Brave (ナオト・インティライミの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Brave
ナオト・インティライミシングル
初出アルバム『ADVENTURE
B面 ちょっとした恋の唄
リリース
規格 CDシングルデジタル・ダウンロード
録音 2011年
ジャンル ポップヒップホップJ-POP
時間
レーベル ユニバーサルミュージック/ユニバーサルシグマ
作詞・作曲 ナオト・インティライミ、SHIKATA
プロデュース SHIKATA
ナオト・インティライミ シングル 年表
今のキミを忘れない
(2011年)
Brave
(2011年)
Hello
(2011年)
テンプレートを表示

Brave」(ブレイヴ)は、日本のポップ歌手ナオト・インティライミによる楽曲。この楽曲は彼の2作目のスタジオ・アルバム『ADVENTURE』からの先行シングルとしてユニバーサルシグマより2011年4月13日に日本にてシングル・リリースされた。楽曲はインティライミとSHIKATAによって制作されており、更にSHIKATAはプロデューサーとしてもクレジットされている。音楽性的にこの楽曲はヒップホップの要素を持つポップソングであり、加えてオートチューンがフィーチャーされている。一方、歌詞は勇気や希望を紡いだ内容となっている。「Brave」は音楽評論家から肯定的評価を受け、批評家らは特に彼のボーカル・パフォーマンスに高い評価を与えている。

楽曲は商業的にも成功を収め、日本のRIAJ有料音楽配信チャートで最高位5位、日本レコード協会からはゴールド・シングルの認定を受けている。付随する楽曲のミュージック・ビデオは森諭が監督を務めた。ビデオは長居陸上競技場で撮影され、無観客状態にある競技場内の複数箇所にて彼が楽曲を歌う内容となっている。加えて「Brave」は、インティライミのコンサート・ツアー「TOUR 2011 ADVENTURE 〜時はナオト大公開時代〜」のほか、プロバスケットボールチーム仙台89ERSの2011年のホーム開幕戦ハーフタイム・ショーでもライブ・パフォーマンスされている。

背景と構成[編集]

「Brave」は2011年2月にリリースされた「今のキミを忘れない」に続く楽曲で、彼の2作目のスタジオ・アルバム『ADVENTURE』からの先行シングルとして2011年4月にシングル・リリースされた。まず、デジタル・ダウンロードで2011年4月13日にリリースされ、その1週間後となる2011年4月20日にCDシングルとしてもリリースされた[1][2]。「Brave」の楽曲制作はナオト・インティライミとSHIKATAによって行われ、作詞をインティライミとSHIKATAが、作曲をインティライミが行なっている。更に、SHIKATAはプロデューサーとして楽曲に関わっている[2][3]。「Brave」はヒップホップの要素を持つポップソングである[4]。Hot Expressのライター菅野雄貴はこの楽曲を"ミドルチューン"[5]、リッスン・ジャパンは"スタンダードなポップ・ナンバー"と呼んでいる[4]。この楽曲では、K-POPの楽曲でも多く用いられるオートチューンが"豪快に"使用されている[4]。J-Total Musicによれば、楽曲のキート長調 (G) で、コード進行はEm D / C G F#m7-5 / Em Bm / C D Gaug B7 / Em D / C G F#m7-5 / Em Bm / C D G Dとなっている[6]。歌詞は、勇気や希望が紡がれた内容となっており、コーラスでは"僕らならできるって 思いながら闘って/ 新しい未来を イメージすればいい / あの虹を渡って まだ見ぬその先へ / 自分を信じて 始まったばかりさ"と歌われている[5][6]タワーレコードはコーラスの歌詞について"大きなダメージを受けた今の日本のみんなの心にポジティブなパワーをくれる"とコメントしている[7]

評価[編集]

批評家による論評[編集]

音楽評論家は、この楽曲「Brave」に概ね肯定的な評価を与えている。リッスン・ジャパンは「Brave」について、"その完成度は高い。"とコメントした[4]。Hot Expressのレビュアー菅野雄貴は、"彼の真骨頂とも言える前向きなメッセージがこれでもかと詰め込まれたミドルチューン"と批評した。更に「Brave」でのインティライミのボーカル・パフォーマンスについても言及し、次のようにコメントした:"優しくも魂あふれる彼の歌声は、不安で沈みがちな気持ちを一掃してくれると共に、じんわりと心に沁み渡っていく。"[5]タワーレコードもボーカル・パフォーマンスに言及しており、"ナオトの明るい歌声に元気を分けてもらえる"とコメントしている[7]。EMTG MUSICのレビュアー池田スカオ和宏は、アルバム『ADVENTURE』のレビューの中で「Brave」に言及し、楽曲について"ちょっとした勇気と鼓舞を与えてくれる。"とコメントした[8]

チャート成績[編集]

2011年07月26日付のRIAJ有料音楽配信チャートにて、「Brave」は最高位となる5位にてチャート・デビューしている[9]。2011年4月26日付の2週目もトップテンにとどまり、8位を記録した[10]。3週目は9位順位を落として17位となったものの[11]、4週目となる翌週2011年05月17日付のチャートではランクをひとつ上げて16位を記録している[12]。デジタル・ダウンロードにて、「Brave」は10万回以上売り上げた楽曲を対象とするゴールド・シングルに認定されている[13]。一方、フィジカル・チャートである日本のオリコンシングルチャートでは、CDシングルの発売初週に3,931枚を売り上げ、最高位13位を記録[14]。同チャートには5週にわたってランクインした[15]

ミュージック・ビデオ[編集]

ミュージック・ビデオの撮影が行われた日本の大阪府大阪市東住吉区にある大阪市長居陸上競技場(長居スタジアム)。実際のビデオでは競技場は無人無観客の状態で撮影されている。
ミュージック・ビデオの撮影が行われた日本大阪府大阪市東住吉区にある長居陸上競技場(長居スタジアム)。実際のビデオでは競技場は無観客の状態で撮影されている。

「Brave」のミュージック・ビデオは、2011年3月19日に日本大阪府大阪市東住吉区にて撮影された[16]。ビデオの撮影は同市の長居公園内にある長居陸上競技場(長居スタジアム)を使って行われ[16]、森諭が監督を務めた[17]。森はインティライミが以前に発表した楽曲「今のキミを忘れない」(2011年)のビデオでも監督を務めている[18]。2011年4月1日、インティライミは彼のYouTube公式チャンネルにてビデオの41秒間のスニペットを"digest ver."として公開した[19]。ビデオは競技場内の様々な場所にてインティライミが楽曲を歌う内容となっており、芝生の上や、スタンドで座りながらもしくは競技場回廊を歩きながら楽曲を歌っている様子がフィーチャーされている。競技場の電光掲示板にはシングルのアートワークにも使用されたフラグが映し出されている。インティライミによれば、ビデオの撮影は東日本大震災の発生から8日後という時期であったことから、特別な思いがあったという[16]。彼は公式ブログの中で、撮影に臨んでの思いについて"心も戸惑いを感じながら、しかし、この歌の歌詞に気持ちを入れることで自分自身を奮い立たせながらね。"とその心境を語っている[16]

ライブ・パフォーマンス[編集]

2011年7月10日、「Brave」は東京の両国国技館で開催されたインティライミのコンサート・ツアー「TOUR 2011 ADVENTURE 〜時はナオト大公開時代〜」の最終公演のなかで演奏され、彼はセットリストの最終演目で楽曲のパフォーマンスを行った[20]。2011年10月3日、プロバスケットボールリーグbjリーグに所属する仙台89ERSの2011-2012シーズンのオフィシャルサポートソングに「Brave」が決定したことが発表された。更に仙台のホーム開幕戦(秋田ノーザンハピネッツ戦)となる同年10月29日、約5,000人の観客が収容された試合のハーフタイムにインティライミはライブ・パフォーマンスを行うこととなり、彼は楽曲を披露している[21]

収録曲[編集]

  • デジタル・ダウンロード、CDシングル[1][2]
  1. Brave
  2. ちょっとした恋の唄
  3. Brave (KARAOKE)

チャートと認定[編集]

週間チャート[編集]

チャート(2011年) 最高
順位
日本 RIAJ有料音楽配信チャート[9] 5
日本 オリコンCDシングル・チャート[15] 13

ゴールド等認定[編集]

国、地域 認定
日本 ゴールド (着うたフル)[13]

リリース日一覧[編集]

リリース日 規格
日本
2011年4月13日 (2011-04-13)[1][22] デジタル・ダウンロード
2011年4月20日 (2011-04-20)[2] CDシングル

脚注[編集]

  1. ^ a b c “ナオト・インティライミ2枚目のアルバムは「ADVENTURE」”. ナタリー. (2011年4月12日). http://natalie.mu/music/news/47741 2011年10月24日閲覧。 
  2. ^ a b c d Brave ナオト・インティライミ”. 文教堂. ジェイブック. 2011年10月24日閲覧。
  3. ^ ナオト・インティライミ / Brave”. 音楽出版社. 2011年10月24日閲覧。
  4. ^ a b c d 新譜レビュー > ナオト・インティライミ/Brave”. リッスンジャパン. 2011年10月24日閲覧。
  5. ^ a b c 菅野雄貴. “レビューリスト/Brave ナオト・インティライミ”. Hotexpress. 2011年10月24日閲覧。
  6. ^ a b J-Total Music-Brave(ナオト・インティライミ)”. J-Total Forum. 2011年10月24日閲覧。
  7. ^ a b ナオト・インティライミ/Brave”. タワーレコード. 2011年10月24日閲覧。
  8. ^ 池田スカオ和宏 (2011年5月12日). “より聴かせる作風やインナートリップへと向かった、ナオト・インティライミの新作”. EMTG MUSIC. 2011年10月24日閲覧。
  9. ^ a b レコード協会調べ 2011年04月13日~2011年04月19日 <略称:レコ協チャート(「着うたフル(R)」)>”. 日本レコード協会 (2011年4月19日). 2011年10月24日閲覧。
  10. ^ レコード協会調べ 2011年04月20日~2011年04月26日 <略称:レコ協チャート(「着うたフル(R)」)>”. 日本レコード協会 (2011年4月26日). 2011年10月24日閲覧。
  11. ^ レコード協会調べ 2011年04月27日~2011年05月10日 <略称:レコ協チャート(「着うたフル(R)」)>”. 日本レコード協会 (2011年5月10日). 2011年10月24日閲覧。
  12. ^ レコード協会調べ 2011年05月11日~2011年05月17日 <略称:レコ協チャート(「着うたフル(R)」)>”. 日本レコード協会 (2011年5月17日). 2011年10月24日閲覧。
  13. ^ a b レコード協会調べ 7月度有料音楽配信認定<略称:7月度認定>”. 日本レコード協会 (2011年8月20日). 2011年10月24日閲覧。
  14. ^ 2011年05月第1週の邦楽シングルランキング情報”. オリコン. 2011年10月24日閲覧。
  15. ^ a b ナオト・インティライミ Brave”. オリコン. 2011年10月24日閲覧。
  16. ^ a b c d ナオト・インティライミ (2011年9月21日). “台風15号。”. ナオト・インティライミ オフィシャルブログ. 2011年10月24日閲覧。
  17. ^ ミュージックビデオサーチ”. スペースシャワーネットワーク. 2011年10月24日閲覧。
  18. ^ ミュージックビデオサーチ”. スペースシャワーネットワーク. 2011年10月24日閲覧。
  19. ^ naotochannel. “ナオト・インティライミ / Brave (digest ver.)”. ユニバーサルミュージック. 2011年10月24日閲覧。
  20. ^ ◆ナオト・インティライミ 笑いあり感動ありのツアー最終日”. Hotexpress (2011年7月12日). 2012年1月9日閲覧。
  21. ^ 【お知らせ】2011-2012シーズン オフィシャルサポートソングはナオト・インティライミ「Brave」!”. 仙台89ERS (2011年10月3日). 2012年1月9日閲覧。
  22. ^ Brave - Single ナオト・インティライミ”. アップル. 2011年10月24日閲覧。