CXAM

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
「レンジャー」搭載機(マスト頂部にCXAM-1のアンテナが設置されている)

CXAMは、アメリカ海軍研究所(NRL)が設計した2次元レーダーアメリカ海軍が初めて艦隊配備した対空捜索レーダーである。また本項目では、同系列のSA, SC, SKレーダーについても扱う。

CXAM[編集]

1936年8月、アメリカ海軍は、周波数200メガヘルツ(波長1.5メートル)の実験機であるXAFを製作し、1937年4月より駆逐艦リアリー」に搭載しての洋上試験が開始された。また1938年末には、戦艦ニューヨーク」に搭載されて演習にも参加した[1]

これを元にした実用機としてNRLが開発したのがCXAMである。製造はRCA社が担当して、1940年5月より実艦搭載を開始し、8月までに戦艦「カリフォルニア」など戦艦・航空母艦重巡洋艦 計6隻に搭載された。なお「カリフォルニア」は真珠湾攻撃で大破・着底したが、搭載するCXAMは回収されて、空母「ホーネット」に移設された[2]

また、1941年末からは、反射板をスクリーンとし、アンテナ旋回機構にも改良を加えたCXAM-1の引き渡しが開始され、こちらは1943年まで運用されていた[2]


CXBE (SA)[編集]

CXAMはあまりに大掛かりであり、装備するには巡洋艦以上の大型艦である必要があった。このことから、より小型の艦にも搭載できるよう、アンテナを小型化して開発されたのがSAである。製造は引き続きRCA社が担当しており、1942年9月より引渡しが開始されて、最終的には計400基が生産された。その後、平面位置表示器(PPI)の導入などの改良を加えたSA-2(865基)、SA-3(225基)へと発展した[2]

また、さらにアンテナを1.52 m×1.83 mに小型化、重量45 kgに軽量化したSA-1も配備された。周波数も182 MHz(波長1.65 m)に変更されたが、アンテナの小型化(ビーム幅は45°×52°に太くなった)と相まって方位角精度3°に低下した[2]

CXBD (SC)[編集]

ゼネラル・エレクトリック社によって開発されたCXAMの小型化版がSCである。1941年後半より配備が開始された。また1942年1月には、出力を倍増することで、探知距離をほぼ倍増するなどの改良を加えたSC-1が開発され、既存のSCはいずれもこちらに改装された[2]

その後、SC-1をもとにアンテナを大型化したSC-2(415基生産)、電子防護能力強化などを施したSC-3(200基生産), SC-4(250基生産)が順次に配備されたほか、新開発のSRレーダーの計画遅延のため、さらにSC-5も100基生産された[2]

CXFA (SK)[編集]

ゼネラル・エレクトリック社によって、いわば同社のSC-2をもとにCXAMと同大のアンテナを備えるものとして開発されたのがSKであり、大戦中のアメリカ海軍大型艦の標準的なレーダーとして広く配備された。

また海兵隊の地上配備用レーダーとしてSK-1M(後にAN/MPS-24に改称)も開発・配備されたほか、サイドローブ削減のため、ディッシュアンテナに変更したSK-2,-3も開発・配備された[2]

諸元表[編集]

CXAM SA SC-1 SC-2 SK
周波数 VHF (当時はPバンドと呼称)
200 MHz 220 MHz 195~205 MHz または 215~225 MHz n/a
パルス幅 3マイクロ秒 5マイクロ秒 2~6マイクロ秒 4マイクロ秒 5マイクロ秒
パルス繰返周波数 1,640 pps 60 pps
送信尖頭電力 15 kW 100 kW 200 kW 20 kW 200 kW
アンテナ形式 マットレス型
アンテナ素子 ダイポールアンテナ×15本 ダイポールアンテナ×6本 ダイポールアンテナ×12本 ダイポールアンテナ×36本
アンテナ寸法 5.18 m×5.49 m 2.67 m×1.52 m 2.59 m×2.29 m 4.57 m×1.37 m 5.18 m×5.18 m
アンテナ重量 544 kg 227 kg n/a 1,043 kg
アンテナ利得 40 dB 25 dB 40 dB n/a 90 dB
ビーム幅 幅14°×高さ70° 幅30°×高さ52° 幅30°×高さ40° 幅20°×高さ50° 幅20°×高さ17°
回転速度 5 rpm 1.25 または 5 rpm 5 rpm n/a 4.5 rpm
探知距離 130 km (高度3,048 mのPBYに対して)
93 km (高度3,048 mの戦闘機に対して)
30 km (戦艦巡洋艦に対して)
22 km (駆逐艦に対して)
74 km (爆撃機に対して)
56 km (戦闘機に対して)
22 km (戦艦・巡洋艦に対して)
15 km (駆逐艦に対して)
約110 km (爆撃機に対して)
約90 km (戦闘機に対して)
約40 km (戦艦・巡洋艦に対して)
約10 km (駆逐艦に対して)
148 km (高度3,048 mの爆撃機に対して)
74 km (高度3,048 mの戦闘機に対して)
37 km (主力艦に対して)
185 km (高度3,048 mの爆撃機に対して)
精度 距離300 yd (270 m) 距離100 yd (91 m) / 角度1° 距離100 yd (91 m) / 角度5° 距離100 yd (91 m) / 角度3° 距離100 yd (91 m) / 角度1°
分解能 距離400 yd (370 m) / 角度3° 距離500 yd (460 m) / 角度25° 距離500 yd (460 m) / 角度10° 距離300 yd (270 m) / 角度10° 距離900 yd (820 m) / 角度10°

参考文献[編集]

  1. ^ 野木恵一「艦載レーダーの歩み」、『世界の艦船』第433号、海人社、1991年3月、 69-75頁。
  2. ^ a b c d e f g Norman Friedman (1981). Naval Radar. Naval Institute Press. ISBN 9780870219672. 

関連項目[編集]

  • ウィキメディア・コモンズには、CXAMに関するカテゴリがあります。
  • AN/SPS-29 - 大戦後に開発された新世代のVHF対空捜索レーダー