D702i

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
NTTドコモ FOMA D702i
D702i
D702i (METAL BLACK)
キャリア NTTドコモ
製造 三菱電機
発売日 2006年3月17日
概要
音声通信方式 FOMAW-CDMA
(800MHz,1.7GHz,2.0GHz)
形状 ストレート式
サイズ 130 × 47 × 16.8 mm
質量 99 g
連続通話時間 約170分(音声通話)
約105分(テレビ電話)
連続待受時間 約560時間(静止時)
約400時間(移動時)
充電時間 約140分
外部メモリ なし
FeliCa なし
赤外線通信機能 あり
Bluetooth なし
放送受信機能 なし
メインディスプレイ
方式 TFT液晶
解像度 QVGA
(240×320ドット
サイズ 2.0インチ
表示色数 約26万色
サブディスプレイ
なし
メインカメラ
画素数・方式 約131万画素CMOS
機能 -
サブカメラ
画素数・方式 約10万画素CMOS
機能 -
カラーバリエーション
METAL BALCK
SHINY WHITE
SPARKLE BLUE
■テンプレート / ■ノート
ウィキプロジェクト

FOMA D702i(フォーマ・ディー なな まる に アイ)は、三菱電機によって開発された、NTTドコモ第三世代携帯電話 (FOMA) 端末製品である。

概要[編集]

D702iは、FOMA 70*シリーズ初のストレート形端末。FOMA全体としてもT2101V以来4年ぶりである。一枚岩「モノリス」をイメージしたシンプルなデザインで、アンテナを内蔵し大きな突起もない扁平な外観に仕上がった。 カラーバリエーションはMETAL BLACK(メタルブラック)・SHINY WHITE(シャイニーホワイト)・SPARKLE BLUE(スパークルブルー)の三種類。 この端末のボタンは青色に光る。 メインディスプレイには2インチTFT液晶 (QVGA) を採用。アウトカメラは131万画素 CMOS、インカメラは11万画素 CMOS。外部メモリーカードスロットはない。オペレーティングシステムSymbian OSで、日本語入力システムとしてATOKおよびAPOTを搭載している。 ボタン部分が常時露出しているストレート形端末の多くは、誤操作防止機構としてキーロック機能を有している。D702iはメニューボタンを長押しすることでロック状態となるほか、最後に操作してから一定時間経過したところで自動的にロック状態となるようタイマー設定も可能である。

歴史[編集]

参考文献[編集]

関連項目[編集]