cinema

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
本来の表記は「cinéma」です。この記事に付けられた題名は、技術的な制限により、記事名の制約から不正確なものとなっています。
cinéma
岩崎宏美スタジオ・アルバム
リリース
ジャンル 歌謡曲
レーベル ビクター音楽産業
チャート最高順位
  • LP 40位(オリコン)
  • CT 40位(同)
  • CD 40位(同)
岩崎宏美 年表
戯夜曼
(1985年)
cinéma
(1985年)
わがまま
(1986年)
『cinéma』収録のシングル
  1. 月光
    リリース: 1985年10月21日
テンプレートを表示

cinéma』(シネマ)は、岩崎宏美の16枚目のオリジナル・アルバム。1985年11月21日発売。発売元は、ビクター音楽産業

規格品番SJX-30283(レコード)/VDR-1111(CD)

解説[編集]

  • 映画タイトルを捩ったもの、女優の名前をタイトルに入れたものなど、映画にちなんだ曲を中心に収録している。
  • この年のオリジナル・アルバム発売は本作が2枚目だったが、年2枚のリリースは1982年以来3年ぶりであった。
  • 2007年紙ジャケットで復刻された際には、日本テレビ『火曜サスペンス劇場』の主題歌で12インチ盤で発売された38枚目のシングル「25時の愛の歌」(1985年12月16日)と、過去のヒット曲(B面に収録の2曲を含む)のオリジナル・カラオケ8曲がボーナス・トラックとして収録された。

収録曲[編集]

オリジナル盤[編集]

  1. 星に願いを
  2. 慕情
    • 作曲:奥慶一
  3. そのとき彼女はジーンセバーグ
    • 作曲:奥慶一
  4. ジェラシーの鍵貸します
  5. シンデレラ・ラッシュアワー
    • 作曲:中崎英也
  6. chapter Ⅱ
    • 作曲: 山川恵津子
  7. 月光
  8. 夏の手紙は書かないで
    • 作曲: 山川恵津子
  9. 一夜の恋
    • 作曲:奥慶一
  10. クローズ・アップ
    • 作曲:奥慶一
  11. さよならは2度ベルを鳴らす
    • 作曲:奥慶一

CD(2007年盤)[編集]

  1. 星に願いを
  2. 慕情
  3. そのとき彼女はジーンセバーグ
  4. ジェラシーの鍵貸します
  5. シンデレラ・ラッシュアワー
  6. chapter Ⅱ
  7. 月光
  8. 夏の手紙は書かないで
  9. 一夜の恋
  10. クローズ・アップ
  11. さよならは2度ベルを鳴らす
  12. 25時の愛の歌ボーナス・トラック
  13. 未来(オリジナル・カラオケ)(ボーナス・トラック)
  14. 夏からのメッセージ(オリジナル・カラオケ)(ボーナス・トラック)
    • 作曲・編曲: 筒美京平
  15. 霧のめぐり逢い(オリジナル・カラオケ)(ボーナス・トラック)
    • 作曲・編曲: 筒美京平
  16. 感傷時代(オリジナル・カラオケ)(ボーナス・トラック)
    • 作曲・編曲:筒美京平
  17. ドリーム(オリジナル・カラオケ)(ボーナス・トラック)
    • 作曲・編曲: 筒美京平
  18. 想い出の樹の下で(オリジナル・カラオケ)(ボーナス・トラック)
    • 作曲・編曲: 筒美京平
  19. 悲恋白書(オリジナル・カラオケ)(ボーナス・トラック)
  20. 熱帯魚(オリジナル・カラオケ)(ボーナス・トラック)