Czecho No Republic

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
検索に移動
Czecho No Republic
出身地 日本の旗 日本 東京都
ジャンル ポップ・ロック
活動期間 2010年 -
レーベル mini muff records
(2011年 - 2012年)
日本コロムビア
(2013年 - 2015年)
TRIAD
(2015年 - 2019年)
mini muff records
(2019年 - )
事務所 murffin discs
公式サイト c-n-r.jp
メンバー 武井優心(ベースボーカル
山崎正太郎(ドラムスコーラス
砂川一黄(ギター・コーラス)
タカハシマイ(ギター・シンセサイザー・コーラス)
旧メンバー 八木類(ギター・シンセサイザー・コーラス)
吉田アディム(ギター)

Czecho No Republic(チェコ・ノー・リパブリック)は、日本バンド。現在のメンバーは武井優心、山崎正太郎(ex.ロマンス)、砂川一黄、タカハシマイの4人。所属レーベルはmini muff records。

概要[編集]

  • 2010年に元Veni Vidi Viciousの武井優心と山崎正太郎の2人を中心に結成された。もともとはバンドの活動休止によるスケジュールの穴を埋めるべく活動を続けた二人が後処理のために結成したもので、本人たちはいわば消化試合のつもりだった[1]
  • バンド名の“チェコ”は、語感の響きの良さ、志向する音楽の方向性などから命名[1]

メンバー[編集]

武井 優心 (たけい まさみ、ボーカルベース

Veni Vidi Viciousの元ベーシスト及びThe Mirrazの元サポートベーシスト。
ほとんどの楽曲の作詞作曲を手掛けている、バンドの中心的存在。
ルーツミュージックはThe Strokes[2]
音楽にはまったきっかけのアーティストスピッツ。中学生の頃に音楽番組に出演していた彼らを見て「自分もバンドを組みたい」と思い、そこから色々な音楽を聴いていくうちにパンクに出会い、価値観が大きく変わった。THE HIGH-LOWS甲本ヒロト真島昌利が大好きで、彼らが好んで聴いていた音楽ジャンルや敬愛しているバンドの楽曲を聴くようになり、「パンク以外はかっこよくない」、「アコギ使うなんてダサイ」と思っていた時期もあった[3]
初めてオリジナル曲を書いたのは高校生の頃で、当時のバンド仲間がギターで適当にコードを弾き、武井がメロディーをつけた。出来上がったものはラモーンズのようなポップパンク風の曲だった。それ以降は全く曲作りをしていなかったが、前バンドの頃からまた曲を作り始め、それを初めて人に聴かせたのはチェコが活動開始する時だった[3]
高校時代は赤髪がトレードマーク。また、3年間ラグビー部に所属していた。
2014年5月、『AXドリンクバイトクビになった武井がついに演者として帰ってきた!最初で最後!武井のAX帰還ギグ!〜そして伝説へ〜』というタイトルのワンマンを開催[注 1]
Veni Vidi Viciousのベーシスト時代はアフロヘアーだった。好物は納豆ガリ小籠包
2014年4月から2015年3月24日までの『Czecho No Republicのオールナイトニッポン0』においてメンバーで唯一全ての回に出演。同番組で知り合ったR藤本と親交が深い。
2019年7月7日、同バンド内のタカハシマイと結婚したことを発表した。

山崎 正太郎(ex.ロマンス) (やまざき しょうたろう、ドラムスコーラス

Veni Vidi Viciousの元ドラムス。
ルーツミュージックはDeerhoof[2]
THE YELLOW MONKEYの大ファンで、2015年10月の『フジソニック2015』では、THE YELLOW MONKEYのボーカル・吉井和哉バックバンドを務めた[4]
ある日寝坊をしてしまい、バンドのスタジオ練習に行かなかったことがあった。その後、罰として、2014年5月のSHIBUYA-AXワンマンライブのステージ上で、自慢の長髪を切り落として丸坊主となった。これは当時、一部からの「Czecho No Republicはキラキラしている美男美女のバンド」という評価にメンバーが違和感を覚えていたことへのアンチテーゼの意味も含まれていたという。ちなみにバリカンの刃を入れたのはギターの砂川。
ケーキ屋で働いていたことがあり、メッセージプレートのデコレーションが出来る。ライブのウェルカムボードキャンディチョコペンで字を書いて作ったり、『COUNTDOWN JAPAN2012』出演時に、武井のバースデーをサプライズで祝った時のケーキにも同様にメッセージを描いて贈った(『CNRMAGAZINE Vol.2』,武井優心執筆CNRブログより)。
2016年1月7日、Ustream配信番組『チェコノーリパブリックのやっぱ葉巻でしょ』にて山崎正太郎→ロマンスに改名。以後、禁煙中に喫煙をすると改名していく。

砂川 一黄 (すながわ かずき、ギター)

2012年8月よりサポートメンバーとして参加。2013年1月に正式加入。caroline rocksの元メンバー。The sisiというバンドのボーカル・ギターとしても活動。吉田アディムが脱退するタイミングでCzecho No Republicのマネージャーの飲み友達だった砂川に話が渡り、加入に至る。
ルーツミュージックはTHE DRUMS[2]
THEE MICHELLE GUN ELEPHANTの大ファンで、ギターのカッティングはそのギタリストだったアベフトシに影響を受けている[4]
Fender Japan Telecasterを愛器として使用。『JV Serial』と呼ばれる1984年製で、ボディアルダー指板ローズウッドという通常仕様。ブリッジオクターブチューニングが合うように、3連から6連へと変更してある。
バンドのムードメーカーで弄られ役。『Czecho No Republicのオールナイトニッポン0』においては、砂川先生、ハワイアンてつや、人気DJ、毒ガスくんなど多くのキャラクターになった。特に番組開始当初から砂川先生の呼び名が定着し、『Oh Yeah!!!!!!!』初回限定盤の特典として砂川先生ボイスキーホルダーが配布された。
空手の有段者であり、黒帯を所持している(『Czecho No Republicのオールナイトニッポン0』にて)。

タカハシ マイ (たかはし まい、コーラス・ボーカル・シンセサイザー・パーカッション

2012年8月よりサポートメンバーとして参加。2013年1月に正式加入。
アーティストとしての活動の一方で、モデルとしての顔も持つ。チェコのライブにはタカハシのスタイルオマージュした女性ファンの姿も見られる。
ルーツミュージックはMum[2]
幼い頃から歌うのが大好きで、学校でも声楽の授業を楽しみにしていた。音楽にはまったきっかけのアーティストは小学6年生の頃に出会った椎名林檎。それまで全く聴いたことのない音楽だったために衝撃を受け、椎名が紹介していたRadiohead浅井健一ビョークなどを聴くようになった。また同時期にファッションにも興味を持つようになり、7歳年上の従姉妹が雑誌『Zipper』を参考に古着を着こなしている姿が格好良く見え、個性的な服に興味が湧いたという。しかし親がすごく厳しかったので、こっそり一人で原宿に買い物に行っていた[3]
曲作りを始めたのは高校生の頃。当時、THEE MICHELLE GUN ELEPHANTなどのガレージロックを好んで聴いていた。男子ばかりのメンバーとバンドも組んでいた。バンドではボーカルを務め、タカハシががなるように叫ぶ感じの楽曲を演奏していた[3][4]。バンドは18歳のときに解散し、その後はしばらく1人で歌っていた[5]
18歳の頃から武井と親交がある。Czecho No Republicとしての最初のミニアルバム『erectionary』をタワーレコード限定でリリースした後、女性ボーカルを探していた武井に知人が紹介した。以後、インディーズシングル『Casually』から全作品、コーラスとして参加することになる[3]
当時、別の会社からソロシンガーとしてメジャーデビューすることが内定していたが、自分がやりたい音楽ができない環境となるため思い悩み、武井や友人のBŌMIに相談した結果、ソロデビューの話を白紙に戻してチェコに加入することにした[3]

過去のメンバー[編集]

吉田 アディム (よしだ あでぃむ、ギター)

2010年4月加入。 2012年8月25日脱退。父親がタンザニア人で母親が日本人のハーフ
脱退後もメンバーと交流は続いており、グッズ等のイラストを描くなど、裏方として活動。

八木 類 (やぎ るい、ギターシンセサイザー・コーラス)

2011年2月加入。2018年4月9日脱退[6]
ルーツミュージックはof Montreal[2]

来歴[編集]

2010年[編集]

  • 3月 - 元Veni Vidi Viciousのベース武井優心とドラムスロマンス(ex.山崎正太郎)を中心に結成。同月31日下北沢にて初ライブ。
  • 4月 - サポートギターで参加した吉田アディムが正式加入。
  • 5月 - 武井と吉田アディムがThe Mirrazのサポートメンバーとしてツアーに参加。
  • 11月 - インディーレーベル「Muffin Discs」から『erectionary』をタワーレコード限定リリース。
  • 11月 - The Mirrazのオープニングアクトとしてツアーに参加。

2011年[編集]

  • 2月 - サポートギターで参加していた八木類が正式加入。
  • 6月 - 初の全国流通となる4曲入りシングル『Casually』をリリース。
  • 10月 - 1stアルバム『Maminka』をリリース。全国7か所で「母なる大地ツアー」と題したリリースツアーを行う。
  • 10月 - 25日放送の日本テレビ「音龍門Baby Dragon's Gate」で『レインボー』が紹介される。

2012年[編集]

  • 6月 - 2枚目となるミニアルバム『DINOSAUR』リリース。全国8か所でリリースツアーを行う。
  • 6月 - 「ダイナソー」がtvk(テレビ神奈川)『Mutoma』の6月度のオープニング・エンディングテーマに起用される。
  • 7月 - 「ダイナソー」がテレビ東京系「モヤモヤさまぁ〜ず2」(毎週日曜 午後7:00 - 放送)のエンディングテーマに起用される。
  • 8月 - 25日、吉田アディムが絵に専念するとして脱退。
  • 9月 - サポートメンバーにタカハシマイ、砂川一黄を迎えた新体制で夏の音楽フェス RUSH BALLBAYCAMPなどに出演。
  • 11月 - 2nd Single「アイボリー」をリリース。全国7箇所でリリースツアー「森の妖精6万匹TOUR」を開催。
  • 11月 - ニューシングルの「アイボリー」がテレビ東京 「音流〜On Ryu〜」 11月度エンディングテーマに起用される。
  • 11月 - タワーレコードオンライン、11月7日付のデイリーセールスランキングで2ndシングル「IVORY」が6位に。
  • 12月 - COUNTDOWN JAPANに出演。

2013年[編集]

  • 1月 - これまでサポートとして参加してきたタカハシマイ(Cho/Syn/Ag)、砂川一黄(Gt/Cho)が、1月1日より正式メンバーとして加入。
  • 2〜4月 - 渋谷eggmanにて自身のイベント、3ヶ月連続2マン企画「エンジョイ!春のチェコ祭り」を開催。
  • 4月 - タカハシがテレビ東京 「音流〜On Ryu〜」でMCとしてレギュラー出演開始。
  • 5月 - NOTTV の音楽トーク番組「LOVE & ROCK」に出演[7]
  • 6月 - 3枚目となるシングルの「Festival」をDVD付きでリリース。テレビ東京「プレミアMelodiX!」の6月度エンディングテーマに起用される。
  • 7月 - 「エンジョイ!夏の東名阪ワンマンツアー」と銘打った、5人体制としては初となるワンマンツアーを開催。公演中にメジャー移籍を発表。
  • 10月 - 日本コロムビアよりメジャーデビュー。メジャー1stアルバム「NEVERLAND」がリリース。アルバム収録曲"MUSIC"が、同年10月4日深夜0:52より放送スタートのテレビ東京ドラマ「ノーコン・キッド 〜ぼくらのゲーム史〜」のエンディングテーマに起用される。
  • 11月 - 翌14年2月まで3カ月にわたる「エンジョイ!冬のネバーランドリリースツアー」開催。
  • 12月 - COUNTDOWN JAPANに出演。

2014年[編集]

  • 1月 - アルバム「NEVERLAND」がCDショップ大賞にノミネートされる。
  • 4月 - 『オールナイトニッポン0(ZERO)』4月1日から火曜日(深夜3時 - 5時)のレギュラーパーソナリティに決定。タイトルCzecho No Republicのオールナイトニッポン0(ZERO)
  • 7月 - メジャー2ndアルバム「MANTLE」が発売。インディーズ時代の楽曲の再録が主となった1stアルバムの「NEVERLAND」とは異なるオール新曲。更に何人かのプロデューサーを付けての前作とは異なるセルフプロデュースアルバムとなり、更にメンバーの意図に近い音楽が届けられる作品となった。オリコン初登場は17位。アルバム収録曲「Amazing Parade」がテレビ東京系毎週1:45分からオンエア中ゴッドタンのエンディングテーマになる。
  • 8月 - メジャー2ndアルバム「MANTLE」を掲げ、全国ツアーを開始する。関東近郊3ヶ所でGUEST(Kidori Kidori, go!go!banillas, The Flickers)を招き入れたライブを終えた後、9月中旬から札幌、仙台、新潟、広島、福岡、大阪、名古屋でワンマンライブが行われた。ツアーファイナルは10月10日金曜日@赤坂BLITZでのワンマンライブを行った。
  • 8月 - 2014年11月7日から11月9日まで幕張メッセで開催される日本最大級のスポーツ自転車フェスティバル・展示会「CYCLE MODE international 2014」のテーマソングに メジャー2ndアルバム「MANTLE」の収録曲から「Crazy Crazy Love」が採用される事がCzecho No Republicの公式Twitterより8月23日に発表された。
  • 9月 - メジャー1stシングル「Oh Yeah!!!!!!!」が 2014年11月12日に発売されることを発表。同時にタイトル曲となる「Oh Yeah!!!!!!!」がフジテレビ系のアニメ「ドラゴンボール改」のエンディングテーマに決定したことを発表。
  • 11月 - メジャー1stシングル「Oh Yeah!!!!!!!」リリース。

2015年[編集]

  • 1月 - Pocky×Czecho No RupublicコラボCMが1月1日からスペースシャワーTVと渋谷スクランブル交差点のグリコビジョンにて放映開始。
  • 2月 - メジャー2ndシングル「For You」リリース。
  • 9月 - メジャー3rdアルバム「Santa Fe」リリース。
  • 10月 - テレビ東京「SICKS〜みんながみんな、何かの病気〜」のエンディングソングに決定。

2016年[編集]

  • 5月 - メジャー3rdシングル「Forever Dreaming」リリース。
  • 7月 - メジャー4thアルバム「DREAMS」リリース。

ディスコグラフィー[編集]

シングル[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
インディーズ(mini muff records)
1st 2011年6月8日 Casually MDMR-2016 オリコン初登場114位
2nd 2012年11月8日 IVORY MDMR-2023(初回限定盤)
MDMR-2024
オリコン初登場94位
3rd 2013年6月26日 Festival MDMR-2028 タワーレコード限定発売
メジャー(日本コロムビア)
4th 2014年11月12日 Oh Yeah!!!!!!! COZA-992(初回限定盤)
COCA-16956
オリコン初登場24位
5th 2015年2月4日 For You COCA-16968(初回限定盤CD)
COZA-1007/8(初回限定盤CD+DVD)
オリコン初登場24位
6th 2016年5月18日 Forever Dreaming COZX-1174/5(期間限定生産/チェコVer.)
COCA-17191(期間限定生産/ドラコンボール超Ver.)
オリコン初登場37位
2017年9月27日 タイムトラベリング COCA-17371(通常盤)
COZA-1377/8(初回盤)
「Czecho No Republic×SKY-HI」名義
オリコン初登場42位
インディーズ(mini muff records)
7th(EP) 2019年4月3日 Odyssey MDMR-2040 オリコン初登場66位
8th(EP) 2019年11月6日 La France MDMR-2043 オリコン初登場-位

配信限定シングル[編集]

発売日 タイトル
2013年10月5日 MUSIC(ノーコン・キッドver.)
2014年10月5日 Oh Yeah!!!!!!!(TVサイズ)
2016年4月3日 Forever Dreaming(TVサイズ)
2018年8月1日 Baby Baby Baby Baby
2019年7月12日 Forever Summer
2020年3月10日 摩訶不思議
2020年4月10日 Hello New World
2020年5月10日 Dong Dong

アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
インディーズ(mini muff records)
1st mini 2010年11月17日 erectionary ZMUFF-2012 タワーレコード限定発売
1st 2011年10月5日 Maminka MDMR-2020 CDショップ大賞2012ノミネート作品
オリコン初登場125位
2nd 2012年6月6日 DINOSAUR MDMR-2020 オリコン初登場100位
メジャー(日本コロムビア)
3rd 2013年10月30日 NEVERLAND COCP-38214 プロデューサーに會田茂一いしわたり淳治片寄明人が参加
オリコン初登場31位、登場回数3回
4th 2014年7月16日 MANTLE COZP-937/8:初回限定盤
COCP-38592:通常盤
セルフプロデュース
オリコン初登場26位
5th 2015年9月9日 Santa Fe COZP-1061/2:初回限定盤
COCP-39172:通常盤
TRIAD移籍第一弾作品
オリコン初登場19位、登場回数3回
6th 2016年7月20日 DREAMS COZP-1220/1:初回盤
COCP-39654:通常盤
オリコン初登場27位、登場回数3回
7th 2018年3月14日 旅に出る準備 COCP-40282
インディーズ(mini muff records)
8th 2020年6月10日(配信)

2020年8月19日(CD)

DOOR
メジャー(日本コロムビア)
BEST 2020年12月9日 Czecho No Republic 2010-2020 COCP-41361/2(CD2枚組) CD DISC1
  1. 好奇心
  2. MUSIC
  3. Festival
  4. No Way
  5. Amazing Parade
  6. ファインデイ
  7. Firework
  8. Melody
  9. For You
  10. ショートバケーション
  11. Baby Baby Baby Baby
  12. ダイナソー
  13. 幽霊船
  14. ネバーランド
  15. レインボー
  16. Electric Girl
  17. 1人のワルツ
  18. MIKA
  19. Heart Beat
  20. oh Yeah!!!!!!

CD DISC2

  1. Everything
  2. Forever Summer
  3. Crazy Crazy Love
  4. Field Poppy
  5. タイムトラベリング
  6. テレパシー
  7. エンドルフィン
  8. 愛を
  9. LALALA
  10. Hi Ho
  11. アイボリー
  12. Call Her
  13. 旅に出る準備
  14. Sunshine
  15. Dream Beach Sunset
  16. DANCE
  17. Summer Love
  18. Hello, My Friend Sophie
  19. Beautiful Days

DVD[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
1st 2016年3月30日 NAKA TO SOTO COBA-6887/8 オリコン初登場44位

参加作品[編集]

発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
2012年2月8日 FREE THROW COMPILATION 02 RDCA-9006 オリコン初登場254位
2015年11月25日 WARIKAN BZCS-5030 DANCE
2016年2月24日 ドラゴンボール 神 BEST COCX-39493/4
COZX-1144/6
Oh Yeah!!!!!!!
2017年7月5日 ずっと好きでした。 presented by 胸キュンスカッと SRCL-9459 No Way
2018年2月28日 ドラゴンボール超 超・主題歌集 COCX-40305 Forever Dreaming

動画[編集]

ミュージックビデオ[編集]

公開日 監督 曲名 再生数 備考
2011年5月12日 Don't Cry,Forest Boy
2011年5月17日 大石規湖 マサチューセッツ
2011年5月31日 P.I.C グアム
2011年9月1日 大石規湖 ショートバケーション
2011年9月16日 大久保拓朗 レインボー
2012年5月21日 小嶋貴之 ダイナソー
2012年10月28日 アイボリー
2013年6月1日 夏目現 Festival 50万
2013年6月25日 武井優心 1人のワルツ
2013年7月22日 加藤マニ ファインデイ 50万
2013年11月12日 夏目現 MUSIC 100万 衣装協力Bernet,GrimoireAlmadel
2013年11月12日 夏目現 ネバーランド 50万
2014年6月23日 夏目現 No Way 150万
2014年7月18日 夏目現 Amazing Parade 50万
2014年10月31日 スミス Oh Yeah!!!!!!! 100万 出演:春日俊彰(オードリー)・宮原華音
2015年1月7日 For You【Short ver.】
2015年8月26日 夏目現 Firework
2015年9月8日 加藤マニ Fun, Fun, Fun, Fun, Fun
2015年9月16日 夏目現 Heart Beat
2016年5月17日 夏目現 Forever Dreaming 100万
2016年5月17日 夏目現 Forever Dreaming(English Ver.)
2016年7月7日 夏目現 Electric Girl
2016年8月2日 Dream Beach Sunset
2017年10月3日 須永秀明 タイムトラベリング
2018年2月28日 スミス テレパシー 出演:中澤瞳、石川雷蔵 ロケ場所協力:埼玉県 小川町
2018年3月13日 小川祐人 好奇心
2018年8月14日 ナガヤマシゲキ Baby Baby Baby Baby
2019年3月25日 坂本渉太 Everything
2019年7月11日 Czecho No Republic Forever Summer Camera:渡辺修朴(ROOM-MATE)

その他[編集]

公開日 タイトル
2011年12月20日 live:2011.12.07あべのROCK TOWN
2012年6月1日 「DINOSAUR」 ダイジェスト
2012年10月25日 「IVORY」 リリース直前企画① 全曲試聴CM 【Shalala】 -武井編-
2012年10月26日 「IVORY」 リリース直前企画② 全曲試聴CM 【MIKA】 -正太郎編-
2012年10月27日 「IVORY」 リリース直前企画③全曲試聴CM【Nowhere Boy】-八木編-
2012年10月29日 「IVORY」リリース直前企画④全曲試聴CM【おまけ】編
2014年4月29日 5/21 SHIBUYA-AX公演スペシャル①
2014年5月7日 5/21 SHIBUYA-AX公演スペシャル② 〜縄跳び編〜
2014年5月7日 5/21 SHIBUYA-AX公演スペシャル② 〜ドライブデート編〜
2014年5月19日 5/21 SHIBUYA-AX公演スペシャル③ 〜坊主回避企画〜
2014年5月19日 5/21 SHIBUYA-AX公演スペシャル④ 〜関係者の証言〜
2014年7月15日 『MANTLE』トレーラ映像
2015年1月20日 『For You』(CD+DVDver.) 収録映像ダイジェスト
2015年2月1日 「For You」【Pockyもう1個もらえるキャンペーン】
2015年9月2日 『Santa Fe』トレーラー
2015年9月14日 【MV SELF REVIEW】Czecho No Republic「Oh Yeah!!!!!!!」
2015年9月15日 【MV SELF REVIEW】Czecho No Republic「Firework」
2016年3月29日 『NAKA TO SOTO』【Disc-1】
2016年3月29日 『NAKA TO SOTO』【Disc-2】
2016年4月28日 「Forever Dreaming」スペシャルトレイラー
2016年6月13日 芸能界No.1オセロ王!〜西野が負けたら即終了〜 02 vs. タカハシマイ(Czecho No Republic)
2016年9月13日 「Dream Beach Sunset」 BOMBER-E LIVE
2017年9月22日 「タイムトラベリング」ティーザー
2018年3月9日 『旅に出る準備』全曲試聴トレーラー
2019年3月26日 「Odyssey」Trailer

タイアップ[編集]

曲名 タイアップ
Firework テレビ東京バラエティ番組『SICKS〜みんながみんな、何かの病気〜』主題歌[8]
MUSIC(ノーコン・キッドver.) ノーコン・キッド 〜ぼくらのゲーム史〜」エンディングテーマ
ダイナソー モヤモヤさまぁ〜ず2」エンディングテーマ(2012年7月 - 9月)
No Way ゴッドタン」2014年7月度エンディングテーマ
Amazing Parade 「ゴッドタン」2014年8 - 9月度エンディングテーマ
Oh Yeah!!!!!!! フジテレビ系TV アニメ「ドラゴンボール改」エンディングテーマ
For You ポッキーチョコレートスペースシャワーTVバージョンCFソング
好奇心 王様のブランチ」2018年3月度エンディングテーマ

主なライブ[編集]

ワンマンライブ・主催イベント[編集]

  • 2012年 - 【森の妖精6万匹TOUR】
    w/OverTheDogs/Sawagi/東京カランコロン/踊ってばかりの国
  • 2013年 - ボーミーとチェーコーとディーゴーのチョコレート工場
    w/BŌMI
  • 2013年 - エンジョイ!春のチェコ祭り
    w/cinema staff/Hermann H.&The Pacemakers/東京カランコロン
  • 2013年 - エンジョイ!春のチェコ・カランコロン祭り-京都編-
  • 2013年 - エンジョイ!夏の東名阪ワンマンツアー
  • 2013年 - エンジョイ!秋の夜長のネバーランドリリースパーティー!〜仮装もあるよ〜
  • 2013年 - 2014年 - エンジョイ!冬のネバーランドリリースツアー
    w/THE NOVEMBERS
  • 2014年 - AXドリンクバイトをクビになった武井がついに演者として帰ってきた!最初で最後!武井のAX帰還ギグ!〜そして伝説へ〜
  • 2014年 - 「MANTLE TOUR」〜2014年宇宙の旅〜
    w/Kidori Kidori/go!go!vanillas/The Flickers
  • 2014年 - Czecho No Republicプレゼンツ 熱戦・烈戦・超激戦 天下一仮装会〜チェコに元気を分けてくれSPARKING2014〜
  • 2015年 - Oh Yeah!!!!!!!TOUR
  • 2015年07月12日 - 帰ってきたドリームシャワー 夏だ!野音だ!Czecho No Republicだ!初の日比谷野音ワンマン
  • 2015年09月18日 - 10月17日 - 『Santa Fe』リリース記念 聖なる行進TOUR

出演イベント[編集]

メディア出演[編集]

テレビ[編集]

  • 音流〜ONRYU〜(2013年4月 - 、テレビ東京) - MC ※タカハシのみ出演

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ ツアータイトルは、以前SHIBUYA-AXのドリンクカウンターでアルバイトをしていた際に、サボってライブを無銭で見学してクビになったことに由来。

出典[編集]

  1. ^ a b Power Push (2011年9月30日). Czecho No Republic 新世代ポップマジックを 初アルバム「Maminka」に詰めこんで. インタビュアー:柴那典. 音楽ナタリー.. https://natalie.mu/music/pp/cnr 2015年11月8日閲覧。 
  2. ^ a b c d e POWER PUSH! (2013年10月). レコメンドアーティスト - ネバーランド / Czecho No Republic. インタビュアー:加藤蛍. スペースシャワーTV.. http://www.spaceshowertv.com/powerpush/pp1/1310_czechonorepublic.html 2015年11月8日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f あの人の音楽が生まれる部屋. Vol.18 Czecho No Republic. インタビュアー:黒田隆憲. CINRA.NET.. http://www.cinra.net/column/otoheya/vol18-1 2015年11月8日閲覧。 
  4. ^ a b c 順調に見えて悩みも多い Czecho No Republicが転機を語る. インタビュアー:金子厚武. (2015年9月8日). CINRA.NET.. http://www.cinra.net/interview/201509-czechonorepublic 2015年11月8日閲覧。 
  5. ^ Power Push (2013年10月23日). Czecho No Republic「NEVERLAND」インタビュー 5人が鳴らすユートピア. インタビュアー:三宅正一. 音楽ナタリー.. https://natalie.mu/music/pp/cnr03 2015年11月8日閲覧。 
  6. ^ Czecho No Republicギター八木が脱退 ツアー内容変更 岩手日報、2018年4月10日。
  7. ^ LOVE & ROCK
  8. ^ Czecho No Republic、オードリーと再タッグ コント番組の主題歌担当”. ORICON (2015年9月9日). 2015年9月9日閲覧。

関連記事[編集]