Botan

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
Botan
作者 Jack Lloyd
初版 2000年(20年前) (2000
最新版 2.15.0 / 2020年7月7日(26日前) (2020-07-07[1]
リポジトリ github.com/randombit/botan
プログラミング言語 C++
種別 アプリケーションプログラミングインタフェース (API)
ライセンス 二条項BSDライセンス
公式サイト botan.randombit.net ウィキデータを編集
テンプレートを表示

BotanBSDライセンスでリリースされたC++で書かれた暗号ライブラリーである。 Botanは幅広く暗号アルゴリズム、フォーマット、プロトコル、例えばSSLとTLSを提供している。 BotanはMonotone分散リビジョンコントロールプログラム、OpenDNSSEC英語版システム、ISCのKea DHCPサーバー英語版などで利用されている。

このプロジェクトは元々OpenCLと呼ばれていたが、これは現在ではアップルクロノス・グループヘテロジニアスシステムプログラミングフレームワークが使っている名前である。2002年にBotanと名称変更された。 [2]

2007年にドイツのFederal Office for Information SecurityはFlexSecure GmbHと契約し、ePassportのためのCard Verifiable Certificateの実装をBotanに追加した。 修正されたBotanはInSiToという名称でリリースされた。 [3]

2015年からドイツのFederal Office for Information Securityは、Botanのドキュメンテーションやテストスイート、機能を改善することを含むプロジェクトに資金を提供し、 2017年には「増加するセキュリティー要求に対応したアプリケーション」に適したライブラリーとして、評価され推奨された。 [4]

脚注[編集]

  1. ^ Release Notes”. botan.randombit.net. 2020年8月2日閲覧。
  2. ^ See entry for 2002-08-10 in Botan release notes”. 2011年3月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年9月18日閲覧。
  3. ^ InSiTo website”. 2011年7月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2008年9月18日閲覧。
  4. ^ Entwicklung einer sicheren Kryptobibliothek”. 2017年12月15日閲覧。

関連項目[編集]