Blade Vec 4G

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
Blade Vec 4G
Freetel LTE XM
Freetel LTE XM(ブラック)のロック画面
Freetel LTE XM(ブラック)の背面(ブランド・型番等表記あり)
製造 ZTE
発売日 2014年
概要
OS Android 4.4
CPU Qualcomm
Snapdragon 400
MSM8926
1.2GHz(クアッドコア)
音声通信方式
(W-CDMA(2100/800MHz)、GSM(900/1800/1900MHz)、LTE(2100/1700/800MHz))
形状 ストレート型
サイズ 142.3 × 70.4 × 7.8 mm
質量 132 g
連続通話時間 UMTS: 600分 GSM: 700分
連続待受時間 340時間
バッテリー 2,300mAh
内部メモリ RAM1GB、ROM16GB
外部メモリ SDカードスロットなし
microUSB経由は可能(Freetel LTE XMでは利用不可)
赤外線通信機能 なし
テザリング Wi-Fi, USB, Bluetooth
Bluetooth 4.0
放送受信機能 FMラジオ
(アンテナとしてイヤホンが必要)
外部接続 microUSB、イヤホンマイク端子
備考 SIMフリー、GPS、電子コンパス搭載
メインディスプレイ
方式
解像度 HD(720×1280ピクセル)
サイズ 5.0インチ
表示色数
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
画素数・方式 800万画素
機能 フラッシュ、オートフォーカス:背面装備
サブカメラ
画素数・方式 100万画素
カラーバリエーション
ブラック
ホワイト
■テンプレート / ■ノート
ウィキプロジェクト

ZTE Blade Vec 4G(ブレード ベック フォージー)とは、ZTE(中興通訊)によって開発された、第4世代移動通信システムに対応したAndroidスマートフォンである。

概要[編集]

本製品は香港では2014年7月24日、日本では同8月21日に株式会社eiYAAAのTouchブランドから発売された。 またNTTレゾナントの通販サイトとMVNO会社のSo-netからはSIMカードとセットでの販売が開始された。基本的にインターネットでの直販形式での販売となっている[1][2]

2014年10月31日にホワイトモデルが発売された。 同製品のOEM製品として、プラスワン・マーケティングより、Freetel LTE XMが2014年5月に発表され、同6月に仕様変更が発表された後に、同8月29日に発売された。こちらは直販での販売のほか、Freetel取り扱い店舗でも販売されており、価格もBlade Vec 4Gより高めに設定されているが、発売と同時にキャッシュバックキャンペーンが行われた[3]

搭載アプリ[編集]

Google標準アプリ
メーカー提供アプリ

関連項目[編集]

  • 株式会社eiYAAA  国内販売分の販売元・サポート窓口[4]

脚注[編集]

  1. ^ NTTレゾナント プレスリリース
  2. ^ So-net プレスリリース
  3. ^ Freetel 公式ブログ
  4. ^ ZTE Blade Vec 4G | 株式会社eiYAAA