CATS AND DOGS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
CATS AND DOGS
浜田麻里ベスト・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
レーベル MCAビクター
プロデュース 浜田麻里
チャート最高順位
浜田麻里 年表
Persona
1996年
CATS AND DOGS
1998年
Philosophia
1998年
テンプレートを表示

CATS AND DOGS』(キャッツ・アンド・ドッグス)は、浜田麻里ベスト・アルバム。(品番:MVCH-30001/2)

内容[編集]

  • ユニバーサルビクター(当時、現ユニバーサルミュージック)からポリドール(当時、現ユニバーサルミュージック)にレコード会社を移籍したのに合わせてリリースされた2枚組ベストアルバム。浜田本人は選曲には携わっていない。1990年まで所属していたビクターエンタテインメント時代の楽曲や海外でリリースされた楽曲を収録していることから、1998年当時のオールタイムベストと言える内容になっている。
  • 尚、CDショップへの新譜案内では1997年10月22日発売予定でユニバーサルビクターから15曲収録の『The Very Best Of Mari Hamada(仮)』(品番:MVCH-29008)というタイトルで告知されていたが、収録内容や品番の変更、幾度かの延期を経て発売されることになった。[1]
  • 初回生産分のみ、三方背ケース仕様・15年間のディスコグラフィーを記載したカラーブックレットが付いている。
  • 本作品は、2015年より各音楽配信サイトで配信が開始された。

収録曲[編集]

Disc1(CATS SIDE)[編集]

  1. Tokio Makin' Love
    作詞・作曲:樋口宗孝プロジェクトチーム
  2. Romantic Night
    作詞・作曲:樋口宗孝プロジェクトチーム
  3. Paradise
    作詞:浜田麻里 作曲:大槻啓之
  4. Crime of Love
    作詞:浜田麻里 作曲:Haward Killy
  5. LOVE AND FREE
    作詞:浜田麻里 作曲:片山圭司
  6. Cry No More
    作詞:浜田麻里 作曲:大槻啓之
  7. FOREVER
    作詞:浜田麻里 作曲:大槻啓之
  8. Heart and Soul
    作詞:浜田麻里 作曲:大槻啓之
  9. Nostalgia
    作詞:浜田麻里 作曲:増田隆宣
  10. Precious Summer
    作詞:浜田麻里 作曲:織田哲郎
  11. Tele-Control
    作詞:浜田麻里 作曲:大槻啓之
  12. Cry For The Moon
    作詞:浜田麻里 作曲:大槻啓之 *single version を収録
  13. Antique
    作詞:浜田麻里 作曲:浜田麻里・増崎孝司 *album version を収録
  14. Someone Like You
    作詞:浜田麻里 作曲:大槻啓之

Disc2(DOGS SIDE)[編集]

  1. MISTY LADY
    作詞・作曲:浜田麻里
  2. Runaway From Yesterday
    作詞・作曲:樋口宗孝プロジェクトチーム
  3. Blue Revolution
    作詞:浜田麻里 作曲:松沢浩明
  4. FREE WAY
    作詞・作曲:浜田麻里
  5. Call My Luck
    作詞:浜田麻里 作曲:大槻啓之
  6. Magic 〜Adventurous Heart〜
    作詞:浜田麻里 作曲:大堀薫
  7. 999〜One More Reason〜
    作詞:PAT DeRemer・Damon Danielson・浜田麻里 作曲:PAT DeRemer・Damon Danielson
  8. My Tears
    作詞:浜田麻里 作曲:増田隆宣
  9. Return to Myself 〜しない、しない、ナツ。
    作詞:浜田麻里 作曲:大槻啓之
  10. Heaven Knows
    作詞:浜田麻里 作曲:大槻啓之
  11. Paradox
    作詞:浜田麻里 作曲:増崎孝司
  12. Anti-Heroine
    作詞:浜田麻里 作曲:羽田一郎
  13. Hey Mr. Broken Heart
    作詞:浜田麻里 作曲:浜田麻里・藤井陽一
  14. Fixing a Broken Heart
    作詞・作曲:Hennasey/Duffy/Mcliarmid/Jay/Kirkpatrick

脚注[編集]

  1. ^ 同年には、当初の移籍先だったマーキュリーミュージックエンターテイメント(当時、現ユニバーサルミュージック)から、11月6日に第1弾シングル(品番:PHDL-1092)と11月27日に第1弾アルバム(品番:PHCL-5067)が発売予定であったものの発売中止になった。