CHAMPION OF STRONGEST-K

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

CHAMPION OF STRONGEST-K王座(チャンピオン・オブ・ストロンゲスト-ケーおうざ)は、日本プロレスの団体KAIENTAI DOJOが管理していたチャンピオンベルトである。

プロレス団体としてのKAIENTAI DOJOを名実共に高めていくために新設された王座であり期待がかけられているベルトである。挑戦に関して特に体重制限や性別の制限等は設けられていないため女子選手も状況によっては挑戦することが可能である。

特記[編集]

  • 新設にあたり2004年に行われたSTRONGEST-Kトーナメントの優勝者が初代王者ということになり、お台場スタジオドリームメーカーでの決勝戦にて真霜拳號を破りHi69が初代王者となった。STRONGEST-Kトーナメントについては2004年以降も毎年行われているが、それぞれ独立しており基本的に当王座とは関係ない。
  • 団体のカラーである青いベルトであり中央に団体ロゴが掲げられている。
  • 2004年9月11日の後楽園大会では世界ジュニアヘビー級王座とのダブルタイトルマッチとなり、カズ・ハヤシが2冠王座となった。
  • 第3代王者のTAKAみちのく全日本プロレス世界ジュニアヘビー級王座みちのくプロレス東北ジュニアヘビー級王座も奪取し3冠を達成した。
  • 望月成晃がTAKAみちのくに挑戦するときに「千葉ジュニアだっけ」と間違えた。
  • 2006年4月5日後楽園ホール大会にて第4代王者のJOEは2度目の防衛戦とSTRONGEST-K TAG王座の挑戦試合のダブルタイトルマッチを戦い勝利し、見事二冠王者となった。
  • 2013年7月2日、第14代王者の滝澤大志が自らの不祥事により無期限謹慎処分を受け、王座を剥奪された[1]
  • 2014年6月22日MIYAWAKI稲松三郎から勝利し王座を獲得するも稲松の負傷によるレフェリーストップだったためMIYAWAKIが王座返上の意向を示していたが、6月25日にSTRONGEST-K管理委員会から「試合途中の負傷によるレフェリーストップでの決着でも王座移動の結果は変わらない」としてMIYAWAKIを正式に第17代王者と認定する旨の発表がなされた[2]
  • 2019年6月2日から団体名を2AWへ変更するに伴い、KAIENTAI DOJOが認定していた同王座は封印され、新たに2AWが認定する王座(2AW無差別級王座)が作られる事になった。

歴代王者[編集]

選手名 防衛回数 戴冠年月日 獲得した場所
初代 Hi69 1 2004.07.03 お台場スタジオドリームメーカー
第2代 カズ・ハヤシ 2 2004.09.11 後楽園ホール
第3代 TAKAみちのく 6 2005.01.10 後楽園ホール
第4代 JOE 5 2006.01.06 後楽園ホール
第5代 真霜拳號 5 2006.10.09 後楽園ホール
第6代 火野裕士 2 2008.04.13 後楽園ホール
第7代 真霜拳號 2 2008.08.09 千葉ポートアリーナ サブアリーナ
第8代 TAKAみちのく 4 2009.04.12 千葉ポートアリーナ サブアリーナ
第9代 KAZMA 5 2009.10.18 千葉Blue Field
第10代 火野裕士 4 2010.08.15 千葉ポートアリーナ サブアリーナ
第11代 真霜拳號 10 2011.06.18 後楽園ホール
第12代 関本大介 2 2012.08.22 新宿FACE
第13代 火野裕士 1 2012.11.13 後楽園ホール
第14代 滝澤大志 1 2013.04.14 後楽園ホール
第15代 真霜拳號 4 2013.09.01 Blue Field
第16代 稲松三郎 1 2014.04.13 後楽園ホール
第17代 MIYAWAKI 1 2014.06.22 若獅子会館
第18代 真霜拳號 8 2014.08.24 TKPガーデンシティ千葉
第19代 火野裕士 2 2015.04.12 後楽園ホール
第20代 タンク永井 6 2015.09.06 TKPガーデンシティ千葉
第21代 梶トマト 0 2016.07.31 TKPガーデンシティ千葉
第22代 真霜拳號 5 2016.08.20 Blue Field
第23代 木高イサミ 2 2017.05.28 新木場1stRING
第24代 タンク永井 0 2017.09.18 新木場1stRING
第25代 滝澤大志 6 2017.10.15 後楽園ホール
第26代 浅川紫悠 2 2019.1.13 後楽園ホール
第27代 吉田綾斗 1 2019.4.13 後楽園ホール

主な記録[編集]

  • 最多獲得回数 : 6回 - 真霜拳號(第5、7、11、15、18、22代)
  • 最多連続防衛回数 : 10回 - 真霜拳號(第15代)
  • 最多通算防衛回数 : 28回 - 真霜拳號

脚注[編集]

  1. ^ 滝澤大志の処分について KAIENTAI DOJO NEWS 2013年7月2日付
  2. ^ CHAMPION OF STRONGEST-K KAIENTAI DOJO buttle info 2014年6月25日付