COVER ALL YO!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
COVER ALL YO!
山崎まさよしカバー・アルバム
リリース
録音 BUNKAMURA STUDIO
ジンジャミエール
STUDIO TERRA 3st.
音響ハウス
Green Bird Studio
AVACO CREATIVE STUDIO
Studio Sound Valley
ジャンル J-POP
時間
レーベル ユニバーサルミュージック
プロデュース 山崎将義
チャート最高順位
山崎まさよし 年表
ADDRESS
2006年
COVER ALL YO!,
COVER ALL HO!
2007年
BLUE PERIOD-Complete SOUND+VISION PACKAGE~Limited Edition
2008年
テンプレートを表示

COVER ALL YO!』(カヴァー・オール・ヨォー)は、山崎まさよし初の洋楽カヴァーアルバム。邦楽カヴァー・アルバム『COVER ALL HO!』(規格品番:UPCH-20052)と同時発売された。2007年10月31日発売。制作はNAYUTAWAVE RECORDS、発売・販売元はユニバーサルミュージック。規格品番:UPCH-20051。

解説[編集]

邦楽カヴァー集『COVER ALL HO!』(UPCH-20052)と同時発売された洋楽カヴァー・アルバム。

Daydream Believer」は本アルバム以前から、NTT西日本フレッツ・光」のCMソングとして使用されていたもので、初CD音源化となった。2007年7月29日、グッドウィルドーム(当時の名称)で開催された「Augusta Camp 2007」でも披露されている。

ビートルズの「All My Loving」は、招待制スタジオ・ライブ『おんがく 山崎まさよし』(BS-iで2003年に放送)で歌われたことがある[1]

ほぼ全てのアレンジ・演奏を山崎自身がこなしているが、ゲスト・ミュージシャンを招いた作品もある。 「Just The Two Of US」で共演しているオルケスタ・デ・ラ・ルスは本作品以前にも、10周年記念シングル・ベスト『BLUE PERIOD』(2005年9月21日発売)をリリースした頃に出演したフジテレビ系列音楽番組僕らの音楽2』で「セロリ」をセッションした[2]。他は「#コラボレーション」参照のこと。

初回生産分のみ、三面デジパック仕様。『HO!』と二枚同時に購入すると、先着でCD2作収納可能な三方背スリーブ・ケースが店頭で入手できたほか、抽選で1000名にスペシャルブックレットが当たる応募券付。CDジャケットでは、洋食屋の料理人風コスチュームを着衣しており(初回盤・通常盤ともジャケット写真は共通)、洋食屋(あるいはフランス料理店)のメニュー風のサブタイトルがつけられている。

同年11月5日より、本アルバムに連動したライブ“YAMAZAKI MASAYOSHI COVER HALL TOUR 2007”を実施した。

収録曲[編集]

  1. Englishman In NewYork 〜ロイヤルストリングスとボサノヴァを一緒に
  2. Superstition 〜野趣あふれるアコースティックで
  3. Your Song 〜素材の美味しさをそのままに
  4. True Colors 〜その雰囲気に包まれて
  5. Respect 〜極上グルーヴをレアのままで
  6. Raindrops Keep Fallin' On My Head 〜南国風プレート乗せ
  7. Daydream Believer 〜ウクレレの音色を添えて
  8. When You Gonna Learn 〜このリズムをお好きなだけどうぞ
  9. Just The Two Of US 〜サルサソース仕立て
  10. All My Loving 〜シェフの家ごはん

原曲[編集]

※『』はアルバム名。

コラボレーション[編集]

関連作品[編集]

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 招待制スタジオ・ライブ『おんがく 山崎まさよし』では、ジョージ・マイケルの「Faith」などもカヴァーされた。
  2. ^ オルケスタ・デ・ラ・ルスが2005年7月6日に発表したアルバム『ARCO IRIS』(IOCD-11076)に収録された「地上に砕け散った恋は…」で、コンポーザー及び演奏家として山崎が参加している。
  3. ^ ライヴ“YAMAZAKI MASAYOSHI COVER HALL TOUR 2007”(2007年12月4日、東京公演)より。