CHASE (L'Arc〜en〜Cielの曲)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
L'Arc〜en〜Ciel > ディスコグラフィ > CHASE (L'Arc〜en〜Cielの曲)
CHASE
L'Arc〜en〜Cielシングル
初出アルバム『BUTTERFLY
B面 My Dear -L'Acoustic Version-
リリース
規格 マキシシングル
デジタル・ダウンロード(全英語詞版)
録音 2011年
ジャンル ロック
時間
レーベル Ki/oon Records
作詞・作曲 hyde, ken
プロデュース L'Arc〜en〜Ciel
岡野ハジメ
ゴールドディスク
  • ゴールド(CD
  • ゴールド(シングルトラック)
※ いずれも日本レコード協会認定
チャート最高順位
  • 週間2位オリコン
  • 2011年12月度月間11位(オリコン)
  • 2012年度上半期39位(オリコン)
  • 2012年度年間82位(オリコン)
  • 登場回数9回(オリコン)
  • 4位Billboard JAPAN Hot 100)
  • 2位(Billboard JAPAN Hot Singles Sales)
  • 70位(Billboard JAPAN Year End Hot Singles Sale)
L'Arc〜en〜Ciel シングル 年表
X X X
2011年
CHASE
(2011年)
EVERLASTING
2014年
BUTTERFLY 収録曲
CHASE
(1)
X X X
(2)
ミュージックビデオ
CHASE - YouTube
(※) YouTube Music Premium限定
テンプレートを表示

CHASE」(チェイス)は、L'Arc〜en〜Cielの39作目のシングル2011年12月21日発売。発売元はKi/oon Records

解説[編集]

L'Arc〜en〜Cielの2011年第3弾シングルであり、翌年2月に発売された12thアルバム『BUTTERFLY』の先行シングル。

前作「X X X」以来約2か月ぶりとなるリリースである。初回生産限定盤と通常盤の2形態でのリリースで、初回盤には「CHASE」のミュージック・ビデオが収録されたDVDが付属されている。また、本作のMVはYouTubeで1週間限定で配信された(2011年11月9日11月15日)。

また、初回生産限定盤と通常盤(初回仕様限定)には「ニューアルバム完成の瞬間にメンバーと一緒に立ち会えちゃうアクセスコード」も封入されている。アクセスコードを入力することで、2011年12月26日に行われた『BUTTERFLY』のマスタリング音源最終チェック現場の模様の生中継をUstreamで視聴することができた。

合作曲がシングルA面となるのは、「New World」(作曲:yukihiro & hyde)以来2度目であり、hydeとkenによる合作は初めてのことである。

収録曲[編集]

CD
  1. CHASE (4:30)
    ワーナー・ブラザース映画配給映画『ワイルド7』主題歌。
    ライブツアー「20th L'Anniversary TOUR」の2011年11月3日に行われた日本ガイシホール公演にて先行披露された。
    上記映画に合う曲としてkenが作った原曲が選ばれたが、ラッシュフィルムを見て「もっとワイルドにしたい」というhydeの意向から、hydeがAメロ、Bメロを作り直し、Cメロは前半をken、後半をhydeが作曲したことで合作となった。また、打ち込みyukihiroが担当し、イントロギターリフではtetsuyaの案が採用される等、メンバーの意見が多く取り入れられた楽曲となっている。この曲のドラムパターンについてyukihriroは「最初は全編4分打ちだったんですけど、別のパターンも試してみたくて、結局サビのパートだけ4分打ちになりました。こういう曲調でドラムが4分打ちっていうのは、すごく分かりやすいし、ハマらないわけはないんですけど、そこを外してロックバンドのやるダンスミュージックになればいいなと思いました[1]」と述べている。
    歌詞は、hyde曰く「映画のイメージと首都高を走るイメージ」と混ぜて書かれている。また、歌詞には<手の鳴る方へ>、<let's play tag!>といった、鬼ごっこを意図したフレーズが入っており、hydeは「三枚目っぽさ、キャッチーさを入れた」と述べている[2]
    ミュージック・ビデオは、7台のプロジェクターを使って球体と壁面へのプロジェクションマッピング[3]技術が駆使されており、CGは一切使われていない[4]。この映像にはkenのアイデアが活かされており、「白と黒でハイパーな感じを出したいなっていうのが、最初にあった[5]」と述べている。この曲で『第62回NHK紅白歌合戦』に2年連続、通算5度目の出場を果たした。
    また、CD発売翌年には本楽曲の全英語詞バージョンが配信限定でリリースされている(詳細は配信限定楽曲参照)。
  2. My Dear -L'Acoustic version- (5:19)
    • 作詞・作曲:hyde / 編曲:ken & HAL-Oh Togashi / プロデュース:ken
    10thアルバム『AWAKE』の収録曲「My Dear」のアコースティックバージョン。
    曲前半ではアコースティックピアノ主体のアレンジだが、2番が終わると一転、原曲では使用されていないギターも含めたバンドサウンドが入る。
    kenはアレンジについて「(原曲は)最初、hydeがピアノでデモを作ってたんじゃないかな。それで、のちにチェンバロかなんかに変わったんですけど。今一度ピアノにして、より静けさと広さを感じたいなと。あとは暴力的なところを感じたいなと思って。そういう方向にいくようにアコースティック アレンジしましたね[5]」と述べている。また、曲の雰囲気に合わせるため、hydeがボーカルを録り直している。
    yukihiroは、通常22インチのバスドラムを使用しているが、kenと共同で編曲を担当した富樫春生のオーダーにより、26インチのバスドラムでキックを踏んでいる[1]
  3. CHASE (hydeless version) (4:30)
  4. My Dear -L'Acoustic version- (hydeless version) (5:15)
DVD(初回生産限定盤のみ)
  1. CHASE (Music Clip) (4:40)
    ディレクター:東弘明[6]

参加ミュージシャン[編集]

配信限定楽曲[編集]

CHASE -English version-

CDシングルの表題曲の全英語詞バージョンで、「I Love Rock'n Roll」以来となる配信楽曲。2012年5月23日から配信開始。
2012年に行われた海外ライブツアー「WORLD TOUR 2012」およびライブハウス公演「一夜限りのL'Arc〜en〜Ciel Premium Night」では、このバージョンで披露されており、海外版ベストアルバム『WORLD'S BEST SELECTION』で初CD化されている。

収録アルバム[編集]

オリジナルアルバム
ベストアルバム

脚注[編集]

  1. ^ a b L'Arc~en~Ciel シングル『CHASE』インタビュー(yukihiroインタビュー) – ナタリー
  2. ^ 【L’Arc~en~Ciel】もっと音楽的にレベルの高いところを挑戦しないと、やる意味がない - OKMUSIC
  3. ^ ビデオやコンピュータグラフィックスなどの映像をスクリーンではなく、プロジェクターによって直接建築物のファサードや家具、車、自然物といった立体物に投映する表現手法のこと。 プロジェクションマッピングとは
  4. ^ スペースシャワーTV 2011年12月25日放送 「V.I.P. ─L'Arc~en~Ciel─」
  5. ^ a b L'Arc~en~Ciel L'Arc~en~Ciel シングル『CHASE』インタビュー(kenインタビュー) – ナタリー
  6. ^ ミュージックビデオサーチ - CHASE - SPACE SHOWER TV