D5-VTR

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
パナソニック D5-VTR AJ-HD3700H
D5-VTR用カセットテープ(Mサイズ)

D5-VTRとはパナソニックD3-VTRの走行系を元に開発した、ITU-R601フォーマットのコンポーネントデジタルビデオ信号を1/2インチカセットテープに非圧縮で記録するビデオテープレコーダである。

D3-VTRと異なり、ビデオ信号はコンポーネント10ビット量子化記録が可能である。また、16:9のワイドアスペクトのビデオ信号を8ビット量子化で記録する機能も備える。記録レートは301Mb/s。HD(ハイビジョン)の圧縮記録も可能。

HD放送の普及とともにマスターVTRとして特にNHKWOWOWでのみ中心的な規格として採用されている。D5はNHKと共同で開発したもので、NHKの番組の送出の際の完プロ(NHK用語で言う完パケ)などは全てD5を使用している(ニュースの取材やドラマの収録はソニーHDCAMを使用することが殆どである)。また、IMAGICA等に保存されている映画会社の決まりロゴなどもD5規格が採用されている。

民放のハイビジョンはHDCAMDVCPROHDを使っており、D5は補助的な役割が多い。最近ではP2HDと呼ばれるテープレスへの移行が進んでいる。最近まで据え置き型レコーダーの受注生産に応じていたが、これも生産完了しており、現在では既存ユーザーのためのD5用ビデオテープの供給のみ行われている。

関連項目[編集]