Core Image

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動

Core Imageコア・イメージ)は、AppleのOS(macOSiOSiPadOStvOS)を構成するフレームワークの一つで、GPUプログラマブルシェーダーを用いて画像・動画のフィルタ処理をリアルタイムで行うコンポーネント及びAPIである。なおプログラマブルシェーダーをもたない環境では、CPUで処理が行われる。


概要[編集]

Core ImageはMac OS X v10.4で導入された。

Core Audioと同様に、Image Unit(イメージユニット)と呼ばれるプラグイン形式の画像処理フィルタや、カスタムフィルタを組み合わせることにより、画像の加工・解析を容易に行うことができる。特徴的な機能としては、バーコード二次元コードの読み取りや、顔認識クロマキー合成・画像の自動補正などがある。各ピクセルの値は、整数ではなく、単精度浮動小数点数で処理されるため、非常に正確な演算結果が得られる。

シェーディング言語にはOpenGL規格で標準化されているGLSLが用いられる[1]


脚注[編集]

[脚注の使い方]

関連項目[編集]