ブルースペックCD

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

ブルースペックCD(ブルースペック・シーディー、Blu-spec CD)は、ソニー・ミュージックエンタテインメントが開発した音楽CDメディアの名称。略称は「BSCD」。2008年12月24日に発売開始された。さらに改良されたブルースペックCD2(ブルースペック・シーディー・トゥー、Blu-spec CD2)は、2012年12月5日に発売開始された。規格的には従来の音楽CDと変わらないため、今までのCDプレイヤーで再生することができる。

概要[編集]

ブルーレイディスクの製造技術で従来のCD製造を見直し、より精密に製造された音楽CDメディアの名称である。そのロゴは、ソニー・ミュージックエンタテインメントが管理している。

改善点[編集]

Blu-spec CD[編集]

従来のCDの製造工程に対して、以下の2点を改善している。

邦楽作品第1号はUNICORNのアルバム「シャンブル[1]

Blu-spec CD2[編集]

Blu-spec CDの製造工程に対して、以下の2点を改善している[2]

  • 原盤材料に半導体製造用シリコンウェハーを採用した。従来のガラスより極微細加工が可能となり、精度が高いピットを作成できる効果がある。また、ガラスではプレス用のメタルマスターを作る必要があったが、原盤でダイレクトにプレスできるようになる。このため、エラーが混入する工程を省けた。
  • 原盤の記録層に、金属酸化物レジスト(熱記録)を採用した。従来のフォトレジスト(光記録)と比べてより、精度が高いピットを作成できる効果がある。

邦楽作品第1号はUNICORNのアルバム「Quarter Century Single Best」。

関連項目[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ “高品質CD 『 Blu-spec CDTM』初の邦楽新譜作品の発売決定” (プレスリリース), ソニー・ミュージックエンタテインメント, (2009年1月15日), オリジナルの2011年9月6日時点によるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20110906054212/http://www.sme.co.jp/pressrelease/images/20090105.pdf 2019年7月12日閲覧。 
  2. ^ “ブルーレイディスク製造技術のすべてを CD 製造に投入した 高品質 CD『Blu-spec CD2』を発表!” (プレスリリース), ソニー・ミュージックエンタテインメント, (2012年9月28日), https://www.sme.co.jp/s/SME/pressrelease/detail/NEWS00297?ima=4852 2019年7月12日閲覧。