Birthday/君と重ねたモノローグ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
Mr.Children > Birthday/君と重ねたモノローグ
Birthday/君と重ねたモノローグ
Mr.Childrenシングル
初出アルバム『SOUNDTRACKS
A面
  • Birthday
  • 君と重ねたモノローグ
リリース
規格 マキシシングル
録音 RAK Studios英語版
ジャンル
時間
レーベル トイズファクトリー
作詞・作曲 桜井和寿
プロデュース
ゴールドディスク
チャート最高順位
Birthday/君と重ねたモノローグ
  • 週間2位(オリコン[2]
  • 週間1位(2週連続、オリコン ROCKシングルランキング)
  • 2020年3月度月間5位(オリコン)
  • 2020年3月度月間1位(オリコン ROCKシングルランキング)
  • 2020年上半期14位(オリコン)
  • 2020年度年間43位(オリコン)
  • 2020年3月度月間1位(レコチョク 月間アルバムランキング)

Birthday

君と重ねたモノローグ
  • 週間9位 (Billboard Japan Download Songs)[5]
Mr.Children シングル 年表
here comes my love
(2018年)
Birthday/
君と重ねたモノローグ

(2020年)
turn over?
(2020年)
SOUNDTRACKS 収録曲
Documentary film
(6)
Birthday
(7)
others
(8)


turn over?
(3)
君と重ねたモノローグ
(4)
losstime
(5)
EANコード
EAN 4988061896939
(TFDC-89693)
テンプレートを表示

Birthday/君と重ねたモノローグ」(バースデイ/きみとかさねたモノローグ)は、日本バンドMr.Childrenの38枚目のシングル。2020年3月4日にトイズファクトリーより発売された[6]

概要[編集]

通常盤のみでの発売。シングルとしての発売は配信限定シングル「here comes my love」以来2年ぶり、CDシングルとしては37thシングル「himawari」以来2年半ぶりのリリースで、令和最初の作品となる。両A面シングルとしては25thシングル「掌/くるみ」以来16年ぶりとなる。アートディレクター奥山由之

同年の3月23日よりダウンロード&サブスクリプション配信が開始した。

収録曲は両曲とも東宝系映画『ドラえもん のび太の新恐竜』の主題歌に起用された。桜井和寿は小学生時代に初めて読んだ『ドラえもん』の漫画に大きく影響を受けたと語り、「ドラえもん50周年、そして僕も50歳となる年に、運命の再会ができた事に心から感謝です。のび太にとってのドラえもんのように、“ドラえもんという存在が、ストーリーが、プロジェクトそのもの”が、弱く情けない自分に寄り添ってくれているのだと、改めて噛み締めながら、音楽でドラえもんに携わらせてもらいました」とコメントしている[7]Mr.Childrenの楽曲がアニメ作品とタイアップするのは「Starting Over[注 1]以来約4年8か月ぶりで、同じアニメ作品に複数の楽曲を提供するのは今回が初となった。なお、シングルは予定通りの発売となったが、シングル発売2日後に予定されていた本映画の公開は新型コロナウイルス感染拡大防止措置のため8月7日に延期された。

本作品はロンドンRAK Studios英語版でのアルバムレコーディングの一環として録音され、20th Album『SOUNDTRACKS』に収録することを前提として制作された。Mr.Childrenが海外でレコーディングを行ったのは、9thアルバム『Q』以来約19年ぶりのことである。レコーディング及びミックスダウンは、これまでU2サム・スミスなどの作品を手掛け、グラミー賞受賞経験もあるSteve Fitzmauriceが担当している。

Mr.Childrenのシングル曲としては珍しく、両曲ともミュージック・ビデオが制作されていない。

チャート成績[編集]

オリコンチャートでは初週で6.8万枚を売り上げ、週間2位となった[2]。なお、初動売上が10万枚を切ったのは「CROSS ROAD」以来約27年ぶりとなる。ビルボードチャートでは初週6.4万枚を売り上げ週間3位にチャートイン。また、同ビルボードのJAPANアニメチャート "JAPAN Hot Animation" では、9週連続1位を獲得していたLiSAの「紅蓮華」を抑え1位を獲得した[3]

認定と売上[編集]

認定 (RIAJ) 売上/再生回数
フィジカルCD ゴールド[1] 98,000[8]
ダウンロード 未公表 -
ストリーミング 未公表 -
*認定のみに基づく売上/再生回数

収録内容[編集]

CD
全作詞・作曲: 桜井和寿、全編曲: Mr.Children, Steve Fitzmaurice, Ken Masui、全弦編曲:Simon Hale
#タイトル作詞作曲・編曲時間
1.「Birthday」桜井和寿桜井和寿
2.「君と重ねたモノローグ」桜井和寿桜井和寿
合計時間:

楽曲解説[編集]

Birthday
東宝系映画『ドラえもん のび太の新恐竜』主題歌[7]
「君と重ねたモノローグ」と違うアプローチの曲を、と作られた楽曲[9]。桜井は「躍動感が必要とされる場面で、興奮をあおるような強い曲をと思って作った」とコメントしている[10]The Birthdayにインスピレーションを受け、「がむしゃらさであったり、歌うのではなく叫ぶ感じとか、決して座っては演奏できない感じ」を目指して制作したという[11]
後の『SOUNDTRACKS』に収録された音源とはマスタリングが異なる。
君と重ねたモノローグ
東宝系映画『ドラえもん のび太の新恐竜』主題歌[7]
桜井が映画のシナリオを読んで最初に書き上げた楽曲で、「キューとミュー、双子の恐竜と一緒にいるのび太くんは、まるで親のようだと感じました。僕にも子供がいるので、のび太くんと同じ親としての目線を歌に込めています」と語っている[10]
イントロなしで歌い出しに入る。アウトロは約2分あり、テンポチェンジしている。このアウトロについて、鈴木英哉は「明るい展開にして明るい未来を開いていくって感じにしたいと思った」と語っている[12]
7分32秒という演奏時間は、Mr.ChildrenのシングルA面曲の中では「終わりなき旅」や「しるし」を超え史上最長で、ドラえもんの劇場版主題歌でも最も演奏時間が長い。

テレビ出演[編集]

発売当時はテレビ出演はなかったものの、本シングルが収録されたアルバム『SOUNDTRACKS』発売のタイミングで披露された。

番組名 日付 放送局 演奏曲
Mr.Children スペシャル[13] 2020年12月19日 NHK Birthday
others
Brand new planet
Documentary film
ミュージックステーション ウルトラSUPER LIVE 2020[14] 2020年12月25日 テレビ朝日 Birthday
Documentary film

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 東宝系映画『バケモノの子』主題歌

出典[編集]

  1. ^ a b 一般社団法人 日本レコード協会|各種統計
  2. ^ a b Birthday/君と重ねたモノローグ | Mr.Children”. ORICON NEWS. 2020年4月20日閲覧。
  3. ^ a b 【ビルボード】『映画ドラえもん』主題歌のミスチル「Birthday」がLiSA「紅蓮華」を抑えアニメ初登場1位”. Billboard JAPAN (2020年3月11日). 2020年9月16日閲覧。
  4. ^ Billboard Japan Hot 100”. Billboard JAPAN (2020年3月11日). 2020年9月16日閲覧。
  5. ^ a b Billboard Japan Download Songs”. Billboard JAPAN (2020年3月11日). 2020年9月16日閲覧。
  6. ^ Mr.Childrenが「映画ドラえもん のび太の新恐竜」に2曲目の主題歌提供”. 音楽ナタリー (2020年1月9日). 2020年9月16日閲覧。
  7. ^ a b c 「映画ドラえもん」40作目主題歌はMr.Children、桜井和寿から愛あふれるコメント”. 映画ナタリー (2019年11月19日). 2019年11月19日閲覧。
  8. ^ 【オリコン年間ランキング2020】嵐、総合で通算9度目の首位獲得”. ORICON NEWS (2020年12月25日). 2021年6月23日閲覧。
  9. ^ 「映画ドラえもん」もう1つの主題歌もMr.Childrenが担当、本編映像解禁”. 映画ナタリー (2020年1月9日). 2020年9月21日閲覧。
  10. ^ a b 映画『ドラえもん のび太の新恐竜』パンフレット、2020年、21頁
  11. ^ MUSICA』FACT、2021年1月号、37頁
  12. ^ 『MUSICA』FACT、2021年1月号、35頁
  13. ^ Mr.Children、NHK特番で「SOUNDTRACKS」より4曲披露”. 音楽ナタリー (2020年12月8日). 2020年12月26日閲覧。
  14. ^ クリスマス「MステSUPER LIVE」全出演者の披露曲が明らかに”. 音楽ナタリー (2020年12月18日). 2020年12月26日閲覧。