Chou-fleur

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Chou-fleur
岡村孝子スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル ファンハウス
プロデュース Takako Okamura
Yukio Hiasa
チャート最高順位
岡村孝子 アルバム 年表
After Tone II
1990年
Chou-fleur
(1991年)
mistral
1992年
『Chou-fleur』収録のシングル
テンプレートを表示

Chou-fleur』(シュー・フルール)は、岡村孝子の通算7枚目のオリジナルアルバム。1991年7月17日発売。発売元はファンハウス(現・ソニー・ミュージックレーベルズ)。

解説[編集]

2作目のセレクション・アルバム『After Tone II』(1990年12月5日発売)を挟んでリリースされた、7枚目のオリジナル・アルバム。タイトルの“シュー・フルール” とは、フランス語で「花野菜」という意味で、花野菜とはカリフラワーの別名である。

前作アルバム『After Tone II』に引き続き、オリコンアルバムヒットチャートの第1位を獲得した(7月29日付)。1988年7月1日発売の4枚目のアルバム『SOLEIL』から5作連続の1位を達成し、1991年のオリコン年間アルバムヒットチャートの第21位にランクされた。

14枚目のシングルの「Good-Day 〜思い出に変わるならば〜」(1991年5月23日発売)はアルバム・バージョンで収録されている。この楽曲は、日本テレビ系で放送されたテレビドラマ・スペシャル『五月の風〜ひとりひとりの二人』(出演:鈴木保奈美松下由樹風間トオル他)の主題歌である。同ドラマでは、挿入歌にも岡村の楽曲が使用された。

収録曲のうち「愛を急がないで」は、テレビ東京系ドラマ『幸せを急がないで 派遣OL恋物語』(1992年1月 - 3月、日曜21時放送。出演:鷲尾いさ子布施博他)の主題歌である。のちに第一生命のコマーシャルソングにも起用され、翌年4月29日に15枚目のシングル「ミストラル 〜季節風〜」のカップリング曲としてシングルカットされている。

前作まで、ほぼ全てのアレンジは萩田光雄田代修二が担当していたが[1]、本作から清水信之を新たに起用している。

「OKAMURA TAKAKO CONCERT TOUR '91 SUMMER&FALL Chou - fleur」(25会場30公演)が催された。

2001年6月20日には、価格を改定したリニューアル盤が再発売された(規格品番:FHCF-2517)。

収録曲[編集]

  1. もっと自由に(5:09)
  2. 永遠の灯(5:33)
  3. 愛を急がないで(5:47)
    • 15thシングル「ミストラル 〜季節風〜」のカップリング曲。
    • テレビ東京系テレビドラマ『幸せを急がないで 派遣OL恋物語』主題歌。
  4. 白い世界(5:25)
  5. ポプラ(5:40)
    • 岡村が同曲をコンサートで歌う際、“カニ歩き→屈伸”風の振付に場内がウケることがある[2]
  6. Good-Day 〜思い出に変わるならば〜(Album Version)(4:58)
    • 14thシングル。カップリングは当楽曲のオリジナル・カラオケ。
    • 日本テレビ系スペシャル・ドラマ『五月の風〜ひとりひとりの二人』主題歌。
    • シングルとしてリリースされたバージョンから、ヴォーカルが録り直されている。
  7. 恋の行方(5:14)
  8. 宇宙の片すみ(4:54)
  9. 新しいスタート(4:53)
全作詞・作曲: 岡村孝子
編曲: 萩田光男 M-3・4・7・8 、田代修二 M-2・9 、清水信之 M-1・5・6

関連作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 3枚目のシングル「はぐれそうな天使」のアレンジは船山基紀による。
  2. ^ 「ポプラ」を歌う際の振付は、あみん再結成コンサートにおける「世界中メリークリスマス」歌唱時の、加藤晴子ソロパートの部分でも披露している。2007年12月19日発売のDVD『25th Anniversary Aming Concert Tour 2007 In the prime 〜ひまわり〜』で試聴可能。なお、岡村のライヴ作品『Encore IV 〜Smile for You〜』には「ポプラ」のダンス練習シーンが映像化されている。