CO-CoLO 1 〜夜のみだらな鳥達〜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
本来の表記は「CO-CóLO 1 〜夜のみだらな鳥達〜」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
CO-CoLO 1 〜夜のみだらな鳥達〜
沢田研二スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
レーベル 東芝EMI/イーストワールド(LPCD
アポロン(音楽テープ)
プロデュース 沢田研二/CO-CoLO
チャート最高順位
沢田研二 年表
架空のオペラ
1985年
CO-CóLO 1 〜夜のみだらな鳥達〜
1986年
告白-CONFESSION-
1987年
テンプレートを表示

CO-CóLO 1 〜夜のみだらな鳥達〜』(ココロファースト よるのみだらなとりたち)は、日本歌手である沢田研二の23作目となるオリジナルアルバム

1986年6月25日東芝EMI/イーストワールドよりリリース。ちなみに発売日の6月25日は沢田研二の誕生日。

解説[編集]

ザ・タイガース時代から所属していたナベプロから独立した1985年以降、沢田は個人事務所の設立と新バンドの結成に動く。それまでの沢田の作品は外部プロデューサーの主導により、必ずしも本人の意図としない活動を強いられる場面、具体的には楽曲の採択やシングル化の選曲などに沢田の希望が容れられないケースがあった。そうした反省から独立を機によりパーマネントな活動を行えるバンドの結成は沢田の悲願だったのである。

こうした沢田の意思によって結成されたのがCO-CóLO(ココロ)である。自身の個人事務所名(CO-CóLO Corporation)にも同じ名を冠するほどの思い入れを込めたこのバンドは、カルトGSとして名高いハプニングス・フォーのチト河内を中心とした技巧派揃いでツインドラムを据え、EXOTICS以前のギター中心の編成とは一線を画すスタイルとなった。

音楽性はAORにカテゴライズされる、文字通りアダルトかつオリエンタルで穏やかなムードの楽曲が多数を占めた。また沢田の自作詞もその数を増し、沢田自身の私生活を伺わせる私小説風の作品が多重を占めるようになった。本作はそうした新プロジェクトの第1弾作品である。

CO-CoLO

収録曲[編集]

  • 全編曲:チト河内・CO-CoLO
  1. "B"サイドガール
    • 作詞・作曲:沢田研二
  2. 夜のみだらな鳥達
    • 作詞:大輪茂男/作曲:沢田研二
  3. 無宿(むしゅく)
  4. ドシャ降り、抜けて…
    • 作詞:大輪茂男/作曲:篠原信彦
  5. あの女(ひと)
  6. 幻影(イリュージョン)
    • 作詞:浅川マキ/作曲:石間秀機
  7. 流されて…
    • 作詞:チト河内/作曲:石間秀機
  8. 時の街角
    • 作詞:埴谷コウ/作曲:篠原信彦
  9. 闇舞踏(やみぶとう)

関連項目[編集]