Crispy!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
Crispy!
スピッツスタジオ・アルバム
リリース
録音 1993年4月7月
ジャンル ポップ、ロック
時間
レーベル ポリドール
プロデュース 笹路正徳スピッツ
チャート最高順位
  • 27位(オリコン
  • 登場回数17回(オリコン)
ゴールドディスク
スピッツ 年表
惑星のかけら
1992年
Crispy!
1993年
空の飛び方
1994年
『Crispy!』収録のシングル
  1. 裸のままで
    リリース: 1993年7月25日
  2. 君が思い出になる前に
    リリース: 1993年10月25日
  3. 夢じゃない
    リリース: 1997年4月23日
テンプレートを表示

Crispy!』(クリスピー)は、日本ロックバンドスピッツの通算4作目のオリジナルアルバム1993年9月26日ポリドールより発売。

概要[編集]

デビュー3年目、前作までの売り上げ不振を受け「そろそろ結果を出さなくてはいけない」というプロとしての責任感をメンバーが感じ始め、売れる物を作るべく初めて外部プロデューサーとして笹路正徳を迎えた。笹路のオーバープロデュース的な作風となり、シンセサイザーホーンを大々的に取り入れたポップな仕上がりになっている。草野の書く楽曲も売れ線を狙ったものが多く、メンバー曰く「『オーロラになれなかった人のために』よりこちらの方が草野のソロ色が強い」という。

発売当初はチャート入りは果たせなかったが、バンドのブレイク後、ランクインを果たした。売れるための作品創りはメンバーの意向であったため批判はある程度予測できたものの、むしろ売れなかったことに草野が「自分の曲や声は一般受けしない」と思い込み、大いに落胆した(メンバー曰く「だいぶひどかった」)。しかし、本アルバムよりシングルカットされた「君が思い出になる前に」がチャートインしたため、売れるという目的は果たすことができたとし、以後の笹路との方針は少し変わっていく。

ジャケット写真インディアンのメイクを施した草野である。

このアルバムから田村の名前の表記が「アキヒロ」から本名の「明浩」になった。

現在オリジナル盤は廃盤となり、LAのエンジニア、スティーヴン・マーカッセンによりリマスタリングを施して、2002年10月16日に再発。音楽評論家田家秀樹によるライナーノーツが封入されている。

収録曲[編集]

  1. クリスピー (3:05)
    作詞・作曲:草野正宗 / 編曲:笹路正徳スピッツ
    アルバムタイトル曲。バンド名候補でもあった。
  2. 夏が終わる (4:09)
    作詞・作曲:草野正宗 / 編曲:笹路正徳 & スピッツ
    AOR的なサウンドを特徴としており、三輪は歌詞が付く前から「これまでのスピッツにはなかった曲で新鮮だった」と語る。後に7thシングルとしてシングルカットされた「君が思い出になる前に」にカップリング曲として収録された。2013年開催の横浜サンセットで久々に演奏された際、草野は「『暑すぎた夏』を見越して歌詞を書いたのに、この曲が制作された1993年当時の夏は記録的な冷夏だった」というエピソードを、思い出の一つとして挙げている。
  3. 裸のままで (4:45)
    作詞・作曲:草野正宗 / 編曲:笹路正徳 & スピッツ
    6thシングル。笹路と初めてレコーディングした曲。
  4. 君が思い出になる前に (5:03)
    作詞・作曲:草野正宗 / 編曲:笹路正徳 & スピッツ
    後に7thシングルとしてリカット。その際にバンドのシングルとしては初のオリコンチャート入りを果たす。
  5. ドルフィン・ラヴ (4:06)
    作詞・作曲:草野正宗 / 編曲:笹路正徳 & スピッツ
    ジミ・ヘンドリックスを意識している。そのため仮タイトルは「ジミヘン」。
  6. 夢じゃない (4:27)
    作詞・作曲:草野正宗 / 編曲:笹路正徳 & スピッツ
    1997年に16thシングルとしてリカット。シングルとして発売されたものは、本アルバムに収録されたものとは別バージョン。辺見えみりが1996年のアルバム『流れ星』でカバーしている(詳細はこちらも参照)。
  7. 君だけを (5:26)
    作詞・作曲:草野正宗 / 編曲:笹路正徳 & スピッツ
    三輪曰く「メタルのバラード」。後に16thシングルとしてリカットされた「夢じゃない」のカップリングとして収録された。
  8. タイムトラベラー (4:04)
    作詞・作曲:草野正宗 / 編曲:笹路正徳 & スピッツ
    母性がテーマ。森高千里に雰囲気の似た曲があったため、仮タイトルは「森高」。
    奈良テレビ『気ままに駅サイト!』のエンディングテーマに起用された。
  9. 多摩川 (3:28)
    作詞・作曲:草野正宗 / 編曲:笹路正徳 & スピッツ
    スローナンバー。ギターは全編にわたってアルペジオで演奏されている。アニメ『ハチミツとクローバー』の挿入歌として使用された。
  10. 黒い翼 (5:19)
    作詞・作曲:草野正宗 / 編曲:笹路正徳 & スピッツ
    町支寛二がコーラスで参加している。

アナログ盤[編集]

  • Spitz Analog Disc Collection Vol.4として、アナログ盤1997年4月4日にリリースされた。
  • レッド・クリア・ビニール仕様。
  • 小沢真理によるオリジナルコミック(イラスト)を収録。
  • 曲順、構成は以下の通り。
Side ONE
  1. 裸のままで
  2. 夏が終わる
  3. 君が思い出になる前に
  4. ドルフィン・ラヴ
  5. 黒い翼
Side TWO
  1. クリスピー
  2. 夢じゃない
  3. 多摩川
  4. 君だけを
  5. タイムトラベラー

関連項目[編集]