Category:集合論

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

集合論に関するカテゴリ。

  • 集合論とは、数学において微妙に異なる種類の事柄を指す。
    • 素朴集合論は、19世紀末に数学者によって開発された集合論の原典であり、集合を単に事柄の集合として扱ったものである。
    • 公理的集合論は、ラッセルのパラドックスのような素朴集合論における重大な欠陥の発見に対応して開発された厳密な公理的理論である。それは集合を「公理を満たすもの」として扱い、オブジェクトの集合という概念は公理の動機となるだけである。
    • 内部集合論 (en:Internal set theory)は、集合論の公理的拡張であり、それは実数の範囲内に無限定 (illimited 非常に大きい)と無限小の要素の無矛盾な同定 (identification)をサポートする。
(ファジー論理とファジー集合など) 様々な論理が、集合の種類と関連付けられている。(英語版より)

下位カテゴリ

このカテゴリには下位カテゴリ 16 件が含まれており、そのうち以下の16 件を表示しています。

Σ

  • 無限(3サブカテゴリ、33ページ)

カテゴリ「集合論」にあるページ

このカテゴリには 91 ページが含まれており、そのうち以下の 91 ページを表示しています。