Circle (おニャン子クラブのアルバム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Circle
おニャン子クラブスタジオ・アルバム
リリース
ジャンル アイドル歌謡曲
時間
レーベル キャニオン・レコード
チャート最高順位
おニャン子クラブ 年表
おニャン子Sailing夢工場'87LIVE
(1987年)
Circle
(1987年)
おニャン子クラブ ベスト
(1987年)
テンプレートを表示

Circle』(サークル)は、おニャン子クラブ通算5枚目のスタジオ・アルバム。1987年8月5日発売。発売元はキャニオン・レコード

解説[編集]

おニャン子クラブにとって最後のオリジナル・アルバムであり、全曲新曲で構成された2枚組。2枚の内訳は下記の通り。

  • Disc 1は、ソロユニット・卒業生によるオムニバス新曲集。基本的にソロデビュー・シングル発表者順に収録されているほか、おニャン子クラブの総合プロデューサー的存在であった秋元康が、作詞で一切関わっていない点が特徴として挙げられる。ソロ・デビュー第1号となった河合その子は、自ら作曲した楽曲が収録された。
  • Disc 2は、当時の現行おニャン子クラブ・メンバーによる新曲集になっている。Disc 1と異なり、全曲の作詞を秋元康が担当した。収録曲のうち、数曲が同年9月開催の「おニャン子クラブ全国横断ファイナルコンサート」でも披露されている。

収録曲[編集]

Disc 1[編集]

  1. サークル(Opening)
  2. プリズム
  3. 碧いスケッチ
  4. 恋のミスマッチ
  5. 圧巻! FLASH UP
    • 作詞: 谷穂ちろる、作曲・編曲: 難波正司
    • 歌: 国生さゆり
  6. ONE WAY ROAD
  7. 寒い8月
  8. こんな空の下で
  9. 季節のノック
    • 作詞: 和泉ゆかり、作曲・編曲: 後藤次利
    • 歌: 渡辺美奈代
  10. 次のページを開いて
    • 作詞: 麻生圭子、作曲: 岸正之、編曲: 山川恵津子
    • 歌: 渡辺満里奈
    この曲は1ヶ月後に発売された『Evergreen』の8曲目に収められている。
  11. 風に抱かれて
    • 作詞: 麻生圭子、作曲: 黒住憲伍、編曲: 国吉良一
    • 歌: 内海和子
  12. ちょっとほの気のタイミング
  13. 雲の上はいつも
    エンディングが次曲と繋がっていない単体ヴァージョンがある[1]
  14. サークル(Ending)

Disc 2[編集]

  1. ONE NIGHT ONLY
  2. シンデレラのシューズ
  3. 真赤なミニスカート
    • 作詞: 秋元康、作曲: 見岳章、編曲: 鷺巣詩郎
    • ボーカル: 岩井由紀子・渡辺美奈代・渡辺満里奈
  4. 黄昏にキスをしないで
  5. 雨のあやとり
  6. 割ってしまった卵
    • 作詞: 秋元康、作曲・編曲: 後藤次利
    • ボーカル: 岩井由紀子・渡辺美奈代
  7. 風の物語
  8. 白いコスモスの頃
    • 作詞: 秋元康、作曲: 高橋研、編曲: 佐藤準
    • ボーカル: 富川春美・城之内早苗・工藤静香
  9. 未完成なジグソーパズル
    • 作詞: 秋元康、作曲・編曲: 後藤次利
    • ボーカル: 永田ルリ子・白石麻子・布川智子
  10. 赤道探検隊
    • 作詞: 秋元康、作曲: 小森田実、編曲: 清水信之
    • ボーカル: 横田睦美・布川智子・渡辺満里奈・貝瀬典子・斉藤満喜子
  11. 間に合うかもしれない
    • 作詞: 秋元康、作曲: 高橋研、編曲: 佐藤準
    • フロントボーカル: 富川春美・横田睦美・吉見美津子・杉浦美雪
  12. STAGE DOOR
    • 作詞: 秋元康、作曲・編曲: 後藤次利

関連作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「雲の上はいつも(単体ヴァージョン)」は、おニャン子クラブのCD-BOXおニャン子クラブ大全集 for HiQualityCD 上・下巻 限定CD-BOX』のほか、2008年7月16日に再発売されたうしろ髪ひかれ隊の2ndアルバム『Myこれ!チョイス 16 BAB+シングルコレクション』にも収録されている。