CHA-CHAワールド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
CHA-CHAワールド
ジャンル バラエティ番組
放送時間 日曜 12:00 - 13:00(60分)
放送期間 1989年4月16日 - 1989年9月24日
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
企画 秋房子(企画構成)
製作総指揮 加藤光夫(製作)
演出 篠木為八男
土屋敏男
森下泰男
プロデューサー 金谷勲夫
松田道雄
出演者 CHA-CHA
田中美佐子
JA-JA
パワーズ
中村ゆうじ
テンプレートを表示

CHA-CHAワールド』(チャチャワールド)は、1989年4月16日から同年9月24日まで日本テレビで放送されていたバラエティ番組である。放送時間は毎週日曜 12:00 - 13:00 (日本標準時)。

概要[編集]

金曜16:30枠で放送されていた『ビギニング!!チャチャ』のリニューアル版で、同様に劇場型のスタジオに観客を招いての公開収録を行っていた。また、『欽きらリン530!!』から誕生したアイドルグループ・CHA-CHAが引き続きメインを務めていた。彼らはその他のレギュラー陣や番組が招いた2組のゲストとともに、ステージ上でコントやドラマ(戯曲)を繰り広げていた。

本番組の企画構成は、萩本欽一が「秋房子」名義で担当していた。萩本自身が番組に出演することはあまりなかったが、番組の流れや本人のモチベーション次第でエキストラ的に登場することもあった。この方式は、本番組の拡大リニューアル版である『笑うと泣くぞ…ダハ!』にそのまま引き継がれた。

出演者[編集]

スタッフ[編集]

  • 企画構成:秋房子(萩本欽一)
  • 構成:大岩賞介、永井準、詩村博史、鈴木しゅんじ、鶴間政行、荒木美子、君塚良一(この中から週替わりで2人ずつが担当)
  • 音楽:入江淳、門司肇
  • 美術:小村一郎
  • 美術進行:高野豊
  • 音響効果:白根沢修
  • スタイリスト:藤原万里子
  • 広報:染井将吾
  • 製作協力:えとせとら
  • 技術:日本テレビビデオ
  • 照明:共立照明
  • 協力:浅井企画
  • 通信機器協力:NTT
  • 製作:加藤光夫
  • プロデューサー:金谷勲夫、松田道雄
  • ディレクター:西田弘一、近藤奏教、矢坂義之、竹田次彦
  • 演出:篠木為八男、土屋敏男森下泰男
  • 製作著作:日本テレビ

コーナー[編集]

ショートコント
「スキップぼうや」や「悩む男」などがあった。
CHA-CHAドラマ
CHA-CHAが各回のゲストとともに、1つのテーマに沿っての笑いもありの人情芝居を展開。番組開始から間もない頃にはレギュラーもゲストもそれぞれ本人役で演じていたが、途中からそれぞれに役が付き、演技の幅を広げていった。しかし、勝俣州和には何故か“愛媛県松山市?)から来たトマト売りの青年”というキャラが定着。番組終了間際の時期にはトマトの着ぐるみを着て登場していたが(通称:トマト買うてくれマン)、動きづらかったらしく、登場後すぐに脱ぎ捨てていた。
演技力を身につけよう
CHA-CHAが演技力を身につけるためにゲストを講師役に迎え、多種多様な稽古を繰り広げる。前期には山口良一なぎら健壱などが講師を務めていたが、後期にはゲスト講師として出演していた中村ゆうじがレギュラー講師となり、CHA-CHAに簡単なパントマイムを伝授していた。
わかってたまるか!
JA-JAと田中美佐子が出演していたショートコメディ(ゲストが出演する場合もあり)。毎回キャラとストーリー設定に一貫性が無く、回転寿司を食べ終えた後の会社の先輩後輩だったり、散歩中の三姉弟だったりする。ラストでは「ほぼ短距離腿上げ全力疾走」(その名の通り、短距離を腿上げで全力疾走する走法)で退場していた。
ちょっと聞いてよ!
JA-JAがメインのコーナー。傍らにピアノを置き(演奏者は門司肇)、JA-JAの進行で他演者がテーマに沿った(このテーマは毎週「CHA-CHAドラマ」と同様の物)ショートコントやトークを展開。JA-JAと、人気キャラクターとなった「スキップぼうや」(西尾拓美中村亘利)や「ハチ」(火野玉男)との絡みが見所となった。

キャラクターおよびコント[編集]

スキップぼうや
中村亘利が幼稚園児、西尾が低学年の小学生に扮し、かくれんぼ古今東西ゲームに興じる。だが、その様はどこかずれている。少し変わったスキップをする。
悩む男
トレンチコートを着た男(木野)が、海に向かって心にある悩みを叫ぶ。しかし、その内容は実にくだらない。
トマト買うてくれマン
上記の通り、勝俣がCHA-CHAドラマにて演じていた青年キャラ。何かとトマトを売りつけようとする。着ていた着ぐるみの腹部にはスーパーマンよろしく「T」のマークがあり、そこは開閉可能。
ハチ
火野が蜂の着ぐるみを着て登場。当初はただのハチキャラだったが、いつの間にか出落ちキャラとなっていた。「ちょっと聞いてよ!」では、なぜか土木作業員の設定が追加。JA-JAのコーナー進行中に前を通りがかり(出勤途中らしい)、彼らと一悶着起こすのがお約束になっていた。
番組終了間際の時期には息子のハチ太(5歳)も登場。ハチ太を演じていたのは子役で、火野とお揃いの着ぐるみを着て出演していた。

備考[編集]

  • 松原が別番組の収録中に骨折。これにより、途中まで番組に参加していたが、治療入院のために一時降板した。復帰の際にはレギュラー全員から歓迎コメントを貰い、松原は感極まって涙してしまった。
  • 公開録画のため、収録中には以下のようなハプニングもあった。
    • 木野、“社会の窓”全開で登場。
    • ゲストの柳葉敏郎、バク宙失敗で腰を強打。
    • 松原の失態の際、「ちょっと聞いてよ!」に偶然遊びに来ていた風見しんごが登場し、松原をサプライズ的にフォローした。
日本テレビ 日曜12:00枠
前番組 番組名 次番組
恋々!!ときめき倶楽部
(1988年10月9日 - 1989年3月26日)
CHA-CHAワールド
(1989年4月16日 - 1989年9月24日)
笑うと泣くぞ…ダハ!
(1989年10月8日 - 1990年3月18日)
※11:45 - 13:00