Bitbucket

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Bitbucket
URL bitbucket.org
使用言語 英語
タイプ 分散バージョン管理システム
運営者 アトラシアン
スローガン Unlimited DVCS Code Hosting, Free
営利性 Yes
登録 必須(OpenIDの利用可)
設立日 2008年
現状 オンライン

Bitbucket は、Mercurial(2020年6月1日までのリリース[1])またはGit(2011年10月以降[2])リビジョン管理システムを使用するソースコードおよび開発プロジェクト向けに、アトラシアンが運営するWeb ベースのバージョン管理リポジトリホスティングサービスである。商用プランと無料アカウントの両方を提供している。2019年2月現在[3]、プライベートリポジトリを無制限に持てる無料アカウントを提供している (無料アカウントの場合、5 ユーザーまで使用できる)。ユーザーがプライベートリポジトリしか持っていない場合でも、プライベートリポジトリはプロファイルページに表示されず、ウェブサイト上には"このユーザーはリポジトリを持っていません"と表示される。このサービスはDjangoフレームワークを用いてPythonで書かれている。[4]

主にGitを使用するGitHubに似たサービスである。

2008年のブログ記事において、en:Bruce Eckelは Bitbucket はBazaar を使用するLaunchpad にも勝ると比較した。

他のアトラシアンソフトウェア(Jira、HipChat、Confluence、Bamboo 等)と統合的に利用できる。

Bitbucket には、クラウド、Bitbucket Server、Data Center の3つのデプロイメントモデルがある。

歴史[編集]

Bitbucket は、以前Jesper Nøhr によって設立されたは独立したベンチャーであった。2010年9月29日に、Bitbucketはベンチャーキャピタルから資金調達をしているアトラシアンに買収された。[5]

アトラシアンに買収されて以来、プライベートプロプライエタリソフトウェアコードを使用して、伝統的にそのサービスをプロの開発者にリリースしてきた。[6]

当初、Mercurial プロジェクトのホスティングサポートのみを提供していたが、2011年10月3日、Gitホスティングのサポートを正式に発表した。

2015年3月、コードスニペットを自分や他の人と共有する方法を提供するスニペットがリリースされた。[7][8]

2015年9月、アトラシアンはStash 製品の名前をBitbucket Server に変更した。[9]

2016年7月、Bitbucket はGit Large File Storage (LFS)のサポートを追加した。[10]

2016年10月、Bitbucket はBitbucket Pipelines をリリースした。これは、ユーザがコードをビルド、テスト、デプロイできるBitbucket UIの継続的デリバリーサービスである。[11]

2017年2月、600万人の開発者と100万のチームに到達したと発表した。[12]

2017年2月、Bitbucket はIPホワイトリストを開始し、ユーザがプライベートコンテンツをIPでブロックできるようにした。[13]

2019年4月、1000万の登録ユーザと2800万を超えるリポジトリに到達したと発表した。[14]

2019年8月、Bitbucket は2020年6月1日にMercurial リポジトリのサポートを終了する計画を発表した[1]。この計画には、Bitbucket API からMercurial のすべてのトレースを削除すること、およびパブリックとプライベートの両方のすべてのMercurial リポジトリをBitbucket から完全に削除することが含まれる。

ロゴ[編集]

バケツのステッカーにある記号は、"Mercury"と表記される水銀および水星の記号であり、BitbucketがMercurialのレポジトリをホスティングしていることに関係している。青いバケツの中身は金属水銀である。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b Sunsetting Mercurial support in Bitbucket - Bitbucket”. 2020年4月3日閲覧。
  2. ^ Bitbucket now rocks Git - Bitbucket”. 2020年4月3日閲覧。
  3. ^ Bitbucket home page”. 2012年5月17日閲覧。
  4. ^ Django Success Story Bitbucket” (2008年6月8日). 2011年3月27日閲覧。
  5. ^ Jenna Pitcher (2010年9月30日). “Atlassian snatches Bitbucket”. ITWire. 2010年9月30日閲覧。
  6. ^ Bitbucket vs. GitHub: The Best Version Control Software for Business? - Business 2 Community”. 2020年4月3日閲覧。
  7. ^ Snippets for teams are here with a rich set of APIs - Bitbucket”. 2020年4月3日閲覧。
  8. ^ Snippets - Atlassian Documentation”. 2020年4月3日閲覧。
  9. ^ Bitbucket - Data Center | Atlassian”. 2020年4月3日閲覧。
  10. ^ Bitbucket Cloud Adds Beta Support for Git Large File Storage”. 2020年4月3日閲覧。
  11. ^ Bitbucket Pipelines is now generally available - Bitbucket”. 2020年4月3日閲覧。
  12. ^ Bitbucket Cloud: 5 million developers and 900,000 teams - Bitbucket”. 2020年4月3日閲覧。
  13. ^ Bitbucket Introduces Required Two-Factor Authentication and IP Whitelisting”. 2020年4月3日閲覧。
  14. ^ Celebrating 10 million Bitbucket Cloud registered users - Bitbucket”. 2020年4月3日閲覧。