COLD WAR あの歌、2つの心

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
COLD WAR
あの歌、2つの心
Zimna Wojna
監督 パヴェウ・パヴリコフスキ
脚本 パヴェウ・パヴリコフスキ
ヤヌシュ・グウォヴァツキ英語版
ピョートル・ボルコフスキ (共同)
原案 パヴェウ・パヴリコフスキ
製作 タニヤ・セガッチアン英語版
エヴァ・プシュチンスカ
製作総指揮 ナタナエル・カルミッツ
リジー・フランク
ロヒット・カタール
ジョン・ウッドワード
ジェレミー・ガワデ
ダニエル・バトセク
出演者 ヨアンナ・クーリク
トマシュ・コット英語版
ボリス・シィツ英語版
アガタ・クレシャ英語版
ジャンヌ・バリバール
セドリック・カーン
音楽 マルチン・マセッキ英語版
撮影 ウカシュ・ジャル
編集 ヤロスラフ・カミンスキー
製作会社 アポカリプス・ピクチャーズ
英国映画協会
フィルム4英語版
MK2プロダクションズ
オーパス・フィルム
プロタゴニスト・ピクチャーズ
配給 ポーランドの旗 Kino Świat
日本の旗 キノフィルムズ
公開 フランスの旗 2018年5月10日 (CIFF)
ポーランドの旗 2018年6月8日
イギリスの旗 2018年8月31日
フランスの旗 2018年10月24日
日本の旗 2019年6月28日
上映時間 88分
製作国 ポーランドの旗 ポーランド
イギリスの旗 イギリス
フランスの旗 フランス
言語 ポーランド語
製作費 €4,300,000[1]
興行収入 $19,358,239[2]
テンプレートを表示

COLD WAR あの歌、2つの心』(Zimna wojna)は、パヴェウ・パヴリコフスキ監督、パヴリコフスキとヤヌシュ・グウォヴァツキ英語版とピョートル・ボルコフスキ共同脚本による2018年の英語版合作の恋愛映画である。物語は1940年代後半から1960年代までの冷戦下のポーランドとフランスを舞台とし、音楽家(トマシュ・コット英語版)と彼に才能を見いだされた若い歌手(ヨアンナ・クーリク)との長年に渡る恋愛模様が描かれる。パヴリコフスキの両親の人生に触発されている本作にはボリス・シィツ英語版アガタ・クレシャ英語版セドリック・カーンジャンヌ・バリバールらが助演を務める。

ワールド・プレミアは2018年5月10日に第71回カンヌ国際映画祭で行われた。批評家には演技、脚本、演出、撮影が賞賛され、カンヌ国際映画祭のコンペティション部門でパルム・ドールを競い[3][4]、パヴリコフスキが監督賞を受賞した[5]。また、第43回グディニャ映画祭英語版で最高賞に当たる金獅子賞を受賞し、第31回ヨーロッパ映画賞英語版では、作品賞含む5部門を受賞した。第72回英国アカデミー賞では監督賞外国語作品賞を含む4部門、第76回ゴールデングローブ賞では外国語映画賞にノミネートされた。第91回アカデミー賞では、外国語映画賞(ポーランド代表作)、監督賞撮影賞の3部門にノミネートされた。

プロット[編集]

第二次世界大戦終戦後のポーランド。州が後援する音楽舞踊団を率いるヴィクトル(トマシュ・コット英語版)とイレーナ(アガタ・クレシャ英語版)は民族音楽を披露するためにオーディションを開催する。そこでヴィクトルはズーラ(ヨアンナ・クーリク)という若く魅力的で野心家の女性に興味を抱くが、彼女は自分を農村出身であると偽っており、さらに虐待する父親を殺害したために保護観察中の身であった。ヴィクトルとズーラはすぐに激しい恋に落ち、公演の後にセックスをする。その後、ヴィクトルとイレーナは当局から東側諸国へのツアーと引き換えに、共産主義とスターリン主義のプロパガンダを入れるように当局から圧力をかけられる。ヴィクトルとイレーナは反対するが、キャリア重視で日和見主義者であるカチマレク(ボリス・シィツ英語版)はプロパガンダを入れることに同意し、イレーナは舞踊団を辞めてしまう。またカチマレクはズーラにも近づき、ヴィクトルのことをスパイするように圧力をかけるが、彼女が核心をつく情報は渡さなかった。ヴィクトルは舞踏団が東ベルリンを訪れた際にズーラと共に西に亡命する計画を立てるが、落ち合う場所にズーラは現れなかったためにヴィクトルは単独で国境を越える。

数年後、パリでズーラはジャズクラブで働くヴィクトルと会う。両者には既に別のパートナーがいたが、彼らの恋愛感情は続いていた。ヴィクトルはズーラにあの時に来なかった理由を尋ねると、彼女は自分に自信がなかったのだと答える。1年後、ヴィクトルはユーゴスラビアでの舞踏団の公演を鑑賞し、ズーラは観客の中にいる彼を見つけて動揺する。さらにその2年後、ヴィクトルはパリで映画音楽の作曲家として働いており、そこでズーラと再会する。彼女は別の男性と結婚したことで合法的に出国していたが、その彼と別れてヴィクトルと暮らし始める。ヴィクトルはズーラをソロ歌手として売り出すためにパーティで友人でもある映画プロデューサーのミシェルと会わせる。一方でズーラはヴィクトルの元恋人に嫉妬し、またレコーディング中の仕事が彼らの関係性に亀裂を生み、彼女は酒に溺れて始めてしまう。ズーラのレコーディングは完了したものの、ズーラの不機嫌さは収まらずヴィクトルと争った末に去ってしまう。その後ズーラはミシェルのもとに身を寄せるが破局し、ヴィクトルが訪ねてきた時には既にポーランドに戻っていた。

ヴィクトルはパリのポーランド領事の助言を無視してポーランドに帰国する。ズーラは収容所でヴィクトルと再会し、そこで彼は祖国を裏切ってスパイ活動を行った容疑で「寛大」にも懲役15年を宣告されたことを明かす。彼の手は拷問により痛めつけられており、音楽家としての道は閉ざされていた。ズーラは彼を助け出すと約束する。数年後、釈放されたヴィクトルはクラブでカチマレクと歌手を続けるズーラと再開する。ズーラはカチマレクと結婚することでヴィクトルを早期に釈放させる取引をしており、また男児を出産していた。ヴィクトルとズーラはトイレに逃げ出し、悲惨で敗残者となった彼女は彼に助けを求める。2人はバスに乗って廃墟になった教会に行き、結婚式を挙げる。2人は錠剤を飲んだ後に外へ行き、座って景色を眺める。ズーラが「向こう側」から見ようと提案すると2人は立ち上がって画面上から去り、風に揺れる麦畑だけが映し出される。

キャスト[編集]

評価[編集]

興行収入[編集]

アメリカ合衆国とカナダでは約460万ドル、その他の国々では約1480万ドル、全世界合算で約1940万ドルを売り上げた[2]

アメリカ合衆国では公開初週に3つの劇場で54万353ドルの興収をあげた。一館ごとの平均興収は1万8118ドルだった[6]。アカデミー賞3部門での候補が発表された第6週末は111劇場で57万1650ドルを売り上げた[7]

批評家の反応[編集]

Rotten Tomatoesでは229個の批評家レビューのうち92%が支持評価を下し、平均評価は10点中8.2点となった。サイトの批評家の見解は「『COLD WAR あの歌、2つの心』は繊細な物語とそれに匹敵する美しい映像によって、短い上映時間を無駄にすることなく、さらに、本作のほろ苦い後味を引き立てることに成功している。」となっている[8]MetacriticのMetascoreは45個の批評家レビューに基づき、加重平均値は100点中90点となった。サイトは本作の評価を「世界的な絶賛」と示している[9]

クラクフ・ポスト英語版』のジュゼッペ・セディアは「『COLD WAR』は『イーダ』ほどヒエラティックではないが、観客に提供できるものが多くある。この残酷で、ジャズに浸かった溝口風の2人の恋人の物語で映し出される豪華な演技がもしもなかったら、パヴリコフスキはカンヌで監督賞を勝ち取っていなかっただろう」と評した[10]

受賞とノミネート[編集]

日付 部門 対象 結果 出典
アカデミー賞 2019年2月24日 監督賞 パヴェウ・パヴリコフスキ ノミネート [11]
外国語映画賞 COLD WAR あの歌、2つの心 ノミネート
撮影賞 ウカシュ・ジャル ノミネート
女性映画ジャーナリスト同盟賞英語版 2019年1月10日 外国語映画賞 COLD WAR あの歌、2つの心 ノミネート [12]
ベルギー映画批評家協会英語版 2019年1月5日 グランプリ英語版 COLD WAR あの歌、2つの心 受賞 [13]
英国アカデミー賞 2019年2月10日 監督賞 パヴェウ・パヴリコフスキ ノミネート [14]
オリジナル脚本賞 パヴェウ・パヴリコフスキ、ヤヌシュ・グウォヴァツキ英語版 ノミネート
外国語作品賞 COLD WAR あの歌、2つの心 ノミネート
撮影賞 ウカシュ・ジャル ノミネート
英国インディペンデント映画賞 2018年12月2日英語版 外国インディペンデント映画賞 パヴェウ・パヴリコフスキ、ヤヌシュ・グウォヴァツキ、エヴァ・プシュチンスカ、タニヤ・セガッチアン英語版 ノミネート [15]
カンヌ国際映画祭 2018年5月10日 パルム・ドール COLD WAR あの歌、2つの心 ノミネート [3][4]
監督賞 パヴェウ・パヴリコフスキ 受賞 [16]
シカゴ映画批評家協会賞 2018年12月8日 外国語映画賞 COLD WAR あの歌、2つの心 ノミネート [17]
撮影賞 ウカシュ・ジャル ノミネート
放送映画批評家協会賞 2019年1月13日 外国語映画賞 COLD WAR あの歌、2つの心 ノミネート [18]
ダラス・フォートワース映画批評家協会 2018年12月17日英語版 外国語映画賞 COLD WAR あの歌、2つの心 2位 [19]
ヨーロッパ映画賞 2018年12月15日英語版 作品賞 COLD WAR あの歌、2つの心 受賞 [20]
監督賞 パヴェウ・パヴリコフスキ 受賞
脚本賞 パヴェウ・パヴリコフスキ 受賞
女優賞 ヨアンナ・クーリク 受賞
男優賞 トマシュ・コット英語版 ノミネート
編集賞 ヤロスラフ・カミンスキー 受賞
フロリダ映画批評家協会賞 2018年12月21日英語版 撮影賞 ウカシュ・ジャル 受賞 [21]
ガウディ賞 2019年1月27日 ヨーロッパ作品賞 COLD WAR あの歌、2つの心 受賞 [22]
ゴールデングローブ賞 2019年1月6日 外国語映画賞 COLD WAR あの歌、2つの心 ノミネート [23]
ゴヤ賞 2019年2月2日英語版 ヨーロッパ映画賞 COLD WAR あの歌、2つの心 受賞 [24]
ゴールデン・ビートル賞 2019年1月28日英語版 外国語映画賞 パヴェウ・パヴリコフスキ ノミネート [25]
ヒューストン映画批評家協会賞 2019年1月3日 外国語映画賞 COLD WAR あの歌、2つの心 ノミネート [26]
ナショナル・ボード・オブ・レビュー賞 2018年11月27日 外国語映画賞 COLD WAR あの歌、2つの心 受賞 [27]
ニューヨーク映画批評家協会賞 2018年11月29日 外国語映画賞 COLD WAR あの歌、2つの心 受賞 [28]
ニューヨーク映画批評家オンライン賞 2018年12月9日 外国語映画賞 COLD WAR あの歌、2つの心 受賞 [29]
サンディエゴ映画批評家協会賞 2018年12月10日英語版 外国語映画賞 COLD WAR あの歌、2つの心 ノミネート [30]
サンフランシスコ映画批評家協会賞 2018年12月9日 外国語映画賞 COLD WAR あの歌、2つの心 ノミネート [31]
撮影賞 ウカシュ・ジャル ノミネート
サテライト賞 2019年1月3日英語版 外国語映画賞 COLD WAR あの歌、2つの心 ノミネート [32]
撮影賞 ウカシュ・ジャル ノミネート [33]
トロント映画批評家協会賞 2018年12月9日英語版 外国語映画賞 COLD WAR あの歌、2つの心 ノミネート [34]
ワシントンD.C.映画批評家協会 2018年12月3日英語版 外国語映画賞 COLD WAR あの歌、2つの心 ノミネート [35]

参考文献[編集]

  1. ^ Pawel Pawlikowski delves to the heart of the Cold War”. 2018年11月11日閲覧。
  2. ^ a b Zimna wojna (2018) - Financial Information”. The Numbers. 2019年9月6日閲覧。
  3. ^ a b The 2018 Official Selection”. Cannes Film Festival (2018年4月12日). 2018年4月12日閲覧。
  4. ^ a b Cannes Lineup Includes New Films From Spike Lee, Jean-Luc Godard”. Variety. Penske Business Media (2018年4月12日). 2018年4月12日閲覧。
  5. ^ Debruge, Peter (2018年5月19日). “2018 Cannes Film Festival Award Winners Announced”. Variety. Penske Business Media. 2018年5月20日閲覧。
  6. ^ D'Alessandro, Anthony (2018年12月26日). “'Aquaman' Grabs $67M+ Weekend For $72M+ Cume; 2018 B.O. Poised To Pass $11.4B For New Record – Early Sunday Update”. Deadline Hollywood. 2018年12月26日閲覧。
  7. ^ Brueggemann, Tom (2018年1月27日). “‘Never Look Away’ Box Office Gets Oscar Bump; Godard’s ‘The Image Book’ Finds Its Fans”. IndieWire. 2019年1月27日閲覧。
  8. ^ Cold War (Zimna wojna) (2018)”. Rotten Tomatoes. Fandango Media. 2018年12月29日閲覧。
  9. ^ Cold War Reviews”. Metacritic. CBS Interactive. 2019年9月6日閲覧。
  10. ^ Sedia, Giuseppe (2018年7月17日). “Cold War (2018)”. Krakow Post. 2018年12月11日閲覧。
  11. ^ "Oscar Nominations 2019: The Complete List". Variety. 22 January 2019. Retrieved 22 January 2019.
  12. ^ 2018 EDA Award Nominees”. Alliance of Women Film Journalists. 2018年12月21日閲覧。
  13. ^ Heyrendt, Hubert (2019年1月6日). “"Cold War" décroche le grand prix de l'UCC” (French). La Libre Belgique. https://www.lalibre.be/culture/cinema/cold-war-decroche-le-grand-prix-de-l-ucc-5c31d5bf7b50a607246566f9 2019年1月9日閲覧。 
  14. ^ Ritman, Alex (2019年1月8日). “'The Favourite' Dominates BAFTA Nominations 2019”. The Hollywood Reporter. 2019年1月9日閲覧。
  15. ^ Brown, Mark (2018年10月31日). “The Favourite dominates British independent film award nominations”. the Guardian. 2018年11月30日閲覧。
  16. ^ Debruge, Peter (2018年5月19日). “Japanese Director Hirokazu Kore-eda’s ‘Shoplifters’ Wins Palme d’Or at Cannes”. 2018年11月30日閲覧。
  17. ^ 2018 Chicago Film Critics Association Awards”. Chicago Film Critics Association (2018年12月8日). 2018年12月9日閲覧。
  18. ^ Best Production Design - Critics' Choice Awards: 'The Favourite' Leads With 14 Nominations” (英語). The Hollywood Reporter. 2018年12月10日閲覧。
  19. ^ Holt, Jo Ann (2018年12月17日). “Dallas-Fort Worth Film Critics Name 'A Star is Born' Best Film of 2018”. Focus Daily News. 2018年12月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2018年12月19日閲覧。
  20. ^ Winners - European Film Awards”. www.europeanfilmawards.eu. 2018年12月15日閲覧。
  21. ^ Morgenstern, Hans. “2018 FFCC Winners”. Florida Film Critics Circle. 2018年12月21日閲覧。
  22. ^ XI Premis Gaudí” (カタルーニャ語). www.academiadelcinema.cat. 2019年1月8日閲覧。
  23. ^ Golden Globe Nominations: Complete List”. Variety (2018年12月6日). 2018年12月6日閲覧。
  24. ^ Nominados a los 33 Premios Goya” (スペイン語). Academia de cine. 2018年12月15日閲覧。
  25. ^ De är nominerade till Guldbaggen 2019” (Swedish). Aftonbladet (2019年1月3日). 2019年1月10日閲覧。
  26. ^ Vonder Haar, Pete (2018年12月17日). “Houston Film Critics Society Announces 2018 Awards Nominations”. Houston Press. 2018年12月18日閲覧。
  27. ^ Tapley, Kristopher (2018年11月27日). “National Board of Review Names ‘Green Book’ Best Film of 2018”. 2018年11月30日閲覧。
  28. ^ Sharf, Zack (2018年11月29日). “NYFCC 2018 Winners: ‘Roma’ Dominates With Wins for Best Picture, Director, and More”. 2018年11月30日閲覧。
  29. ^ Nordyke, Kimberly (2018年12月9日). “'Roma' Voted Best Picture by New York Film Critics Online”. The Hollywood Reporter. 2018年12月11日閲覧。
  30. ^ 2018 San Diego Film Critics Society’s Award Nominations”. San Diego Film Critics Society (2018年12月7日). 2018年12月10日閲覧。
  31. ^ 2018 San Francisco Film Critics Circle Awards”. San Francisco Film Critics Circle (2018年12月7日). 2018年12月12日閲覧。
  32. ^ 2018 Awards Nominees”. International Press Academy. 2018年12月10日閲覧。
  33. ^ 2018 Awards Nominees”. International Press Academy. 2018年12月10日閲覧。
  34. ^ Toronto Film Critics Association Announces 2018 Awards”. Toronto Film Critics Association (2018年12月10日). 2018年12月11日閲覧。
  35. ^ Marr, Rhuaridh (2018年12月3日). “'Roma,' 'A Star Is Born' lead winners at DC Film Critics awards”. Metro Weekly. 2018年12月4日閲覧。

関連項目[編集]