CYP2D6

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
CYP2D6
CYP2D6 structure.png
PDBに登録されている構造
PDBHuman UniProt検索: RCSB PDBe PDBj
識別子
記号CYP2D6, CPD6, CYP2D, CYP2D7AP, CYP2D7BP, CYP2D7P2, CYP2D8P2, CYP2DL1, CYPIID6, P450-DB1, P450C2D, P450DB1, cytochrome P450 family 2 subfamily D member 6, Cytochrome P450 2D6
外部IDOMIM: 124030 HomoloGene: 133550 GeneCards: CYP2D6
遺伝子の位置 (ヒト)
22番染色体 (ヒト)
染色体22番染色体 (ヒト)[1]
22番染色体 (ヒト)
CYP2D6遺伝子の位置
CYP2D6遺伝子の位置
バンドデータ無し開始点42,126,499 bp[1]
終点42,130,881 bp[1]
RNA発現パターン
PBB GE CYP2D6 207498 s at fs.png

PBB GE CYP2D6 215809 at fs.png
さらなる参照発現データ
オルソログ
ヒトマウス
Entrez
Ensembl
UniProt
RefSeq
(mRNA)

NM_000106
NM_001025161

n/a

RefSeq
(タンパク質)

NP_000097
NP_001020332

n/a

場所
(UCSC)
Chr 22: 42.13 – 42.13 Mbn/a
PubMed検索[2]n/a
ウィキデータ
閲覧/編集 ヒト

シトクロムP450 2D6 (CYP2D6) はシトクロムP450 (CYP) の分子種の一種であり、人体に存在する生体異物英語版代謝する酵素の主要なものの1つである。主要な薬剤としてはタモキシフェンフルボキサミンコデインなどがCYP2D6による代謝を受ける。またCYP2D6により生物活性化される生体内物質が多く有る。

代謝を受ける基質[編集]

CYP2D6により代謝を受ける主な物質は以下のとおりである。

CYP2D6の主な基質
基質 反応
タモキシフェン 4-水酸化
フルボキサミン O-脱メチル
ハロペリドール N-脱アルキル
プロプラノロール 4-水酸化
コデイン O-脱メチル

遺伝子多型[編集]

CYP2D6の変異遺伝子型として多くのものが知られるが、中でもCYP2D6*3CYP2D6*4CYP2D6*5 が酵素活性がない低代謝活性の遺伝子多型である。逆にCYP2D6*1X2CYP2D6*2X2 というような遺伝子が重複した型では普通の人よりもCYP2D6の活性が高い。

リガンド[編集]

CYP2D6の選択的な基質、誘導剤および阻害剤の表を示す。薬剤の種類を記載している場合には、その種類の中でも例外がある可能性がある。

CYP2D6の阻害剤は、その力価[要リンク修正]によって、次のように分類できる。

  • 強力な阻害剤は、血中濃度における曲線下面積(AUC)の値を5倍以上増加させるか、クリアランスを80%以上減少させる[3]
  • 中等度阻害剤は、血中濃度におけるAUC値を2倍以上増加させるか、クリアランスを50~80%減少させる[3]
  • 弱い阻害剤は、血中濃度におけるAUC値を1.25倍以上増加させるか、クリアランスを20~50%減少させる[3]
CYP2D6の選択的誘導剤、阻害剤および基質
基質
は、CYP2D6による生体内活性化による
阻害 誘導

強力

中等度

力価不明

強力

脚注[編集]

  1. ^ a b c GRCh38: Ensembl release 89: ENSG00000100197、ENSG00000275211、ENSG00000280905、ENSG00000282966、ENSG00000283284、ENSG00000272532 - Ensembl, May 2017
  2. ^ "Human PubMed Reference:".
  3. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg bh bi bj bk bl bm bn bo bp bq br bs bt bu bv bw bx by bz ca cb cc cd ce cf cg Flockhart DA (2007年). “Drug Interactions: Cytochrome P450 Drug Interaction Table”. Indiana University School of Medicine. 2008年12月25日閲覧。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af FASS (drug formulary): Swedish environmental classification of pharmaceuticals Facts for prescribers (Fakta för förskrivare), retrieved July 2011
  5. ^ a b PHARMACOGENETICS AND PHARMACOGENOMICS. J. Steven Leeder PharmD, PhD Pediatric Clinics of North America - Volume 48, Issue 3 (June 2001). doi:10.1016/S0031-3955(05)70338-2.
  6. ^ Hydrocodone”. Drugbank. 2011年6月14日閲覧。
  7. ^ Hoskins JM, Carey LA, McLeod HL (August 2009). “CYP2D6 and tamoxifen: DNA matters in breast cancer”. Nat. Rev. Cancer 9 (8): 576–86. doi:10.1038/nrc2683. PMID 19629072. 
  8. ^ “Inhibition of CYP2D6 activity by bupropion”. J Clin Psychopharmacol 25 (3): 226–9. (June 2005). PMID 15876900. http://Insights.ovid.com/pubmed?pmid=15876900. 
  9. ^ Zhang W, Ramamoorthy Y, Tyndale RF, Sellers EM (June 2003). “Interaction of buprenorphine and its metabolite norbuprenorphine with cytochromes p450 in vitro”. Drug Metab. Dispos. 31 (6): 768–72. doi:10.1124/dmd.31.6.768. PMID 12756210. 
  10. ^ a b c d e FASS, The Swedish official drug catalog > Kodein Recip Last reviewed 2008-04-08
  11. ^ Cockshott ID (2004). “Bicalutamide: clinical pharmacokinetics and metabolism”. Clin Pharmacokinet 43 (13): 855–78. doi:10.2165/00003088-200443130-00003. PMID 15509184. 
  12. ^ Foster BC, Sockovie ER, Vandenhoek S, Bellefeuille N, Drouin CE, Krantis A, Budzinski JW, Livesey J, and Arnason JT (2004). “In Vitro Activity of St. John's Wort Against Cytochrome P450 Isozymes and P-Glycoprotein”. Pharmaceutical Biology 42 (2): 159–169. doi:10.1080/13880200490512034. 
  13. ^ He N, Zhang WQ, Shockley D, Edeki T (February 2002). “Inhibitory effects of H1-antihistamines on CYP2D6- and CYP2C9-mediated drug metabolic reactions in human liver microsomes”. Eur. J. Clin. Pharmacol. 57 (12): 847–51. doi:10.1007/s00228-001-0399-0. PMID 11936702. 

参考文献[編集]

  • 加藤隆一ら 『薬物代謝学』~医療薬学・医薬品開発の基礎として~第3版,東京科学同人 ISBN 978-4-8079-0711-3

関連項目[編集]