C-160 (航空機)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

C-160 トランザール
C-160 Transall

ドイツ空軍所属の C-160 トランザール ノイブランデンブルク空港にて2013年撮影

ドイツ空軍所属の C-160 トランザール
ノイブランデンブルク空港にて2013年撮影

  • 用途輸送機
  • 製造者:トランスポルト・アリアンツ社
  • 運用者
エアエキスポ2007(フランスの航空ショー『エアエキスポ(英語版)』の2007年大会)にて
拡大

Clip
エアエキスポ2007(フランスの航空ショーエアエキスポ英語版』の2007年大会)にて
着陸態勢に入ったドイツ空軍所属機。ランツベルク・アム・レヒ航空基地にて、2008年撮影。
ドイツ空軍所属機。ベルリン国際航空宇宙ショー2012年大会にて。
拡大

Clip
ドイツ空軍所属機。ベルリン国際航空宇宙ショー2012年大会にて。

C-160 トランザールフランス語表記: C-160 Transallドイツ語表記・英語表記: Transall C-160)は、フランス西ドイツ(当時)が共同開発した軍用輸送機である。一部では民間機としても運用された。双発エンジン。

「トランザール」の名は、フランスと西ドイツの企業が共同出資して設立した「トランスポルト・アリアンツ社 (Transport Allianz Inc.)」の略称に由来する。

歴史[編集]

当初は、フランス空軍の輸送機ノール ノラトラの代替として考案され、1963年2月25日試作機が初飛行した。総計214機が生産され、南アフリカ共和国トルコインドネシアなどにも輸出された[1]

フランス空軍に納入されたC-160は、空中給油や情報収集など幅広い任務に運用された。生産は、アエロスパシアルメッサーシュミット・ベルコウ・ブロームによって1972年まで続けられた。

湾岸戦争にも参加している。本機は25年以上運用されている。

2020年代初頭、同機種は耐用年数に達しつつある。南アフリカ共和国では1997年に退役している。ドイツ空軍エアバス社の4発軍用輸送機A-400M アトラスの導入に伴って C-160を2018年に退役させるべく計画していたが、A-400Mの開発は遅延し、C-160の現役運用を2021年まで延期ことになった[1]。C-160のメンテナンスを請け負ってきたエアバス社は、2021年4月2日、同機種の最後のオーバーホールを終えてドイツ空軍に引き渡した[1]

運用実績[編集]

軍用[編集]

民間用[編集]

派生型[編集]

プロトタイプ[編集]

C-160
原型機。

第1世代[編集]

C-160D / トルコ空軍曲技飛行チーム「ターキッシュ・スターズ英語版」の機体。RIAT 2008(ロイヤル・インターナショナル・エア・タトゥー英語版の2008年大会)にて撮影。
C-160A
前期生産型。
C-160D
西ドイツ仕様のA型。
C-160T
トルコに譲渡されたD型。
C-160F
フランス仕様のA型。
C-160P
エールフランスが買い取って改修したF型。
C-160Z
南アフリカ共和国仕様のA型。

第2世代[編集]

図説:C-160 / フランス空軍 第61輸送航空団第3飛行隊「ポワトゥー」 (fr) 所属機。 図説:C-160NG / 同じく 第64輸送航空団第2飛行隊「アンジュー」 (fr) 所属機。 図説:C-160 / フランス空軍 第61輸送航空団第3飛行隊「ポワトゥー」 (fr) 所属機。 図説:C-160NG / 同じく 第64輸送航空団第2飛行隊「アンジュー」 (fr) 所属機。
図説:C-160 / フランス空軍 第61輸送航空団第3飛行隊「ポワトゥー」 (fr) 所属機。
図説:C-160NG / 同じく 第64輸送航空団第2飛行隊「アンジュー」 (fr) 所属機。
C-160NG
後期生産型。燃料タンクの容量を増加し、空中給油装置を設置するなどして航続距離を伸ばしている。フランス空軍インドネシアの民間航空会社が購入(cf. 民間用)。
C-160AAA
機首と尾部にレドームをつけた早期警戒機。計画のみ。
C-160S
洋上対潜哨戒機。計画のみ。
C-160SE
電子情報収集機(ELINT機)。計画のみ。
C-160ASF
エグゾセ空対艦ミサイルの搭載が可能なS型。計画のみ。
C-160H アスタルト (C-160H Astarte)
通信中継機。
C-160G ガブリエル (C-160G Gabriel)
ECM訓練専用機。
C-160R
F型とNG型に延命プログラムを施したもの。

主要諸元(C-160D)[編集]

C-160の三面図

登場作品[編集]

映画[編集]

TAXi2
主人公たちの乗るタクシーパリ上空から降下させる際に登場。

ゲーム[編集]

Just Cause
「Agency cargo plane」の名称で登場する。大統領専用機として使用されており、最終ミッションで搭乗することになる。

脚注[編集]

[脚注の使い方]

注釈[編集]

  1. ^ 英語版 "en:Manunggal Air Service" で同サイトが出典として表示された時点。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e ドイツ空軍のC-160「トランザール」輸送機 2021年末に退役予定 エアバス」『乗りものニュース』株式会社メディア・ヴァーグ、2021年4月7日。2021年4月8日閲覧。
  2. ^ Manunggal Air Services” (English). Rzjets.net. 2021年4月8日閲覧。

関連項目[編集]