BodogFight

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
BodogFight
設立 2006年
主催 ボードッグ・エンターテインメント・グループ
本部 カナダの旗 カナダ
代表者 カルヴィン・エアー
テンプレートを表示

BodogFight(ボードッグ・ファイト)は、カナダ総合格闘技団体。ボードッグ・エンターテインメント・グループが運営していた。

概要[編集]

2006年7月にアメリカ合衆国の総合格闘技団体「Mixed Fighting Championship」とパートナー契約を結び、8月に旗揚げ。ボードッグ社はオンラインカジノなどの運営により豊富な資金力を持っており、ボードッグの知名度を上げる手段として、当時UFCによって人気が急上昇していた総合格闘技イベントに着目。ボクシングなどと比較して総合格闘技が発展途上でまだ参入余地があること、総合格闘技のファンが18歳から40歳の男性ということが理由であった。当初はイベントのスポンサーとして参加するつもりだったが、既に存在していたUFCやPRIDEといったプロモーションとは折り合いがつかずに、自ら興行を手がけることになった。ケーブルテレビでの「bodog fight」というレギュラー番組のための大会と、レギュラー番組のシーズン終了後のフィナーレとしてペイ・パー・ビュー大会を主軸に開催している。試合を組むマッチメーカーは、HOOKnSHOOTに関わり、MFCでマッチメーカーを担当していたミギュエル・イトゥラーテ[1]

2007年4月14日には、ロシアサンクトペテルブルク大会を開催。PRIDEヘビー級王者であるエメリヤーエンコ・ヒョードルの参戦を実現し、ヒョードル対マット・リンドランドが行われた。この大会は、ロシアの当時大統領ウラジーミル・プーチン、イタリアの元首相シルヴィオ・ベルルスコーニなど政治家の観戦が目立った。

日本の総合格闘技団体MARSとは2006年に、パンクラスとは2007年から業務提携を結んだ。

その後はStrikeforceなどへのスポンサー活動が中心となり活動規模が縮小した[2]

メディア[編集]

2006年9月からアメリカのディレクTVケーブルテレビの Men's Outdoor and Recreation channel というチャンネルで、「bodog FIGHT」の放送を開始した。番組内容は、世界各国のエキゾチックなロケーションでの[3] この番組向けに行われた試合と出場選手をドキュメンタリータッチで描くというもので、ケーブルテレビでの放送後にBodogの公式サイトでも無料で視聴できるようになっている。シーズンの終了ごとには、ペイ・パー・ビュー大会を開催している。第2シーズンからは、ケーブルテレビのチャンネルION Televison からの放送に変わった。

試合結果は放送が行われるまで選手や取材記者と守秘義務契約を結んで伏せられていたが[4]、2007年8月のシーズン5からこの規制はなくなった [5]。また、予算の削減が行われて試合数が減少し、収録スケジュールも短くなった[6]

階級・王座[編集]

男子[編集]

階級 重量区分 王者
ヘビー級 -265lbs: -120.2kg 空位
ライトヘビー級 -205lbs: -93.0kg 空位
ミドル級 -185lbs: -83.9kg 南アフリカ共和国の旗 トレヴァー・プラングリー
ウェルター級 -170lbs: -77.1kg アメリカ合衆国の旗 ニック・トンプソン
ライト級 -155lbs: -70.3kg 空位
フェザー級 -145lbs: -65.8kg 空位
バンタム級 -135lbs: -61.2kg 空位

女子[編集]

階級 重量区分 王者
女子135ポンド級 -135lbs: -61.2kg アメリカ合衆国の旗 タラ・ラローサ

試合結果[編集]

BodogFight: Alvarez vs. Lee[編集]

2007年7月14日アメリカニュージャージー州トレントン、ソブリン銀行アリーナ)
第1試合 フェザー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 デビッド・ラブ vs. アメリカ合衆国の旗 エベン・オロズ ×
3R終了 判定2-1
第2試合 ヘビー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 マイク・バーチ vs. 日本の旗 高橋和生 ×
1R 3:45 KO(膝蹴り)
第3試合 ミドル級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 チェール・シェノン vs. アルメニアの旗 アマール・スロエフ ×
2R 3:33 TKO(レフェリーストップ:マウントパンチ)
第4試合 ライト級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ホルヘ・マスヴィダル vs. バハマの旗 イーブス・エドワーズ ×
2R 2:59 KO(左ハイキック)
第5試合 ヘビー級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ブランドン・リー・ヒンクル vs. ロシアの旗 ローマン・ゼンツォフ ×
3R終了 判定3-0
第6試合 Bodogミドル級王座決定戦 5分5R
南アフリカ共和国の旗 トレヴァー・プラングリー vs. 日本の旗 近藤有己 ×
2R終了時 TKO(ドクターストップ:カット)
※プラングリーが王座獲得に成功。
第7試合 バンタム級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ブレア・タグマン vs. ダン・ハウリー ×
3R終了 判定3-0
第8試合 ライト級 5分5R
アメリカ合衆国の旗 ニック・アガラー vs. アメリカ合衆国の旗 ジェームス・"ビンキー"・ジョーンズ ×
3R終了 判定2-1
第9試合 Bodog女子135ポンド級王座決定戦 5分5R
アメリカ合衆国の旗 タラ・ラローサ vs. アメリカ合衆国の旗 ケリー・コボルド ×
4R 2:50 腕ひしぎ十字固め
※ラローサが王座獲得に成功。
第10試合 ウェルター級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 エディ・アルバレス vs. アメリカ合衆国の旗 マット・リー ×
3R終了 判定3-0

BodogFight: Clash of the Nations[編集]

2007年4月14日ロシアサンクトペテルブルク、アイスパレス)
第1試合 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジョシュ・カラン vs. フィンランドの旗 ジャルノ・ヌルミネン ×
3R 2:53 TKO(レフェリーストップ)
第2試合 ライト級 5分3R
ブラジルの旗 ホドリゴ・ダム vs. アメリカ合衆国の旗 サンチノ・デフランコ ×
2R 1:58 チョークスリーパー
第3試合 5分3R
カナダの旗 ビル・マフッド vs. アメリカ合衆国の旗 スティーブ・スタインベイス ×
3R終了 判定3-0
第4試合 ヘビー級 5分3R
ロシアの旗 ローマン・ゼンツォフ vs. フランスの旗 クリストフ・ミドゥ・"ザ・フェニックス" ×
1R終了時 TKO(タオル投入)
第5試合 女子135ポンド級 5分3R
アメリカ合衆国の旗 アマンダ・ブキャナー vs. 日本の旗 赤野仁美 ×
3R終了 判定3-0
第6試合 ミドル級 5分3R
ブラジルの旗 ジョルジ・サンチアゴ vs. ロシアの旗 アンドレイ・シモノフ ×
2R 4:48 TKO(レフェリーストップ:パウンド)
第7試合 ヘビー級 5分3R
ロシアの旗 エメリヤーエンコ・アレキサンダー vs. アメリカ合衆国の旗 エリック・ペレ ×
1R 4:07 KO(パンチ)
第8試合 Bodogウェルター級タイトルマッチ 5分5R
アメリカ合衆国の旗 ニック・トンプソン vs. アメリカ合衆国の旗 エディ・アルバレス ×
2R 4:32 TKO(レフェリーストップ:パウンド)
※トンプソンが王座獲得に成功。
第9試合 ヘビー級 5分3R
ロシアの旗 エメリヤーエンコ・ヒョードル vs. アメリカ合衆国の旗 マット・リンドランド ×
1R 2:58 腕ひしぎ十字固め
第10試合 女子 5分3R
アメリカ合衆国の旗 ジュリー・ケッジー vs. ロシアの旗 ユーリア・ベレジコワ ×
2R 2:49 TKO(レフェリーストップ:パウンド)
第11試合 5分3R
アメリカ合衆国の旗 レイ・スタインベイス vs. ロシアの旗 ドミトリィ・サモイロフ ×
1R 3:00 チョークスリーパー
第12試合 5分3R
アメリカ合衆国の旗 エリック・オガノフ vs. アメリカ合衆国の旗 デリック・ノーブル ×
2R 2:55 TKO(レフェリーストップ)
第13試合 ライトヘビー級 5分3R
アルメニアの旗 アマール・スロエフ vs. アメリカ合衆国の旗 アンディ・フォスター ×
1R 0:26 KO(パンチ)

脚注・出典[編集]

  1. ^ 「噂の真相 他では太刀打ちできない資金を持つ 我々bodogの野望を明かそうか」『ゴング格闘技日本スポーツ出版社、2006年12月号
  2. ^ 【Bodog】脱ジョーク団体、ボードッグのメインにヤギ男登場 MMAPLANET 2008年2月1日
  3. ^ 「bodog幹部、渦中のPRIDE王者について語る。」『ゴング格闘技』日本スポーツ出版社、2007年2月号
  4. ^ BodogFight パンクラスと提携。コスタリカでの収録に高橋ら派遣 BOUTREVIEW 2007年1月27日
    bodog1 高阪剛の今日のさかな(高阪のブログ) 2007年7月11日
  5. ^ boutreview bodog 8.24-25 カナダ:藤井惠・大石が勝利。日本勢苦戦 BOUTREVIEW 2007年8月27日
  6. ^ いろいろ シュウの寝言: THE SLEEP TALKER(シュウ・ヒラタのブログ) 2007年8月26日