Blooming Maps

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Blooming Maps
小松未可子スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル トイズファクトリー
プロデュース Q-MHz
チャート最高順位
小松未可子 年表
e'tuis
(2014年)
Blooming Maps
(2017年)
Personal Terminal
(2018年)
『Blooming Maps』収録のシングル
ミュージックビデオ
小松未可子「Catch me if you JAZZ」試聴用MV - YouTube
小松未可子「純真エチュード」試聴用MV - YouTube
小松未可子「HEARTRAIL」from New Album「Blooming Maps」 - YouTube
テンプレートを表示

Blooming Maps』(ブルーミング・マップス)は、小松未可子の3枚目のオリジナルアルバム2017年5月10日トイズファクトリーから発売され、5月17日に各配信サイトでアルバム全曲が配信された[1]

音楽性[編集]

1曲目の「また、はじまりの地図」(新録曲)は、このアルバムを象徴する1曲になっていて、このアルバムの名刺代わりの1曲でありシングルの「Imagine day, Imagine life!」にそのままつながる橋渡し的な曲でもあって、少し短めになっている[2]

3曲目の「Catch me if you JAZZ」(新録曲)は、ストレートなジャズではなく、ジャズの要素を取り入れながらも四つ打ちのキャッチーなポップソングになっていて、挑戦的な楽曲。「透明人間」というテーマがある[3]

4曲目の「ランダムメトロノーム」(新録曲)は、ゆったりとした16ビートで、心の機微を音楽用語になぞらえたラブソング。「タイトルにメトロノームを入れたい」と提案したところ、一定のテンポであるためのメトロノームに「ランダム」という単語をQ-MHzの畑亜貴が合わせた。ゆったりとした中にも意外と変化のある曲[4]

5曲目の「純真エチュード」(新録曲)は、すごくポップな、ビーイング系楽曲のような王道J-POP。アルバム制作を始めた最初の段階でできていた楽曲[5]

6曲目の「硝子の地球儀」(新録曲)は、少し落ち着いたトーンになり、少しセンチメンタルな雰囲気の楽曲。Q-MHzの田代智一黒須克彦がネット上で「殴り合い」をし、何度もラリーを重ねて作られた楽曲[6]

7曲目の「My sky Red sky」(新録曲)は編曲にfhánaがQ-MHzとの共作でクレジットされていて、さらにfhánaのメンバー全員が演奏とコーラスで参加している[7]

8曲目の「だから返事はいらない」は「Imagine day, Imagine life!」のカップリング曲。「新しい街、新しい自分、動きはじめた物語」と新生活のドキドキがある内容で、すごく多面性のある楽曲[8]

10曲目の「Lonely Battle Mode」(新録曲)は、本作の中でも1番にぎやかで、ライブでは間違いなく盛り上がるタイプの楽曲[9]

11曲目の「HEARTRAIL」(新録曲)は、本作のリード曲。疾走感のある楽曲。田代智一曰く、「イントロを作るだけで8時間ほど悩んだ」という細かいところまで考え抜いて作られた楽曲[10]

リリース[編集]

2017年5月10日トイズファクトリーから発売され、5月17日に各配信サイトでアルバム全曲が配信された[11]

自身としては通算3枚目のアルバムではあるが、所属レコード会社をトイズファクトリーへ移籍し、Q-MHzの全面プロデュースに移行してからは、初のアルバムとなった。

収録曲[編集]

CD[編集]

全作曲: Q-MHz
# タイトル 作詞 作曲・編曲 編曲 ブラスアレンジ 時間
1. 「また、はじまりの地図」 Q-MHz Q-MHz Q-MHz  
2. Imagine day, Imagine life! Q-MHz Q-MHz Q-MHz
広川恵一MONACA
 
3. 「Catch me if you JAZZ」 Q-MHz Q-MHz Q-MHz
伊藤翼
 
4. 「ランダムメトロノーム」 小松未可子
Q-MHz
Q-MHz Q-MHz
清水哲平
 
5. 「純真エチュード」 Q-MHz Q-MHz Q-MHz
eba
 
6. 「硝子の地球儀」 Q-MHz Q-MHz Q-MHz
齋藤真也
 
7. 「My sky Red sky」 Q-MHz Q-MHz Q-MHz
fhána
 
8. 「だから返事はいらない」 Q-MHz Q-MHz Q-MHz
やしきん
 
9. 「流れ星じゃないから」 Q-MHz Q-MHz Q-MHz
重永亮介
 
10. 「Lonely Battle Mode」 Q-MHz Q-MHz Q-MHz
やしきん
井上泰久
11. 「HEARTRAIL」 Q-MHz Q-MHz Q-MHz
堀江晶太
 
12. 「my dress code」 Q-MHz Q-MHz Q-MHz  
合計時間:

Disc.2(DVD)[編集]

DVD(初回限定盤のみ)
# タイトル 作詞 作曲・編曲
1. 「HEARTRAIL」(Music Video)    
LIVE Video「Humming Maps vol.1 @ SHIBUYA CLUB QUATTRO 2017.01.22」(初回限定盤のみ)
# タイトル 作詞 作曲・編曲 時間
1. 「エンジェルナンバー」    
2. short hair EGOIST    
3. 「純真エチュード」    
4. Imagine day, Imagine life!    
5. 「ふれてよ」    
6. 「だから返事はいらない」    

出典[編集]

  1. ^ 小松未可子「Blooming Maps」インタビュー (1/3)”. 音楽ナタリー. 2017年7月2日閲覧。
  2. ^ 小松未可子「Blooming Maps」インタビュー (1/3)”. 音楽ナタリー. 2017年7月2日閲覧。
  3. ^ 小松未可子「Blooming Maps」インタビュー (1/3)”. 音楽ナタリー. 2017年7月2日閲覧。
  4. ^ 小松未可子「Blooming Maps」インタビュー (1/3)”. 音楽ナタリー. 2017年7月2日閲覧。
  5. ^ 小松未可子「Blooming Maps」インタビュー (1/3)”. 音楽ナタリー. 2017年7月2日閲覧。
  6. ^ 小松未可子「Blooming Maps」インタビュー (1/3)”. 音楽ナタリー. 2017年7月2日閲覧。
  7. ^ 小松未可子「Blooming Maps」インタビュー (1/3)”. 音楽ナタリー. 2017年7月2日閲覧。
  8. ^ 小松未可子「Blooming Maps」インタビュー (1/3)”. 音楽ナタリー. 2017年7月2日閲覧。
  9. ^ 小松未可子「Blooming Maps」インタビュー (1/3)”. 音楽ナタリー. 2017年7月2日閲覧。
  10. ^ 小松未可子「Blooming Maps」インタビュー (1/3)”. 音楽ナタリー. 2017年7月2日閲覧。
  11. ^ 小松未可子「Blooming Maps」インタビュー (1/3)”. 音楽ナタリー. 2017年7月2日閲覧。