Bye-Bye×Hello

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Bye-Bye×Hello
シュノーケルシングル
初出アルバム『EQ
B面 さみしんぼ
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル ロック
J-POP
時間
レーベル SME Records
作詞・作曲 西村晋弥
チャート最高順位
シュノーケル シングル 年表
solar wind
(2006年)
Bye-Bye×Hello
(2007年)
天気予報
(2007年)
テンプレートを表示

Bye-Bye×Hello」(バイバイ ハロー)は、シュノーケルの5枚目のシングルである。

解説[編集]

前作「solar wind」から5ヶ月でのリリース。シュノーケルのシングル作品では初となるノンタイアップの楽曲。

ジャケットのイラストはジム・ウードリング、歌詞カードのイラストは香葉村多望によるもの。

タワーレコード限定でバッジの特典が用意され、初回仕様特典には、オリジナルステッカーが封入されている。

ミュージック・ビデオの監督はnicographics

収録曲[編集]

全曲 作詞・作曲:西村晋弥

  1. Bye-Bye×Hello(4:08)
    (編曲:シュノーケル、松岡モトキ / ストリングス編曲:竹内純)
    「出逢いと別れ」「終わりと始まり」をテーマとした楽曲[1][2]ストリングスがフィーチャーされており、シュノーケルの楽曲で最も演奏人数が多い楽曲である。
  2. さみしんぼ(3:49)
    (編曲:シュノーケル、tasuku
    タイトルは「美味しんぼ」から。アルバム未収録。

参加ミュージシャン[編集]

収録アルバム[編集]

Bye-Bye×Hello

ライブ映像作品[編集]

Bye-Bye×Hello

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b Bye-Bye × Hello|シュノーケル”. ORICON NEWS. オリコン. 2018年9月1日閲覧。
  2. ^ “シュノーケル、ニュー・シングル登場!”. CDJournal (株式会社音楽出版社). (2006年12月7日). https://www.cdjournal.com/main/news/-/13623 2018年9月15日閲覧。