Break It/Get Myself Back

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
安室奈美恵 > 安室奈美恵の作品 > Break It / Get Myself Back
Break It / Get Myself Back
安室奈美恵シングル
初出アルバム『Uncontrolled
A面 Break It
Get Myself Back
リリース
規格 CD+DVD、CD
デジタル・ダウンロード
ジャンル J-POPダンス・ポップR&B
時間
レーベル avex trax
作詞・作曲 Nao'ymt
プロデュース Nao'ymt
ゴールドディスク
チャート最高順位
  • 週間3位(オリコン
  • 2010年度年間80位(オリコン)
  • 2010年度年間17位(mora・アルバムランキング)[1]
  • 安室奈美恵 シングル 年表
    WILD/Dr.
    2009年
    Break It/Get Myself Back
    2010年
    NAKED/Fight Together/Tempest
    2011年
    Uncontrolled 収録曲
    Finally 収録曲
    ミュージックビデオ
    「Break It」 - YouTube
    ミュージックビデオ
    「Get Myself Back」 - YouTube
    テンプレートを表示

    Break It / Get Myself Back」(ブレイク・イット/ゲット・マイセルフ・バック)は、安室奈美恵の単独名義では36枚目のシングルである。CD+DVDとCDの2形態で、2010年7月28日発売。発売元はavex trax

    解説[編集]

    間に9thアルバムPAST < FUTURE』のリリースを挟んだ、シングルとしては前作から約1年4ヶ月ぶりとなるリリース。2010年唯一のシングル。「WILD/Dr.」に引き続き、両A面シングルとなっている。

    DVDには、安室奈美恵作品初となるPVメイキング映像を収録。

    「Break It」は、「WILD」に引き続くコカ・コーラ ゼロCMソング。PVに登場するオートバイはスズキ・バイプレーンである。

    「Get Myself Back」は、シングル曲としては2006年発売の「CAN'T SLLEP, CAN'T EAT, I'M SICK/人魚」の「人魚」以来となるバラードナンバーである。PVは、デビュー以来初となる彼女の故郷の沖縄で撮影された[2]。この曲で「Hide & Seek」以来3年ぶりの『ミュージックステーション』出演を果たした[注 1]

    オリコン週間チャートにおいて首位獲得は逃したものの、自身の持つシングルトップ10・連続獲得年数記録(女性アーティスト部門)を16年に更新した。

    収録曲[編集]

    (全プロデュース・作詞・作曲・編曲:Nao'ymt

    CD
    1. Break It
    2. Get Myself Back
    3. Break It (Instrumental)
    4. Get Myself Back (Instrumental)
    DVD
    1. Break It (Music Video)
    2. Get Myself Back (Music Video)
      • ディレクター:久保茂昭

    <BONUS CONTENTS>

    1. Break It (Making Video)
    2. Get Myself Back (Making Video)

    タイアップ[編集]

    脚注[編集]

    出典[編集]

    注釈[編集]

    1. ^ この出演を最後に地上波への露出は無くなり、ライブや衛生などを中心にシフト化していった。