CAMPFIRE (クラウドファンディング)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
株式会社CAMPFIRE
CAMPFIRE, Inc.
種類 株式会社
本社所在地

150-0002
東京都渋谷区渋谷2丁目22-3

渋谷東口ビル 5F
業種 インターネット関連
法人番号 8011001067978
事業内容 クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」「FAAVO」「polca」、継続課金型コミュニティプラットフォーム「CAMPFIREファンクラブ」、評価型与信モデル融資「CAMPFIRE Bank」、コミュニティウォレット「Gojo」などの企画・開発・運営。
代表者 家入一真
資本金 24億4038万円(資本剰余金含む)
純利益 ▲6億3459万9000円(2018年12月31日時点)[1]
総資産 12億5479万5000円(2018年12月31日時点)[1]
従業員数 108
外部リンク https://camp-fire.jp/
テンプレートを表示


株式会社CAMPFIRE(CAMPFIRE, Inc.)は、東京都渋谷区に本社を置く日本の企業が運営する国内最大のクラウドファンディングプラットフォーム。

2011年1月に家入一真・石田光平が株式会社ハイパーインターネッツを設立。同年6月にクラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」をローンチした。


株式会社CAMPFIREでは購入型クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」のほかに地域特化型のクラウドファンディング「FAAVO(ファーボ)」、社会にいいことに特化したクラウドファンディング「GoodMorning」、ファッションに特化したクラウドファンディング「CLOSS」、株式会社パルコと共同運営の「BOOSTER(ブースター)」、フレンドファンディングアプリ「polca」、継続課金型コミュニティプラットフォーム「CAMPFIREファンクラブ」、評価型与信モデル融資「CAMPFIRE Bank」、コミュニティウォレット「Gojo」などの企画・開発・運営を行っている。

概要[編集]

国内最大の支援総額、支援者数、プロジェクト成立件数を誇るクラウドファンディングプラットフォーム。音楽やアート、プロダクト、写真、映画などオールジャンルを扱うクラウドファンディングサービスである[2]。2019年2月現在、19,000プロジェクトが採択され、約1,020,000人が出資、約101億円の累計支援額が集まっている[3]

事業領域[編集]

購入型クラウドファンディング領域[編集]

  • CAMPFIE:プロジェクト成立件数国内NO.1のクラウドファンディングプラットフォーム。
  • FAAVO:地域特化型のクラウドファンディングプラットフォーム
  • BOOSTER:CAMPFIREと株式会社パルコと共同運営のクラウドファンディングプラットフォーム
  • machi-ya:GIZMODOなどを運営する株式会社メディアジーンと共同運営のクラウドファンディングプラットフォーム
  • CLOSS:ファッション特化型クラウドファンディングプラットフォーム
  • GoodMorning:社会貢献に特化したクラウドファンディングプラットフォーム(寄付型含む)

月額課金(オンラインサロン)[編集]

  • CAMPFIREファンクラブ:月額課金型プラットフォーム

 『CAMPFIREファンクラブ』は、ミュージシャン・アーティスト・イラストレーター・アスリートなど様々な分野で活躍されているクリエイターが、ファンと繋がることで創作活動のための資金が獲得できるサービスです。ファンクラブは、誰にでも無料で作成可能。

個人間決済領域(フレンドファンディング)[編集]

  • polca(ポルカ):フレンドファンディングアプリケーション(web,スマートフォン:iOS, Android) アイディアを実現するためのお金をあつめたい。主に今、お金を必要としている人向けの、フレンドファンディングアプリ。アイディアを共有し、それに対してお金を払って応援してくれる人をつのることができ、送金・割り勘アプリとは異なり、アプリの中でお金を通じたコミュニケーションができる仕組みが備わっている。

インベストメント領域[編集]

  • CAMPFIRE Bank
    • CAMPFIREステップアップローン:クラウドファンディングを実施したプロジェクトオーナー向けの融資サービス。支援者数や支援金額を多く集めているほど、借入条件(借入可能額、利率)がよくなる。
    • CAMPFIREユーザーローン:クラウドファンディングプロジェクトの支援者(パトロン)向けの融資サービス。これまでにクラウドファンディングに支援しているほど、借入条件(借入可能額、利率)がよくなる。
  • CAMPFIRE Owners:誰かを応援しながら資産運用ができる融資型クラウドファンディング(ソーシャルレンディング)。 利回りを追求する金融商品と、誰かを応援したい気持ちを掛け合わせた、新たな資産運用の仕組みを提案している。

コミュニティウォレット[編集]

  • Gojo(ゴジョ):コミュニティウォレット。コミュニティのメンバー同士がスマートフォンアプリを通じ、お金・情報の共有ができるプラットフォームサービス。

沿革[編集]

  • 2011年
    • 1月 - 株式会社CAMPFIREの前身となる株式会社ハイパーインターネッツ設立
    • 6月 - クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」ローンチ
  • 2012年
    • 1月 - 六本木にオフィス移転
  • 2013年
    • 6月 - 渋谷神宮前にオフィス移転
  • 2016年
    • 3月 - 「CAMPFIRE」に目標金額を達成しなくても資金を受け取れるAll-in方式を導入
    • 3月 - 「CAMPFIRE×LOCAL」をローンチ
    • 7月 - あったらほしい!“妄想”を集めて商品化する「モーコレ」のサービス開始
    • 8月 - 継続支援型クラウドファンディング「CAMPFIREファンクラブ」をリリース
    • 8月 - ”社会にいいこと”特化型のクラウドファンディング「GoodMorning」をリリース
    • 10月 - ファッション特化型のクラウドファンディング「CLOSS」をリリース
  • 2017年
    • 2月 - 日本初「クラウドファンディング保険」の提供開始。安心してプロジェクトを実行・支援できる環境の整備。
    • 8月 - フレンドファンディング アプリ「polca(ポルカ)」をリリース
  • 2018年
    • 4月 - 株式会社サーチフィールドから地域特化型クラウドファンディングサービス「FAAVO(ファーボ)」を事業授受
    • 10月 - 金融サービス「CAMPFIRE Bank」提供開始
  • 2019年
    • 1月 - 株式会社BrainCatよりコミュニティウォレット「Gojo」を事業譲受
    • 3月 - 累計流通金額100億円を突破
    • 4月 - 女優のんとチャップリンが出演するCM「夢見る人を、はじめる人に。」を全国で放映開始。

企業理念[編集]

ミッション[編集]

資金集めを民主化し、世界中の誰しもが声をあげられる世の中をつくる。

Democratize financing, and make it easier for anyone anywhere to make their voice heard.

ビジョン[編集]

優しい革命をおこす

Start a Gentle Revolution.

バリュー[編集]

  1. インターネットがあらゆる権威を解体するものである以上、僕らもまた権威主義、大企業病に陥いらないように気をつけよう。大企業病になることが最大のリスクである。
  2. 傍観者であってはならない、常に自分の頭で考え、他者や社会のために自分に何ができるのかを考え続けよう。give&takeではなくgive&give&giveの精神でいよう。パスを回すものにこそ、パスは回ってくる。
  3. 小さな火を大事にしよう。クリエイターやプロジェクトオーナーへ愛や敬意を持って接しよう。神は細部に宿る。細部まで丁寧な仕事をしよう。
  4. 人に優しくあろう。痛みを知っているからこそ、失敗を過去にしたからこそ、他者に優しくできる。
  5. どんどん失敗しよう。失敗を恐れると、「何もしないこと」が正解になってしまう。大胆にチャレンジし、数多くの失敗から学んでいこう。個人も、チームも、組織も、常に変わり続けよう。停滞は後退だ。
  6. 相手を信頼して任せよう。信頼とは、疑うことではなく、任せるところから始まる。信頼するとは、見返りを求めず、相手の失敗をも引き受けるという態度である。
  7. 言葉を大事にしよう。言葉は態度となり、態度は必ず相手へと伝わる。常に謙虚な気持ちを忘れず、軽薄な言葉や、誰かを貶める発言に気をつけよう。
  8. 安易に答えを出すのではなく、常に問い続けよう。学びを怠らず、 慢心せず、謙虚な気持ちでいよう。正解なんて無い。この世は課題だらけだ。
  9. チームで最高のプロダクト・サービスをつくろう。チームとしてどのような成果をあげているか、そこに個人としてどのように貢献できているか。オーナーシップを持って、執着心と責任感を持ち、プロとしてベストを尽くそう。
  10. インパクトのあるイノベーションを生み出し、批判を恐れず、世の中をざわつかせよう。ざわつきとは熱量だ。炎上を恐れない。常にポジティブ、自由主義、楽観主義でいよう。

脚注[編集]

[ヘルプ]