CHAKA (歌手)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
CHAKA
出生名 安則眞実(やすのりまみ)
生誕 (1960-07-16) 1960年7月16日(58歳)
出身地 大阪府
職業 歌手、音楽講師、英会話講師
活動期間 1978年 -
レーベル PSY・S:ソニーミュージック
公式サイト CHAKA With Webfriends

CHAKA(チャカ、1960年7月16日 - )は、日本の歌手、音楽講師、英会話講師。大阪府大阪市出身。

概要[編集]

元・ジャズピアニストの父と、元・ダンサー、歌手、フラワーデザイナーの母を持ち、幼少の頃からジャズ、ソウル・ミュージックなどに親しむ。高校生の頃にロックバンド(MAKE-UP)やブルースバンド(Stick and Stones)でライブハウスを中心にバンド活動を開始し、1978年、地元大阪のジャズクラブでプロ活動も開始。1980年、メンバーには丸本修、羽毛田丈史、寺内茂らがいた大所帯ファンクバンドの草分け的存在「AFRIKA」のオリジナルメンバーとしても活動。

1985年から1996年にかけて音楽ユニットPSY・Sのボーカルとして活動[1]。強靭なハイノートゆえに「鉄腕チャカ」の異名で知られた。

PSY・S活動中からソロ活動も続け、数々のアーティストとのコラボレーションも多く、古内東子平井堅宮沢和史五島良子らとの共作を集めたアルバム『with friends』を発表。著書多数。『カードキャプターさくら』『はれときどきぶた』『ぜんまいざむらい』などのアニメソング、また『リトル・ポーラ・ベア』『スカイ・クロラ』等、アニメ映画の挿入歌も歌っている(『はれときどきぶた』では近田春夫とのユニットデリシャス・ピッグ名義)。堂本剛のソロ・プロジェクト「ENDLICHERI☆ENDLICHERI」のサポートとしても活動。

1992年にはWOWOWの音楽ドキュメンタリー番組『ザ・レコーディング』のために集められた井上鑑( kb)、大村憲司(gt)、中西康晴(pf)、高水健司(bs)、村上“ポンタ”秀一(dr)らの一流ミュージシャンと共にボーカル・コーラスとして参加。

PSY・S解散直後のソロ・ライブでは、Skoop On SomebodyのTAKE(武田雅治)、川村結花などがバックコーラスを務めた。

2003年にはジャズカテゴリーの2ndアルバム『CHAKA JAZZ〜LOVE』でスイングジャーナル「ジャズディスク大賞」2位を受賞、2004年には、3rdアルバム『CHAKA JAZZ〜 Believin'』(ハンク・ジョーンズ,マイケル・ブレッカー, ジョージ・ムラーツ, エリック・アレキサンダーなど世界的ジャズミュージシャンが参加)が5位入賞。

無類の格闘技ファンで、総合格闘家前田吉朗清水清隆らのスポンサーとして、試合用パンツに、アルバム名「CHAKA・JAZZ」のロゴが印刷されている。

音楽学校メーザー・ハウス[2]、また、洗足学園音楽大学ジャズ科[3]で教鞭を取っている。

親類には、元兵庫県赤穂市市会議員の安則常馬(祖父)、兵庫県たつの市議会議員のたくみ勇人(またいとこ)、元・兵庫県赤穂郡上郡町長の安則真一などがいる。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

アルバム[編集]

  • うたの引力実験室 - 1991年
  • with friends - 1996年
  • Delicious Hip - 1997年
  • Gift 〜CHAKA Best Collection - 1999年
  • I FOUND LOVE 1999年
  • CHAKA JAZZ - 2002年 安則眞実名義
  • LOVE -Chaka Jazz- - 2003年 安則眞実名義
  • Believin' 〜CHAKA Jazz in New York〜 2004年 安則眞実名義

著書[編集]

  • レモンの勇気(エッセイ集)- 1993年
  • CHAKAのはっぴーいんぐりっしゅ(英会話)- 1994年
  • 歌姫と呼ばないで(エッセイ集)- 2010年

出典[編集]

関連人物[編集]