot 100を構成する8部門のうちのひとつ。
Top User Generated Songs 動画再生 20
Heatseekers Songs エアプレイ
デジタル・ダウンロード
ストリーミング
動画再生
  • 新人チャート。2020年12月7日付から新設。
  • Japan Hot 100からラジオ、ダウンロード、ストリーミング、週間動画再生数を集計。
  • 楽曲がJapan Hot 100の20位以内にランクインしたアーティストは、次週以降チャートの対象外となる。
  • 2021年6月7日付より、直近6か月(26週)中4か月相当(17週)以上20位以内にチャートインしたアーティストは除外する新ルールが導入された。
TikTok Hot Songs TikTok
  • TikTokにおける再生回数や影響力などを総合的に判断して生成。

アルバム[編集]

チャート 集計 順位 備考
Japan Hot Albums CDセールス
ダウンロード
ルックアップ
100
  • アルバム総合チャート。2015年6月8日付から新設。
Top Albums Sales CDセールス
  • CDアルバムセールスチャート。
  • SoundScan Japan調べのCD売上枚数が用いられる
  • Japan Hot Albumsを構成するチャートの一部。
Download Albums デジタル・ダウンロード
  • 2017年10月9日付から新設[17]
  • 日本国内主要ダウンロードサービスでのアルバム単位での販売実績を集計。
  • 集計対象はiTunes、amazon、mora、mu-mo、LINE MUSIC、レコチョク
  • Japan Hot Albumsを構成するチャートの一部。

アーティスト[編集]

チャート 順位 集計
Artist 100 100
  • Hot 100とHot Albumsのポイントを合算、アーティスト単位
Hot 100 Composers
  • Hot 100でポイントを獲得した作曲家
Hot 100 Lyricists
  • Hot 100でポイントを獲得した作詞家

過去に公表されていたチャート[編集]

チャート 集計 順位 備考
Digital and Airplay Overseas デジタル・ダウンロード
エアプレイ
20
  • iTunes Store Japanでの売上件数とエアプレイを基にした洋楽チャート。
  • 2010年12月6日付から2013年11月25日付まで発表。現在はHot Overseasに移行。
Top Overseas Soundtrack Albums CDセールス
Top Independent Albums and Singles CDセールス 100
  • インディーズアルバム・シングルチャート。
  • 2008年8月25日付から2015年6月1日付まで公表。
Adult Comtenporary Airplay エアプレイ
  • アダルトコンテンポラリーチャート(聴取対象が35歳以上のラジオ番組での再生回数を元に算出)。
  • 2008年9月1日付から2015年6月1日付まで公表。
Radio Songs エアプレイ
  • ラジオ・エアプレイ総合チャート(2015年6月8日付でHot Top Airplayより改称)。
  • Japan Hot 100を構成する8つの部門のうちのひとつ。
  • 2009年8月3日付から2017年10月2日付まで公表。
Top Jazz Albums CDセールス 20
  • ジャズCDアルバムチャート。
  • 2009年8月3日付から2017年10月2日付まで公表。
Top Classical Albums
  • クラシック音楽CDアルバムチャート。
  • 2009年8月3日付から2017年10月2日付まで公表。

ビルボード・ジャパン・ミュージック・アワード[編集]

ビルボード・ジャパン・ミュージック・アワード(Billboard JAPAN MUSIC AWARDS)は、ビルボード・ミュージック・アワードの日本版として2009年度より開始された音楽賞である。

その年度のビルボードジャパン1年間のチャートを元に、各チャートの年間1位に贈られる「チャート部門」、各チャートから1度でも1位を取ったアーティストをノミネート対象とし、インターネット及び携帯サイトでの一般投票で決められる「アーティスト部門」とその中の最多得票を獲得したアーティストに贈られる「アーティスト・オブ・ザ・イヤー」等で構成される。

NEXT FIRE[編集]

『NEXT FIRE』は、Billboard JAPANが動画プラットフォームのTikTokと共同で2020年10月から開始した音楽番組。新たに公開が始まった新人アーティストチャート「Heatseekers Songs」をもとに、TikTok LIVEを用いたアーティストによるライブの生配信や、収録インタビューを配信する[18]

参考文献[編集]

  • 北口正人『billboardを呼んできたサラリーマン 電鉄会社の傭兵たちが作った夢の棲家』ダイヤモンド・ビジネス企画/ダイヤモンド社、2019年。ISBN 978-4-478-08466-3。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 公式には「ライブハウス」という呼称を使わず、「クラブ&レストラン」と称している[7]

出典[編集]

  1. ^ Billboard Japan Unveils Chart Redesign, Opens Voting for Artist of the Year Ahead of Music Awards 2014”. ビルボード (2014年12月15日). 2016年4月15日閲覧。
  2. ^ Nielsen Business Media, Inc. (2011-01-08 - 2011-03-26). Billboard 8 January – 26 March 2011. Nielsen Business Media, Inc.. pp. 9–. ISSN 0006-2510. http://books.google.com/books?id=D0b70DQT1HkC&pg=RA9-PA4&dq=%22Hanshin+Contents+Link,+the+op+erator+of+Billboard+Japan%22 
    Billboard Japan Music Awards Name Exile Artist Of The Year”. ビルボード (2011年3月1日). 2016年4月15日閲覧。
    CRISIS MANAGEMENT: MUSIC BIZ OFFERS SUPPORT TO JAPAN AFTER QUAKE”. ビルボード (2011年3月28日). 2016年4月15日閲覧。
    Nielsen Business Media, Inc. (2011-01-08 - 2011-03-26). Billboard 8 January – 26 March 2011. Nielsen Business Media, Inc.. pp. 5–. ISSN 0006-2510. http://books.google.com/books?id=D0b70DQT1HkC&pg=RA5-PA53 
  3. ^ 'Billboard Live' Venues To Roll Out In Japan”. ビルボード (2006年9月14日). 2016年4月11日閲覧。
  4. ^ 'Billboard Live' Venues To Roll Out In Japan”. ビルボード (2006年9月14日). 2016年4月15日閲覧。
  5. ^ Nielsen Business Media, Inc. (18 August 2007). Billboard 18 August 2007. Nielsen Business Media, Inc.. pp. 34–. ISSN 0006-2510. http://books.google.com/books?id=5Q4EAAAAMBAJ&pg=PA34&dq=Hanshin+Contents+Link 
  6. ^ a b c 阪神、ビルボードと提携 ライブハウスを来夏開業”. 共同通信 (2006年9月14日). 2013年11月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月15日閲覧。
  7. ^ 『billboardを呼んできたサラリーマン』120頁、149頁。
  8. ^ Billboard Brings Music to Japanese Ears”. Direct Marketing News (2006年10月4日). 2006年10月4日閲覧。
  9. ^ 『billboardを呼んできたサラリーマン』152頁。
  10. ^ 『billboardを呼んできたサラリーマン』148頁、152頁、182頁、184-185頁。
  11. ^ 日本版ビルボードチャート始まる オンエア数も加味”. 朝日新聞社. 2008年3月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月15日閲覧。
  12. ^ 『billboardを呼んできたサラリーマン』172-173頁。
  13. ^ 音楽好きにはたまらない!ビルボードカフェ&ダイニング1号店が東京ミッドタウン日比谷にオープン、プレシャス、2018年4月4日。
  14. ^ 東京ミッドタウン日比谷の「ビルボードカフェ&ダイニング」8/2をもって閉店、Musicman、2020年7月22日。
  15. ^ Podcast, Billboard JAPAN. “Billboard JAPAN Podcast” (日本語). Google Podcasts. 2021年1月17日閲覧。
  16. ^ ビルボードライブ横浜がオープン!ここから始まる“伝説の夜”へ、ようこそ”. ビルボードジャパン. 2021年4月7日閲覧。
  17. ^ a b c 【ビルボード】ダウンロード&ストリーミング・チャートがローンチ、記念すべき1週目の1位は?”. Billboard Japan (2017年10月4日). 2017年10月5日閲覧。
  18. ^ NEXT FIRE”. www.billboard-japan.com. 2021年1月15日閲覧。

関連項目[編集]