COMMIT (SQL)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

SQLCOMMITステートメントは、関係データベース管理システム(RDBMS)内のトランザクションを終了し、すべての変更を他のユーザーに反映する[1][2]。 一般的な形式として、 BEGIN WORKステートメント、1つ以上のSQLステートメント、そしてCOMMITステートメントを発行する。 COMMITステートメントは、使用中の可能性のある既存のセーブポイントも解放する。これは、 COMMITステートメントが発行されると、トランザクションをロールバックできないことを意味する。

トランザクションに関しては、コミットの反対語はロールバックで、トランザクションの暫定的な変更を破棄することである。

トランザクション、コミット、およびロールバックの概念は、データベースのACIDプロパティの重要な要素である。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ BYHAM. “COMMIT TRANSACTION (Transact-SQL)” (英語). docs.microsoft.com. 2017年9月29日閲覧。
  2. ^ Database SQL Reference” (英語). docs.oracle.com. 2017年9月29日閲覧。