COLORS (浜田麻里のアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
COLORS
浜田麻里スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
レーベル インビテーション/ビクター音楽産業
チャート最高順位
  • 週間2位(オリコン
  • 1991年度年間42位(オリコン)
ゴールドディスク
  • ゴールド(日本レコード協会
  • 浜田麻里 アルバム 年表
    Sincerely
    1989年
    COLORS
    1990年
    TOMORROW
    1991年
    『COLORS』収録のシングル
    1. 「Heaven Knows」
      リリース: 1990年7月11日
    2. 「Nostalgia」
      リリース: 1990年12月16日
    テンプレートを表示

    COLORS』(カラーズ)は、浜田麻里アルバム

    概要[編集]

    • ビクター音楽産業インビテーションレーベル在籍最後のアルバム。
    • 先行シングル「Heaven Knows」を始めとしたTV番組・CMタイアップ曲を3曲含んでいるが、中でも5曲目の「Nostalgia」は本アルバムリリース以後のコンサートにおける定番曲となっている。タイアップの追加によって、通常盤の帯は3種類存在する。
    • オリジナル版はCD(品番:VICL-52)とカセットテープで同時発売され、CD盤の初回生産分はカラーブックレット付三方背ケース仕様となっている。
      • 1994年にベストアルバムINCLINATION発売に合わせ、価格・レーベル((SPEEDSTAR RECORDS))変更の上で再発売。(品番:VICL-22011)
      • 2008年にデビュー25周年記念の一環としてレーベルをInvitationに戻し、デジタルリマスタリングを施した上で紙ジャケット仕様(品番:VICL-63097)再発売、ならびにiTunes Store等のPC配信サイト・着うた着うたフルにて配信開始。
      • 2014年にデビュー30周年記念の一環で、SHM-CD仕様にて再発売。

    収録曲[編集]

    • 全作詞:浜田麻里
    1. Is This Justice?   ※日本石油「日石ダッシュレーサー100」CMソング
      作曲:大槻啓之、編曲:Greg Edward・Jeff Daniel・大槻啓之
    2. Innocent Colors
      作曲:原一博、編曲:Greg Edward・Jeff Daniel・H.M.Project
    3. Heaven Knows JT「クラリス・ライト」CMソング
      作曲:大槻啓之、編曲:Greg Edward・Tom Keane・大槻啓之
    4. Plastic Conversation
      作曲:大槻啓之、編曲:Greg Edward・Jeff Daniel・大槻啓之
    5. Nostalgiaテレビ朝日「パリ・ダカールラリー」テーマソング
      作曲:増崎孝司、編曲:Greg Edward・Jeff Daniel・H.M.Project
    6. Empty Room
      作曲:黒沢昇・横山徹、編曲:Greg Edward・Tom Keane・H.M.Project
      「Nostalgia」のカップリング曲。
    7. There's No Limit
      作曲:大槻啓之、編曲:Greg Edward・Tom Keane・大槻啓之
    8. Take it easy on yourself
      作曲:大槻啓之、編曲:Greg Edward・Jeff Daniel・大槻啓之
      「Heaven Knows」のカップリング曲。
    9. Be Wild
      作曲:大槻啓之、編曲:Greg Edward・大槻啓之
    10. Material World
      作曲:大槻啓之、編曲:Greg Edward・Tom Keane・大槻啓之
    11. Monologize
      作曲:増田隆宣、編曲:Greg Edward・Tom Keane・増田隆宣

    参加ミュージシャン[編集]

    • Guitars
    • Bass
      • John Pierce
    • Keyboards
      • Jeff Daniel
      • Tom Keane
      • Charles Judge
    • Drums
      • John Keane
      • Denny Fongheiser
    • Saxophone
      • Gerald Albright
      • David Woodford
    • Trombone
      • Nick Lane
    • Trumpet
      • Steve Madaio