CANalyzer

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
CANalyzer
開発元 Vector Informatik
初版 1992年(28年前) (1992
最新版
13.0 / 2020年4月30日(7か月前) (2020-04-30[1]
対応OS Windows 10, 8.1, 7
ライセンス Proprietary
公式サイト www.vector.com/canalyzer
テンプレートを表示

CANalyzerは、ベクター・インフォマティック分析ソフトウェアツール。この開発ソフトウェアは、主に自動車およびECUのサプライヤが、シリアルバスシステムのデータトラフィックを分析するために広く使用されている。ここで最も関連性の高いバスシステムは、CANLIN英語版FlexRayEthernetMOST[2]、およびCANベースのプロトコル(J1939英語版[3]CANopen,[4]ARINC 825英語版[5]など)である。

説明[編集]

ベクターは、1992年に市場で最初のCANalyzerを提供した。これは世界初のCANソフトウェアツールである。それ以来、CANalyzerは継続的に更新されており、今日では世界をリードするCANバス用の分析ツールと見なされている。CANalyzerは、その主要な応用分野である自動車産業の車載電子ネットワークに加えて、鉄道輸送、大型車両、特殊車両、アビオニクス、医療技術など、他の多くの産業でも使用されている。 自動車業界のIPアーキテクチャに基づく新しいテクノロジー[6]は、CANalyzerによってサポートされている。[7]

CANalyzerは、そのロバストなバスモニタ機能に加えて、メッセージトラフィックとデータコンテンツをトリガー・分析するための多くの刺激および分析機能も備えている。これらの機能は測定セットアップに組み込まれている。ユーザーは、統合されたコンパイルプログラミング言語を使用して、ツールの機能を構成・拡張できる。 データは未加工形式と記号形式の両方で表示および評価される。1992年に、ベクターはすでにDBCデータ形式を開発しており、これは自動車業界でCAN記述を交換するためのデファクトスタンダードとなっている。FlexRayのFIBEX英語版、LINのLDF、CANopen[4]のEDS/DCF/XDDなど、関連規格は他のバスシステムでもサポートされている。

バージョン[編集]

バージョン1.0は1992年にリリースされた。[8]

プログラムレベル[編集]

CANalyzerにはさまざまなバリエーションがある。これらは、ソフトウェアの機能的特徴(基本、エキスパート、プロフェッショナル)、サポートされているバスシステム(CAN、FlexRayなど)、およびサポートされている上位レベルのプロトコルオプション(SAE J1939、CANopenなど)に関連する。

関連項目[編集]

参照[編集]

  1. ^ New: CANalyzer 13.0 - Highlights of New Features”. 2020年6月11日閲覧。
  2. ^ CANalyzer Website, downloaded November 3rd, 2011
  3. ^ CANalyzer.J1939, downloaded November 3rd, 2011
  4. ^ a b CANopen solutions, downloaded November 3rd, 2011
  5. ^ Overview CAN-based avionics protocols on www.avionics-networking.com, downloaded June 17th, 2010
  6. ^ Neff, Dr.Matheus, Königseder (BMW), Singer (Freescale), Wagner (Broadcom): Ethernet & IP as Automotive Bus System in the Scenario of Camera-based Advanced Driver Assistance Systems in VDI-Reports 2132, 15.International Congress Electronic Systems for Motor Vehicles, Baden-Baden 2011, 978-3-18-092132-7.
  7. ^ CANalyzer.IP Archived 2011-11-29 at the Wayback Machine., downloaded November 3rd, 2011
  8. ^ Company History Vector”. 2014年6月4日閲覧。

追加情報源[編集]

  • Pfeiffer, Ayre, Keydel: Embedded Networking with CAN and CANopen, RTC Books San Clemente, USA, 2003 (eng)
  • Pfeiffer, Ayre, Keydel: Embedded Networking with CAN and CANopen, RTC Books, Japan, 2006 (jap)
  • CAN-Show-Premiere, Report about the CiA booth on the fair Interkama 1992, in Markt&Technik Nr.45, November 6, 1992 (German)
  • Develop CAN applications faster - CAN tools: News at a glance, in Markt&Technik Nr.45, November 6, 1992 (German)

Networking with CAN and CANopen, RTC Books San Clemente, USA, 2003 (eng)

  • Pfeiffer, Ayre, Keydel: Embedded Networking with CAN and CANopen, RTC Books, Japan, 2006 (jap)