CYP17A1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
CYP17A1
3ruk.png
PDBに登録されている構造
PDB オルソログ検索: PDBe RCSB
識別子
記号 CYP17A1, CPT7, CYP17, P450C17, S17AH, cytochrome P450 family 17 subfamily A member 1
外部ID OMIM: 609300 MGI: 88586 HomoloGene: 73875 GeneCards: CYP17A1
遺伝子の位置 (ヒト)
10番染色体 (ヒト)
染色体 10番染色体 (ヒト)[1]
10番染色体 (ヒト)
CYP17A1遺伝子の位置
CYP17A1遺伝子の位置
バンド データ無し 開始点 102,830,531 bp[1]
終点 102,837,533 bp[1]
RNA発現パターン
PBB GE CYP17A1 205502 at fs.png
さらなる参照発現データ
オルソログ
ヒト マウス
Entrez
Ensembl
UniProt
RefSeq
(mRNA)

NM_000102

NM_007809

RefSeq
(タンパク質)

NP_000093

NP_031835

場所
(UCSC)
Chr 10: 102.83 – 102.84 Mb Chr 10: 46.67 – 46.67 Mb
PubMed検索 [3] [4]
ウィキデータ
閲覧/編集 ヒト 閲覧/編集 マウス

CYP17A1(シトクロム P450 17A1, steroid 17-alpha-monooxygenase 17α-hydroxylase/17,20 lyase/17,20 desmolase) はヒトにおいてCYP17A1 遺伝子がコードする酵素であり、副腎皮質の網状帯に存在する。シトクロムP450コレステロールステロイドなどの脂質の合成や薬物代謝に関する多くの反応を触媒する。 このタンパクは小胞体に局在し、 17alpha-hydroxylase および17,20-lyase 活性をもち、プロゲスチン、ミネラルコルチコイドグルココルチコイドアンドロゲン、およびエストロゲンを作るステロイド合成経路の鍵酵素である。

特に、CYP17A1は プレグネノロン およびプロゲステロン のステロイドD環の17位の炭素に水酸基を付加 (ヒドロキシラーゼ活性)し, あるいは 17-ヒドロキシプロゲステロンおよび 17-ヒドロキシプレグネノロンに作用してステロイド骨格から側鎖を切り離す(リアーゼ活性)[5]

医学上の重要性[編集]

この遺伝子の変異は弧発性の仮性半陰陽や先天性副腎過形成症などに関連する[6]

アビラテロンという薬はCYP17A1酵素を阻害することでアンドロゲン合成をブロックし去勢抵抗性前立腺癌の治療に用いられる。 アビラテロンはピリジンの窒素においてヘム鉄と結合し基質に似せた構造をとり酵素の活性部位に結合する[7]

ステロイド合成[編集]

17α-hydroxylase はプレグネノロン (Pregnenolone)とプロゲステロン(Progesterone)をその水酸化型に変換し, 17-ヒドロキシプレグネノロン(17OH-Preg)と 17-ヒドロキシプロゲステロン(17OH-Prog)をそれぞれ DHEAアンドロステンジオン(Androstenedione)に変換する。この図の中での下向きの矢印に対応する。
ステロイド合成。左側に 17-alpha hydroxylase活性と17, 20 lyase活性を示す。

参考画像[編集]

参考文献[編集]

  1. ^ a b c GRCh38: Ensembl release 89: ENSG00000148795 - Ensembl, May 2017
  2. ^ a b c GRCm38: Ensembl release 89: ENSMUSG00000003555 - Ensembl, May 2017
  3. ^ "Human PubMed Reference:". 
  4. ^ "Mouse PubMed Reference:". 
  5. ^ Boulpaep EL, Boron, WF (2005). Medical physiology: a cellular and molecular approach. St. Louis, Mo: Elsevier Saunders. p. 1180. ISBN 1-4160-2328-3. 
  6. ^ Entrez Gene: CYP17A1 cytochrome P450, family 17, subfamily A, polypeptide 1”. 2014年8月15日閲覧。
  7. ^ PDB 3ruk; DeVore NM, Scott EE (February 2012). “Structures of cytochrome P450 17A1 with prostate cancer drugs abiraterone and TOK-001”. Nature 482 (7383): 116–9. doi:10.1038/nature10743. PMC 3271139. PMID 22266943. http://www.pubmedcentral.nih.gov/articlerender.fcgi?tool=pmcentrez&artid=3271139. 

Further reading[編集]

  • Miura K, Yasuda K, Yanase T et al. (1996). “Mutation of cytochrome P-45017 alpha gene (CYP17) in a Japanese patient previously reported as having glucocorticoid-responsive hyperaldosteronism: with a review of Japanese patients with mutations of CYP17”. J. Clin. Endocrinol. Metab. 81 (10): 3797–801. doi:10.1210/jc.81.10.3797. PMID 8855840. 
  • Miller WL, Geller DH, Auchus RJ (1999). “The molecular basis of isolated 17,20 lyase deficiency”. Endocr. Res. 24 (3–4): 817–25. doi:10.3109/07435809809032692. PMID 9888582. 
  • Strauss JF (2004). “Some new thoughts on the pathophysiology and genetics of polycystic ovary syndrome”. Annals of the New York Academy of Sciences 997: 42–8. doi:10.1196/annals.1290.005. PMID 14644808. 
  • Haider S, Patel J, Poojari C, Neidle S (2010). “Molecular modeling on inhibitor complexes and active-site dynamics of cytochrome P450 C17, a target for prostate cancer therapy”. J. Mol Biol 400 (5): 1078–098. doi:10.1016/j.jmb.2010.05.069. PMID 20595043.