Dマート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Dマート足利店(旧店舗)

Dマート(ディーマート)は、かつて株式会社ダイエー及び前身の株式会社ダイエーマートが運営していたディスカウントストアである。

概要[編集]

1970年代後半から日本では物不足が減少し、単に商品を並べただけでは売れなくなっていった。更に、既存店の売り上げの伸び悩みが浮き彫りとなりダイエーは新業態となるディスカウント事業参入を決めた。こうして誕生したのがDマート及びトポスである。

1980年8月にアメリカ合衆国を中心にディスカウントストアを展開していたKマートと提携を結んだのが始まりである[1][2][3]。Kマート側がダイエーに対して、ディスカウント店舗の建設やアメリカ式のオペレーション等のノウハウを供与したことで、従来のダイエー店頭価格よりも安く売ることに成功する。

同時期に誕生したトポスとは異なり、郊外向けだったのが特徴で全ての商品を取り扱うが食品関係が豊富なのが特徴であった。1981年4月に開業した1号店のDダイエー草加店(旧ダイエー草加店)を皮切りに次々と出店しトポスやバンドールともにディスカウント事業の中核をなしていた。Dダイエーは草加店しか使用されず後にDマートに名称変更した。

1987年9月1日には、現存していたDマート3店をダイエーに吸収[4]1988年に、運営子会社「ダイエーマート」清算し[5]、赤字の肩代わりを行って営業を進めてきた。長らく、数店舗のみの出店であったが忠実屋との合併を機に既存店をDマートに大量転換した[6]

しかし、ダイエーの経営再建の中で、閉店あるいはダイエーへの業態転換が進められ、2007年3月8日に最後まで残っていた1号店のDマート草加店がダイエーへ転換された事に伴い、Dマートは消滅した。

存在していた店舗[編集]

Dマート草加店(旧店舗)
Dマート幸手店(旧店舗)

※印はダイエーからDマートに、その後ダイエーに再度転換された店舗。

栃木県

埼玉県

  • 草加店(埼玉県草加市氷川町)(現・ダイエー草加店)(ダイエー→Dダイエー→Dマート→ダイエー)※ 2011年1月に改築のため一旦閉店
草加市草加にあったダイエー草加店(旧・忠実屋)とは別。
同じ幸手市内にはマルエツが主体となって開発した「エムズタウン幸手」が2005年12月8日にオープンしている。

千葉県

東京都

神奈川県

愛知県

大阪府

  • 金岡店(大阪府堺市北区)(ダイエー→Dマート→建物存続→レインボー金岡)

兵庫県

  • 花北店(兵庫県姫路市)(建物存続)(ダイエー→Dマート→ヴィーナスギャラリー花北店(パチンコ)を核とした娯楽施設。跡地のパチンコ店出店にたいして、周辺に小・中学校や福祉施設などがあるため、地元の増位地区、水上地区の両連合自治会が堀川和洋市長に対し、約1万800人分の反対署名を提出。市側は反対署名を重く受け止め、建築基準法に基づく建築確認を1週間留保の後、建築主事が建築確認を出し、兵庫県公安委員会も設置認可を出した。JR野里駅前の「花北地区」は、東洋紡績姫路工場の跡地を姫路市が1975年に買収、「副都心」としての機能を持たせようと約19ヘクタールで土地区画整理事業を実施し、文化生活地区などとして、図書館などの施設や集合住宅などを整備した。同店は1982年オープンのダイエー花北店を受け継ぎ、1994年から営業していたが、2002年6月に閉店した。)[7][8]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

出典[編集]

  1. ^ 日本経済新聞 1980年6月15日 1面 ダイエー 米のKマートと提携 ダイエーが発表より
  2. ^ 日本経済新聞 1980年8月8日 夕刊1面 ダイエーとKマート 提携に正式調印より
  3. ^ 日本経済新聞 1980年6月16日 夕刊1面 米国のKマートと提携 ダイエーが発表より
  4. ^ 日経流通新聞 9月5日 ダイエー、Dマート3店吸収 グループの収益UPより
  5. ^ 日経流通新聞 5月11日 ダイエー、Dマート吸収 来年2月までに 赤字肩代わりより
  6. ^ 岩淵明男「ダイエー 中内功の物価2分の1革命(オーエス出版社)」P67-73
  7. ^ Dマート花北店旧店舗を遊技場などへ用途変更 地元自治会など反対/播磨・姫路 2002.12.03 毎日新聞
  8. ^ Dマート花北店跡/パチンコ店進出計画/姫路市が申請受理/近隣住民に反発も2002.12.03 朝刊 24頁 姫路 神戸新聞

関連項目[編集]