CS-PCM音声放送

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

CS-PCM音声放送は、かつて通信衛星を使用して放送されていたデジタル音声放送のことであり、衛星デジタルラジオの一種であった。

概要[編集]

1992年6月に放送開始。開始当初は、2衛星6社、各局3チャンネルの合計18チャンネルで放送されていた。チューナは放送開始と同時期にNECホームエレクトロニクスより発売されたNE-PCM9000が18万円であった。日本においては最終的に、ミュージックバードで10チャンネルを使用して放送が行われていたが、2011年7月31日をもって放送を終了した。音声のサンプリング周波数は、48kHz、または、32kHzである。スクランブル方式はコアテック方式であった。

再編から終焉に至るまで[編集]

  • バブル経済崩壊不況による売り上げ低迷や加入数自体の低迷があったことから、1年後の1993年6月にPCMジャパン及びPCMセントラルが廃局したのを機に、他事業者が相次いで合併し1996年10月にはミュージックバードのみとなってしまう。
  • そのミュージックバードも2011年7月31日をもって、PCM音声放送の終了が発表されて、その後予定通り放送は終了された。理由は暗号用チップの生産終了にともなうチューナー追加生産不能と委託先(財団法人放送セキュリティーセンター)の暗号化業務終了のためである[1]。これにより全てのCS-PCM音声放送が消滅した。奇しくも日本でのアナログBS放送終了と同時期である。(ミュージックバードは現在、SPACE DiVAにて放送を継続中。)

沿革[編集]

会社名 愛称 使用衛星 使用チャンネル番号 放送開始年月日 備考
株式会社ピーシーエムジャパン SOUND AIR P.J スーパーバードB S-10 1992年6月15日 日本テレビ
株式会社ピーシーエムジパングコミュニケーションズ PCM-ZIPANG JC-SAT2 J-6 1992年6月18日 TBS
株式会社ミュージックバード MUSIC BIRD JC-SAT2 J-8 1992年8月3日 TOKYO FM
株式会社サテライトミュージック JC-SAT2 J-8 1992年8月3日 大映(現・角川映画)系
ニッポンミュージックコングレス株式会社 RADIO SKY JC-SAT2 J-6 1992年8月18日 日本ヘラルド映画(現・角川映画)系
ピーシーエムセントラル株式会社 PCMセントラル スーパーバードB S-10 1992年9月1日 中部日本放送
  • 1993年6月4日 PCMジャパン、PCMセントラルが放送終了、7月1日付で事業廃止。スーパーバードBでの放送が消滅。
  • 1994年10月1日 PCMジパングコミュニケーションズとニッポンミュージックコングレスが合併、株式会社ジパングアンドスカイコミュニケーションズ(PCM Z-SKY)として開局。
  • 1995年7月1日 サテライトミュージックがミュージックバードに吸収合併。
  • 1996年10月1日 ジパングアンドスカイコミュニケーションズがミュージックバードに吸収合併。
  • 2002年6月1日 ミュージックバード、PCM音声放送につき電気通信役務利用放送事業へ移行。
  • 2011年7月31日 ミュージックバード、PCM音声放送を停止。同日で日本でのPCM音声放送は全て消滅した。

(使用衛星は2002年6月からJC-SAT2A)

脚注[編集]

  1. ^ PCM放送サービス終了のお知らせ 「株式会社ミュージックバード」2010年8月