Cranberry Soda

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
Cranberry Soda
河村隆一EP
リリース
ジャンル J-POP
時間
レーベル gai RECORDS
プロデュース 河村隆一
チャート最高順位
河村隆一 年表
Cranberry Soda
(1997年)
Love
(1997年)
テンプレートを表示

Cranberry Soda』(クランベリー・ソーダ)は、日本の男性歌手河村隆一ミニアルバム1997年6月21日にリリースされた。

概要[編集]

河村隆一がソロデビューしてから発売された作品としては初のアルバム作品。元SOFT BALLET藤井麻輝との共作。

本作発売の5か月後に発売された、『Love』がオリジナルアルバム扱いながら、収録曲の半分以上が既存楽曲で占められているのとは対照的に、本作の収録曲にシングルA面曲・カップリング曲・他の歌手への提供楽曲は一切ない。

オリジナル曲のみの収録ではあるが、70万枚を超える売り上げを記録している。


収録曲[編集]

  1. TWINKLE
    (作詞・作曲:河村隆一 編曲:藤井麻輝
  2. BALLOON
    (作詞・作曲:河村隆一 編曲:河村隆一、難波正司)
    1997年のツアー鼓動日本武道館公演では飛び跳ねるようにしてうたっていた。「Love」に収録されたLive音源である「でも淋しい夜は... 」のアウトロで、この曲のイントロが流れている。
  3. ORANGE
    (作詞・作曲:河村隆一 編曲:菊地大輔)
    のちに同名のアルバムが発売される。
  4. REAL
    (作詞・作曲:河村隆一 編曲:菊地大輔)
  5. RED
    (作詞・作曲:河村隆一 編曲:藤井麻輝 (STRINGS ARRANGE:大島ミチル))
    アルバムに収録されているバージョンとは違う「ノイジーバージョン」も制作時には存在していた。
  6. DEMO
    (作曲:河村隆一)
    名前の通り「デモテープ」をそのまま収録した作品。LUNA SEAは常に完成されたものを作品にしていたが、ソロなので未完成なものを発表するという挑戦をしてみたかったと河村本人が語っている。また、このデモ音源はフルアルバムにて完成形を発表すると公言し、予告通り「でも淋しい夜は... 」の名前で発表された。ラジカセで録ったような風合いの曲で、収録時間も1分50秒程と本作の収録曲最短である(なお、完成版はイントロなどを含めると4分半近い長さになっている)。インストではないが歌詞はなく全編「ラララ」で歌われている。
  7. SE,TSU,NA,
    (作詞・作曲:河村隆一 編曲:菊池大輔)
    シングル曲ではないがベストアルバムに収録された。

脚注[編集]