CHEERS!TOKYO

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
CHEERS! TOKYO
崎谷健次郎シングル
初出アルバム『崎谷健次郎 BEST COLLECTION
BOTANY OF LOVE
B面 LADY IN LOVE
リリース
規格 CDシングル
録音 1991年-1992年
ジャンル J-POP
時間
レーベル PONY CANYON SEE-SAW
PCDA-00375
作詞・作曲 崎谷健次郎
プロデュース 崎谷健次郎
崎谷健次郎 シングル 年表
HEAVENLY SKY
(1992年)
CHEERS! TOKYO
(1992年)
泣かなくてもいい
(1993年)
テンプレートを表示

CHEERS! TOKYO」(チアーズ!トーキョー)は、1992年10月21日に発売された崎谷健次郎の通算14枚目のシングル。「LADY IN LOVE」(レイディ・イン・ラヴ)をカップリングに収録している[1]

解説[編集]

  • プロデュースは、崎谷健次郎
  • CDジャケットは、崎谷が右手と左足を上げてジャンプした動的状態の写真を初めて採用している[2]。表面はアイボリーを背景にコバルト・ブルーとファイヤー・レッドでタイトルを明瞭に配し、裏面は淡いゴールドの背景に斜に構えた黒シャツの精悍な崎谷が映し出されている。
アート・ディレクションは、奥村靫正。デザインは、栗林和生、水谷健。THE STUDIO TOKYO JAPAN,Ink.が前作に続いて担当している。フォトグラフィは、鍋島成泰。スタイリストは、直井政信。ヘア&メイクアップは、カモマサヒサである。
  1. CHEERS! TOKYO
  2. LADY IN LOVE

収録曲[編集]

  1. CHEERS! TOKYO
    作詞 / 作曲 / 編曲:崎谷健次郎
  2. LADY IN LOVE
    作詞 / 作曲 / 編曲:崎谷健次郎
  3. CHEERS! TOKYO(original karaoke)
    作曲 / 編曲:崎谷健次郎

脚注[編集]

  1. ^ 崎谷健次郎公式ウェブサイト『kenjirosakiya.com』「Discography CHEERS! TOKYO」
  2. ^ 当該CDジャケット参照。
  3. ^ GUITAR BOOK』第15巻第12号「崎谷健次郎 CHEERS!KARUIZAWA 9.11 ANOTHER SCENE IN KARUIZAWA VOL.2」(ソニー・マガジンズ 1992年12月1日発行)