C.C.リー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
C.C.リー (李 振昌)
C. C. Lee
中信兄弟 #34
C. C. Lee pitching for the Cleveland Indians in 2014 (Cropped).jpg
クリーブランド・インディアンス時代
(2014年)
基本情報
国籍 中華民国の旗 中華民国台湾
出身地 澎湖県湖西郷龍門村
生年月日 (1986-10-21) 1986年10月21日(34歳)
身長
体重
180 cm
86 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 投手
プロ入り 2008年 アマチュアFA
初出場 MLB / 2013年7月14日
NPB / 2016年3月25日
CPBL / 2018年7月25日
最終出場 MLB / 2015年9月30日
NPB / 2016年5月11日
年俸 月給62万台湾元(2020年)
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
国際大会
代表チーム チャイニーズタイペイの旗 チャイニーズタイペイ
五輪 2008年
WBC 2009年
C.C.リー
李 振昌
各種表記
発音転記: C.C.リー
リー・ジェンチャン
英語名 C. C. Lee
Lee Chen-Chang
各種表記(本名)
繁体字 李 振昌
拼音 Lǐ Zhènchāng
注音符号 ㄌㄧˇㄓㄣˋㄔㄤ
閩南語白話字 Lí Chìn-chhiong
テンプレートを表示
獲得メダル
男子 野球
チャイニーズタイペイの旗 チャイニーズタイペイ
アジア競技大会
2006

C.C.リー(シー シー リー、本名:李 振昌(リー・ジェンチャン、1986年10月21日 - )は、台湾中華民国)の澎湖県出身のプロ野球選手投手)。

経歴[編集]

プロ入り前[編集]

2006年11月から12月にかけて開催されたドーハアジア競技大会の野球チャイニーズタイペイ代表に選出された。同大会ではチャイニーズタイペイ代表史上初のアジア競技大会優勝に貢献した。

2008年シーズン途中の8月に開催された北京オリンピックチャイニーズタイペイ代表に選出された。

インディアンス時代[編集]

2008年9月16日にクリーブランド・インディアンスとマイナー契約を結んだ[1]

2009年3月に開催された第2回ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)チャイニーズタイペイ代表に選出された[2]

シーズンはA+級キンストン・インディアンスで45試合に登板し、4勝6敗2セーブ・防御率3.35だった。

2010年はAA級アクロン・エアロズで44試合に登板し、5勝4敗・防御率3.22だった。

2011年はAA級アクロンで23試合に登板し、2勝1敗・防御率2.50だった。6月にAAA級コロンバス・クリッパーズへ昇格。21試合に登板し、4勝0敗1セーブ・防御率2.27だった。

2012年はAAA級コロンバスで5試合に登板し、2勝0敗・防御率2.57だった。6月にトミー・ジョン手術を行い、残りのシーズンを全休した。オフの11月20日40人枠入りを果たした[3]

2013年3月11日にインディアンスと1年契約に合意し、AAA級コロンバスへ異動した[4]7月12日にメジャー初昇格を果たし[5]7月14日カンザスシティ・ロイヤルズ戦でメジャーリーグデビュー。1点ビハインドの5回表から2番手として登板し、1.1回を無安打無失点1四球に抑えた。7月23日にAAA級コロンバスへ降格[6]9月3日に再昇格した[7]。この年は8試合に登板し、防御率4.15だった。

2014年3月4日にインディアンスと1年契約に合意した。この年は前年比で大幅に出番を増やし、37試合に登板した。防御率4.50をマークしたほか、メジャー初勝利(1勝1敗)を挙げた[8]。また、28.0イニングで26個の三振を奪い、奪三振率は8.0を超えた。

2015年は2試合に登板し、防御率は5.40だった。

西武時代[編集]

2015年11月20日にインディアンスと埼玉西武ライオンズとの間で保有権譲渡に関して合意がなされ[9]、27日に年俸8,400万円プラス出来高払い(金額は推定)[10]で選手契約に合意し、同日に入団会見が行われ、背番号は54に決まった[11]

2016年の開幕を一軍で迎え[12]、3月25日のオリックス・バファローズとの開幕戦において同点の8回に4番手で来日初登板し、1回を投げ無失点で初ホールドを記録した[13]。しかし、その後は打たれることが増え、5月に二軍降格が決まった時には、当時の監督の田辺やコーチの潮崎からは酷評された[14]。オフの11月1日にウェイバー公示の手続きがなされたことが発表された[15]が譲渡を希望する球団は無く、11月8日に自由契約公示がなされた[16]

西武退団後[編集]

2017年はロッキーズ傘下で3Aのアルバカーキ・アイソトープスに所属。2018年はドジャース傘下で3Aのオクラホマシティ・ドジャースに所属している。しかし、同年の6月に放出された。

中信兄弟時代[編集]

2018年 7月2日にCPBLのドラフト会議で中信兄弟からドラフト一位で指名を受け、背番号は「34」に決まった[17]。入団1年目から守護神として26試合に登板し、防御率1.42を記録した。

2019年は3月29日の富邦ガーディアンズ戦で林益全の打球が右親指に直撃した。骨に異常は無かったが2軍へ降格した[18]。シーズンオフの2019 WBSCプレミア12チャイニーズタイペイ代表に選出されるも、右肩の故障で出場を辞退した[19]

2020年5月までは防御率が6.28と不安定な投球が続いたが、6月には月間防御率1.80、8セーブと李らしい投球をし巻き返した[20]。7月27日の統一ライオンズ戦で9回から登板するもリードを守ることが出来ず、チームはシーズン初サヨナラ負けを喫した[21]。2日後の楽天モンキーズ戦では陳俊秀に代打逆転サヨナラホームランを打たれた[22]。最終的には51試合に投げリーグ最多タイとなる23セーブを記録するも、防御率が良好であった陳韻文が最多セーブ投手を獲得した[23]

投球スタイル[編集]

サイドスローから平均92-93mph(約148-150km/h)のツーシームを投げ、稀にフォーシームも投げる[24]。また平均82-83mph(約132-134km/h)のスライダーを武器とする[25]。主にリリーフとして起用され、マイナーリーグでは球速で最速97mph(約156km/h)を記録した[26]

詳細情報[編集]

年度別投手成績[編集]





















































W
H
I
P
2013 CLE 8 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 22 4.1 4 0 3 0 1 4 0 0 3 2 4.15 1.62
2014 37 0 0 0 0 1 1 0 4 .500 127 28.0 30 3 12 1 3 26 3 0 15 14 4.50 1.50
2015 2 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 10 1.2 4 0 1 0 0 3 0 0 1 1 5.40 3.00
2016 西武 18 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 80 16.2 25 1 5 0 0 13 3 1 14 12 6.48 1.80
2018 兄弟 26 0 0 0 0 1 0 13 0 1.000 101 25.1 23 1 5 0 0 22 0 0 4 4 1.42 1.11
2019 52 0 0 0 0 3 1 10 2 .750 194 50.0 42 2 4 2 0 65 3 0 9 7 1.26 0.92
2020 51 0 0 0 0 1 4 23 5 .200 202 51.1 33 6 15 2 2 78 4 0 22 22 3.86 0.94
MLB:3年 47 0 0 0 0 1 1 0 5 .500 159 34.0 38 3 16 1 4 33 3 0 19 17 4.50 1.59
NPB:1年 18 0 0 0 0 0 0 0 1 ---- 80 16.2 25 1 5 0 0 13 3 1 14 12 6.48 1.80
CPBL:3年 129 0 0 0 0 5 5 46 7 .500 497 126.2 98 9 24 4 2 165 7 0 35 33 2.34 0.96
  • 2020年度シーズン終了時
  • 各年度の太字はリーグ最高

年度別守備成績[編集]



投手












2016 西武 18 1 4 0 0 1.000
2018 兄弟 26 1 3 1 0 .800
2019 52 4 5 1 2 .900
2020 51 1 2 1 0 .750
NPB 18 1 4 0 0 1.000
CPBL 129 6 10 3 2 .842
  • 2020年度シーズン終了時

記録[編集]

初記録
MLB
NPB
CPBL
その他の記録
CPBL

背番号[編集]

  • 122009年WBC
  • 20 (2013年 - 2015年)
  • 54 (2016年)
  • 34 (2018年 - )

登場曲[編集]

  • 「Rang Wo Liu Zai Ni Shen Bian」陳奕迅(2018年 - )

代表歴[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ “Indians sign RHP Chen-Chang Lee to Minor League free agent contract”. Indians Press Release. MLB.com. (2008年9月16日). http://cleveland.indians.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20080916&content_id=3486920&vkey=pr_cle&fext=.jsp&c_id=cle 2015年11月23日閲覧。 
  2. ^ 2009 Tournament Roster” (英語). WBC公式サイト. MLB Advanced Media, L.P.. 2015年2月19日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年11月23日閲覧。
  3. ^ “Indians add four players to 40-man roster”. Indians Press Release. MLB.com. (2012年11月20日). http://m.mlb.com/news/article/40383542 2015年11月23日閲覧。 
  4. ^ “Indians Make Roster Reductions”. Indians Press Release. MLB.com. (2013年3月11日). http://m.mlb.com/news/article/40383542 2015年11月23日閲覧。 
  5. ^ “Indians promote RHP C.C. Lee from AAA”. Indians Press Release. MLB.com. (2013年7月12日). http://m.indians.mlb.com/news/article/53531602 2015年11月23日閲覧。 
  6. ^ “Indians activate RHP Zach McAllister from 15-day DL”. Indians Press Release. MLB.com. (2013年7月23日). http://m.indians.mlb.com/news/article/54488624 2015年11月23日閲覧。 
  7. ^ “Indians to promote four (4) players for September stretch run”. Indians Press Release. MLB.com. (2013年9月3日). http://m.indians.mlb.com/news/article/59420440 2015年11月23日閲覧。 
  8. ^ 痞客邦運動邦”. m.channel.pixnet.net. 2014年9月6日閲覧。
  9. ^ 新外国人選手保有権譲渡合意のお知らせ 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2015年11月21日配信
  10. ^ 西武C・C・リーが入団会見 炭谷似?と渡辺SD 日刊スポーツ 2015年11月27日掲載
  11. ^ C.C.Lee(シー シー リー)投手 入団会見 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2015年11月27日配信
  12. ^ 2016年 開幕登録選手発表! 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト 2016年3月23日配信
  13. ^ 2016年3月25日 埼玉西武 対 オリックス 成績詳細 埼玉西武ライオンズ オフィシャルサイト
  14. ^ http://www.sanspo.com/baseball/news/20160511/lio16051123520009-n1.html
  15. ^ 埼玉西武ライオンズ選手来季契約について”. 埼玉西武ライオンズ公式サイト (2016年11月1日). 2016年11月1日閲覧。
  16. ^ 自由契約選手”. 日本野球機構公式サイト (2016年11月8日). 2016年11月8日閲覧。
  17. ^ 元西武C.C.リーが中信兄弟に入団 背番号「34」、今も抱く日本の恩師への感謝” (日本語). Full-count | フルカウント ―野球・MLBの総合コラムサイト―. 2020年5月12日閲覧。
  18. ^ 自由體育 (2019年3月30日). “中職》林益全特地為強襲球致歉 李振昌:沒事啦(影音) - 自由體育”. 自由時報電子報. 2019年3月30日閲覧。
  19. ^ 棒球》李振昌肩膀不適辭退12強 中華隊名單將異動 - 最新體育新聞,即時比分,賽程和戰績” (中国語). FOX體育台 (2019年10月21日). 2019年10月21日閲覧。
  20. ^ 聯合新聞網 (20200701T183805Z). “中職/牛棚6月防禦率佳 佛斯特「迷信」不解釋 | 聯合新聞網:最懂你的新聞網站” (中国語). 聯合新聞網. 2020年7月1日閲覧。
  21. ^ 陳重廷再見安 助獅逆轉象”. www.cpbl.com.tw. 2020年7月26日閲覧。
  22. ^ 陳俊秀代打再見轟 樂天一分之差氣走兄弟”. www.cpbl.com.tw. 2020年7月29日閲覧。
  23. ^ 2020年度表現回顧:各隊守護神篇 - 中職 - 棒球” (中国語). 運動視界 Sports Vision. 2020年12月14日閲覧。
  24. ^ C.C. Lee pitch Type”. The Baseball Cube. 2015年12月9日閲覧。
  25. ^ 西武・李振昌 火消し任せろ!155キロ右腕”. デイリースポーツ online (2015年11月28日). 2015年12月15日閲覧。
  26. ^ “Getting to know your prospects: Chen-Chang Lee”. Fox Sports. (2013年7月18日). http://www.foxsports.com/ohio/story/getting-to-know-your-prospects-chen-chang-lee-071713 2015年4月3日閲覧。 

関連項目[編集]