CITY (はっぴいえんどのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
CITY ⁄ HAPPY END BEST ALBUM
はっぴいえんどベスト・アルバム
リリース
ジャンル ロック
ポップス
レーベル BellwoodKING
プロデュース はっぴいえんど
はっぴいえんど 年表
HAPPY END
1973年
CITY ⁄ HAPPY END BEST ALBUM
(1973年)
ライブ!! はっぴいえんど
1974年
テンプレートを表示

CITY ⁄ HAPPY END BEST ALBUM』(シティ はっぴいえんどベスト・アルバム)は、1973年9月1日に発売されたはっぴいえんど通算1作目のベスト・アルバム

解説[編集]

ベルウッドからリリースされたスタジオ・アルバム最終作『HAPPY END[注 1]のほか、URCからリリースされた『はっぴいえんど[注 2]風街ろまん[注 3]の2枚からも選曲された、グループの歴史を俯瞰する内容のベスト・アルバム。再編によるラスト・ライヴ『CITY-Last Time Around』[注 4]開催のタイミングに合わせてリリースされた。併せて、アルバムと同じく矢吹申彦によるイラストレーションをカヴァーに使用したソング・ブックも、新興楽譜出版から発売された。

「はいからはくち」は、「12月の雨の日」とともにシングルとしてのリリースのためにレコーディングされたものの未発表のままとなっていたテイクで、小坂忠がコーラスで参加。後に再レコーディングされ、シングルとして発売された「12月の雨の日 / はいからはくち[注 5]のカップリングに収録されたものとは異なるが、モビー・グレープの作品を下敷きにした点が共通するリズム・アレンジによるシャッフル・スタイルの作品。後に細野晴臣が「僕らが一番得意だった。松本が生き生きしている。このシャッフルは松本とモビー・グレープ以外に出来ない」と語った演奏で、このスタイルは後に大瀧のファースト・ソロ・アルバム『大瀧詠一[注 6]収録曲「ウララカ」に受け継がれていった。その一方、『風街ろまん』ではストレートなロック・ヴァージョンに変化した。こうしたアレンジの改変ははっぴいえんどではしばしば行われ、『CITY-Last Time Around』のステージで披露された作品のいくつかもアレンジが改められていた[1]。「12月の雨の日」はファースト・アルバム『はっぴいえんど』収録のオリジナル・アルバム・ヴァージョン。「かくれんぼ」は、ファースト・アルバム『はっぴいえんど』収録曲の、1971年の中津川フォークジャンボリーでのライヴ・ヴァージョンで、本作が初出。

アートワーク[編集]

ジャケットはゲートフォールド仕様。内側のメンバー・フォトは、アルバム『HAPPY END』レコーディングに同行した雑誌『ヤングギター』編集長の山本隆士が、レコーディングの合間に滞在先のロスアンゼルスで撮影したもの。

収録曲[編集]

SIDE 1[編集]

  1. はいからはくち *
    作詞:松本隆、作曲:大瀧詠一
  2. 風をあつめて[注 3] *
    作詞:松本隆、作曲:細野晴臣
  3. 抱きしめたい[注 3] *
    作詞:松本隆、作曲:大瀧詠一
  4. 12月の雨の日[注 2] *
    作詞:松本隆、作曲:大瀧詠一
  5. 氷雨月のスケッチ[注 1]
    作詞:松本隆、作曲:鈴木茂
  6. 風来坊[注 1]
    作詞・作曲:細野晴臣

SIDE 2[編集]

  1. 花いちもんめ[注 3] *
    作詞:松本隆、作曲:鈴木茂
  2. 夏なんです[注 3] *
    作詞:松本隆、作曲:細野晴臣
  3. 飛べない空[注 2] *
    作詞・作曲:細野晴臣
  4. 春よ来い[注 2]
    作詞:松本隆、作曲:大瀧詠一
  5. さよなら通り3番地[注 1]
    作詞:松本隆、作曲:鈴木茂
  6. かくれんぼ
    作詞:松本隆、作曲:大瀧詠一

クレジット[編集]


  • Produced & Edited by はっぴいえんど
  • Design & Art-direction by 矢吹申彦
  • * from master tape of Art Music Publishing Co., Ltd.

Bellwood 40th Anniversary Collection (CD:KICS-2567, KICS-91804)[編集]

CITY ⁄ HAPPY END BEST ALBUM
はっぴいえんどベスト・アルバム
リリース
ジャンル ロック
ポップス
時間
レーベル BellwoodKING
プロデュース はっぴいえんど
EANコード
ASIN B008D4QNR4, JAN 4988003426347【紙ジャケット仕様】
ASIN B008D4QN24, JAN 4988003425159
テンプレートを表示

解説[編集]

2012年ベルウッド・レコードの元プロデューサー三浦光紀総監修のもと、“Bellwood 40th Anniversary Collection”として通常のプラケース仕様(全40タイトル)にてリイシュー。併せて、“Bellwood 40th Anniversary Collection 40周年特別企画 紙ジャケコレクション”(全11タイトル)としても、HRカッティングによる完全限定プレス盤にてリリースされた。

収録曲[編集]

  1. はいからはくち - (2:38)[2][3]
  2. 風をあつめて - (4:07)[2][3]
  3. 抱きしめたい - (3:35)[2][3]
  4. 12月の雨の日 - (3:30)[2][3]
  5. 氷雨月のスケッチ - (3:08)[2][3]
  6. 風来坊 - (3:34)[2][3]
  7. 花いちもんめ - (4:01)[2][3]
  8. 夏なんです - (3:15)[2][3]
  9. 飛べない空 - (2:50)[2][3]
  10. 春よ来い - (4:21)[2][3]
  11. さよなら通り3番地 - (3:16)[2][3]
  12. かくれんぼ - (6:10)[2][3]

クレジット[編集]

リイシュー・スタッフ
総監修 : 三浦光紀 / 補監修 : 小倉エージ / 新規解説編集 : 山田順一
リマスタリング・エンジニア : 田中浩路(JVC Mastering Center)
リプロダクト・デザイン : アプローチ / デザイン・コーディネーター : 山下淳一
A&R : 宮田克己、本田丈和
 
解説 : 小倉エージ

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ a b c d HAPPY END』 1973年2月25日 (1973-02-25)発売 BellwoodKING LP:OFL-8
  2. ^ a b c d はっぴいえんど』 1970年8月5日 (1970-08-05)発売 URC LP:URL-1015
  3. ^ a b c d e 風街ろまん』 1971年11月20日 (1971-11-20)発売 URC LP:URG-4009
  4. ^ CITY-Last Time Around』 1973年9月21日 (1973-09-21)文京公会堂
  5. ^ 12月の雨の日 / はいからはくち」 1971年4月1日 (1971-04-01)発売 KING 7":BS-1366
  6. ^ 大瀧詠一大瀧詠一』 1972年11月25日 (1972-11-25)発売 Bellwood ⁄ KING LP:OFL-7

出典[編集]

  1. ^ 小倉エージ (2012年). はっぴいえんど『CITY』のアルバム・ノーツ, pp. 5-8 [12cmCD]. Bellwood ⁄ KING (KICS-91804).
  2. ^ a b c d e f g h i j k l m 【CD】CITY/はっぴいえんどベスト・アルバム<完全限定プレス盤>” (日本語). TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード株式会社. 2018年1月18日閲覧。
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m 【CD】CITY/はっぴいえんどベスト・アルバム” (日本語). TOWER RECORDS ONLINE. タワーレコード株式会社. 2018年1月18日閲覧。

KING RECORDS OFFICIAL SITE