CO 移植コーディネーター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
CO 移植コーディネーター
ジャンル テレビドラマ
脚本 秦建日子
生野慈朗
蒲田幸成
猪原健太
清水友佳子
監督 生野慈朗
内片輝
塚原あゆ子
出演者 吉岡秀隆
ユースケ・サンタマリア
音楽 佐藤直紀
製作
プロデューサー 岡野真紀子
制作 WOWOW
放送
放送国・地域 日本の旗 日本
放送期間 2011年3月20日 - 4月17日
放送時間 日曜 22:00 - 23:00
放送分 60分
回数 5
公式サイト
テンプレートを表示

CO 移植コーディネーター』(シーオー いしょくコーディネーター)は、2011年3月20日からWOWOW連続ドラマW枠で放送された連続テレビドラマ。全5話。

キャッチコピーは「臓器移植の、光と闇。」。

概要[編集]

2010年7月に臓器移植法が改正された後の、臓器移植で命をつなぐ職務「臓器移植コーディネーター」を描いた物語。子供の虐待問題や利権を狙う病院側の陰謀など様々な問題が浮かび上がる臓器移植を俎上に、2010年の臓器移植法改正という変化の中で、移植コーディネーターが様々な思惑に振り回されながらも国内初の6歳の心臓移植を成功させるまでを描いた人間ドラマである。

出演[編集]

スタッフ[編集]

15歳未満のドナーによる脳死移植[編集]

2009年に脳死移植を可能とする臓器移植法の改正が行われ、2010年7月17日以降は、脳死移植は本人が提供拒否の意思を示していない限りは、家族の同意が得られれば認められるようになった。これによって、日本国内で15歳未満のドナーの臓器移植が可能となった。ドラマ最終話放映直前の2011年4月13日に、日本で初めて15歳未満のドナーによる脳死移植が行われ、ドラマの主軸の一つである日本初の子供の脳死移植について、ドラマの内容に現実が追いついた形となった。

関連項目[編集]

WOWOW 連続ドラマW枠
前番組 番組名 次番組
幻夜
(2010.11.21 - 2011.1.16)
CO 移植コーディネーター
(2011.3.20 - 2011.4.17)
下町ロケット
(2011.8.21 - 2011.9.18)