Bye Bye My Love (U are the one)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
Bye Bye My Love (U are the one)
サザンオールスターズシングル
初出アルバム『KAMAKURA
B面 Dear John (Live at BUDOKAN)
リリース
規格 7インチレコード
8cmCD
12cmCD
デジタル・ダウンロード
ストリーミング
録音 1985年2月 - 4月
VICTOR STUDIO
FREEDOM STUDIO
ジャンル ロック
時間
レーベル タイシタレーベル
作詞・作曲 桑田佳祐
八木正生(#2作曲)
プロデュース サザンオールスターズ
リアル・フィッシュ
チャート最高順位
  • 週間4位(オリコン
  • 1985年6月度月間6位(オリコン)
  • 1985年7月度月間4位(オリコン)
  • 1985年8月度月間9位(オリコン)
  • 1985年度年間17位(オリコン)
  • 週間1位(3週連続、ザ・ベストテン[1]
  • 1985年度年間9位(ザ・ベストテン)[1]
サザンオールスターズ シングル 年表
Tarako
1984年
Bye Bye My Love (U are the one)
(1985年)
メロディ (Melody)
(1985年)
KAMAKURA 収録曲

(1)
Bye Bye My Love (U are the one)
(2)
Brown Cherry
(3)
テンプレートを表示

Bye Bye My Love (U are the one)」(バイ・バイ・マイ・ラヴ ユー・アー・ザ・ワン)は、サザンオールスターズの楽曲。自身の22作目のシングルとして、タイシタレーベルから7インチレコード1985年5月29日に発売された。

1988年6月25日1998年2月11日に8cmCDとして、2005年6月25日には12cmCDで再発売されている。2014年12月17日からはダウンロード配信、2019年12月20日からはストリーミング配信が開始されている[2][3]

背景・制作[編集]

前作「Tarako」から7か月ぶりに発売された作品[4]。アルバム『KAMAKURA』のレコーディング最中に発売された[4]。本作のサブタイトルである (U are the one) の「U」は「You」と掛けられており、歌詞表記では「You are the one」の表記が入っている[5]

本作ではサポートメンバーとして、矢口博康率いるリアル・フィッシュのメンバーが中心となり参加している[4]

収録曲[編集]

  • 収録時間:8:45[6]
  1. Bye Bye My Love (U are the one) (4:43)
    (作詞・作曲:桑田佳祐 編曲:サザンオールスターズ & リアル・フィッシュ)
    シンセサイザーによるデジタル・サウンドへのアプローチを進化された楽曲となっている[4]
  2. Dear John (Live at BUDOKAN) (4:02)
    (作詞:桑田佳祐 作曲:桑田佳祐・八木正生 編曲:サザンオールスターズ)
    1984年発売のアルバム人気者で行こう』収録曲。1984年から1985年に掛けて行われたコンサートツアー『大衆音楽取締法違反“やっぱりアイツはクロだった!”実刑判決2月まで』の日本武道館での音源を収録している。

参加ミュージシャン[編集]

収録アルバム[編集]

※斜字は廃盤作品。

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b 角川インタラクティブ・メディア「別冊ザ・テレビジョン ザ・ベストテン 〜蘇る! 80'sポップスHITヒストリー〜」P135,138
  2. ^ サザン、全266曲を世界111ヶ国で配信 オリコン 2014年12月17日配信, 2020年6月4日閲覧
  3. ^ サザン関連全972曲 サブスク一斉解禁 メンバーソロ曲も対象に オリコン 2019年12月20日配信, 2019年12月20日閲覧
  4. ^ a b c d 『サザンオールスターズ 公式データブック 1978-2019』(2019年)リットーミュージック出版 p147
  5. ^ Bye Bye My Love サザンオールスターズ 歌詞情報 うたまっぷ 2020年7月7日閲覧
  6. ^ 楽天ブックス: Bye Bye My Love (U are the one) 楽天ブックス 2020年7月7日閲覧

関連項目[編集]