CiNii

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
CiNii
CiNiiのロゴ
CiNiiのロゴ
URL
CiNii Articleshttp://ci.nii.ac.jp/
CiNii Bookshttp://ci.nii.ac.jp/books/
CiNii Dissertationshttp://ci.nii.ac.jp/d/
タイプ
CiNii Articles
学術論文データベース
CiNii Books
総合目録データベース
CiNii Dissertations
博士論文データベース
分野
CiNii Articles
日本国内の学協会学術雑誌・大学紀要など
CiNii Books
主に日本国内の大学図書館等の蔵書の書誌情報・所蔵情報
CiNii Dissertations
日本国内の博士論文
使用言語 日本語
閲覧 無料
著作権 コピーライト
運営元 国立情報学研究所
営利性 なし
現状 稼動中

CiNii(サイニィ、Citation Information by NII)は、国立情報学研究所(NII、National institute of informatics)が運営する学術論文や図書・雑誌などの学術情報データベース。「CiNii Articles」「CiNii Books」「CiNii Dissertations」の3つのデータベースからなる。

2004年8月に、「GeNii」(ジーニイ、NII学術コンテンツ・ポータル。2014年3月廃止)のコンテンツの一つとして、「CiNii」(NII論文情報ナビゲータ)の試行運用が開始された。これが現在の「CiNii Articles」であり、2011年11月に「Webcat」の後継サービスである「CiNii Books」が新設されることに伴い、従来の「CiNii」が「CiNii Articles」に改称された。2015年6月には博士論文を対象とする「CiNii Dissertations」が新設された(博士論文は、2013年4月の学位規則改正によりインターネット公開が義務化されている)。

「CiNii Articles」で本文が提供されている論文は無料(オープンアクセス)のもののみで、CiNii Articles内に本文がない場合でも、機関レポジトリCrossRefなど外部サイトへのリンクが提供されている。以前は有料の論文もあり、図書館や大学等に対してはそれらも一定の範囲で閲覧可能な「機関定額制」が用意されていたが、2017年3月に電子図書館(NII-ELS)事業が終了することにともない、CiNii Articlesにおける有料コンテンツの提供(個人ID、従量課金、機関定額制)は終了した。

CiNii Articles および CiNii Dissertations の各論文には、CiNii内固有のIDである、NII論文ID(NAID)が割り当てられている[1]。このIDによって、その論文の詳細表示画面を開くことができ、例えば、南部陽一郎の『新粒子について』のNAIDは、110002073474であるので、URLは「http://ci.nii.ac.jp/naid/110002073474」となる。

CiNii Articles および CiNii Books ではNII書誌ID(NCID:NACSIS-CATの書誌レコードID)が利用されている。このIDによって、その書籍の詳細表示画面を開くことができ、例えば、佐佐木信綱の新訂『新訓 万葉集』上巻および下巻のNCIDは、BN02932172であるので、URLは「http://ci.nii.ac.jp/ncid/BN02932172」となる。

2016年11月30日、運営元である国立情報学研究所はCiNii Booksと国立国会図書館デジタルコレクションとの連携機能を追加し、これによりCiNii Booksに収録されている書籍・雑誌約76万件を検索した際、国立国会図書館デジタルコレクションへのリンクが表示され、本文が閲覧可能となる[2]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]