D702iF

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

移動先: 案内検索
NTTドコモ FOMA D702iF
キャリア NTTドコモ
製造 三菱電機
発売日 2006年9月9日
概要
音声通信方式 FOMAW-CDMA
形状 折りたたみ式
サイズ 100 × 48 × 24 mm
質量 97 g
連続通話時間 約150分(音声電話時)
約90分(テレビ電話時)
連続待受時間 約460時間(静止時)
約330時間(移動時)
外部メモリ 非対応
FeliCa なし
赤外線通信機能 あり
Bluetooth なし
放送受信機能 非対応
メインディスプレイ
方式 TFT液晶
解像度 240×320ドット
サイズ 2.0インチ
表示色数 262,144万色
サブディスプレイ
方式 STN液晶
解像度 72×12ドット
サイズ 0.6インチ
表示色数 単色(モノクロ)
メインカメラ
画素数・方式 約130万画素CMOS
機能 -
サブカメラ
画素数・方式 約10万画素CMOS
機能 -
カラーバリエーション
コーラル・コーラル
ホワイト・サンド
グリーン・エア
ライラック・ミラージュ
■テンプレート / ■ノート
ウィキプロジェクト

FOMA D702iF(フォーマ ディーななまるにアイエフ)は、三菱電機によって開発された、NTTドコモ第三世代携帯電話FOMA端末製品である。

概要[編集]

幾田桃子のデザインによる端末。“F”とはファッショナブルやフェミニンを意味しており、“女性のためのキレイケータイ”というコンセプトである。

その外見にもなめらかな形で女性らしさを表現するのみならず、iアプリにも、レシピ集(他、全3つ)などがプリインストールされている。また、防犯ブザーの代わりにカモフラージュ音が鳴り、それとなく周囲の注意を引く機能も搭載されている。

なお、外部メモリには対応していない。

歴史[編集]

不具合[編集]

2007年4月末日現在、特に大きな不具合は発見されていない。