DARS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ダース/ビター、ダース/ミルク、白いダース

DARS(ダース)とは、森永製菓が製造・販売しているチョコレート

概要[編集]

昭和63年1988年)に発売された板チョコレート「ソリッド」の派生商品として、一口サイズの台形の形したチョコレートが一箱に12個入っているその形状から「ソリッドダース」という名称で平成5年1993年)に発売された。

1包に1ダース入っている

発売当初は「12個だからダースです」というキャッチコピーとともに、英語表記は「12個」を表す「DOZEN」であったが、2000年以降はパッケージデザインが改められ、造語の「DARS」に変更されている。森永製菓では「上質の口どけのおいしさをお届けしたい」という想いが込められているとしている。

歴代CMキャラクター[編集]

種類[編集]

苺の白いダース
  • ミルク味 - スタンダードなチョコレートミルク。2012年12月25日から、1チョコfor1スマイルキャンペーンを通じて支援した地区のカカオマスを約8.8%使用して期間限定発売。[1][2]また、2017年2月6日にはKDDI沖縄セルラー電話連合が展開する移動体通信キャリア「au」とのコラボレーションでミルク味と仕様が同一の「本命ダース」をアンケートに回答した全員に無償でプレゼントするキャンペーンを全国のau取扱店、および一部店舗を除く全国のトヨタディーラー各店PiPit)にて実施した[3]
  • ホワイトチョコ味 - 店頭などでは「白いダース」と書かれている。ホワイトチョコ味。スタンダードなミルクより少し甘い。こちらも2017年2月24日には「au」とのコラボレーションでホワイトチョコ味と仕様が同一の「学割天国ダース」をアンケートに回答した学生、および学生以外の個人に無償でプレゼントするキャンペーンを全国のau取扱店、および一部店舗を除く全国のトヨタディーラー各店にて実施される予定である[4]
  • ブラックチョコ味 - 店頭などでは「ダースビター」と書かれている。ブラックチョコ味。スタンダードなミルクよりほろ苦い。

エピソード[編集]

2013年7月には、関連商品としてダースを12個箱詰めした「グロス(GROS)」が12個限定で発売された。これは虚構新聞のネタ記事を森永の関係者が現実化させてしまったもので、虚構新聞の社主であるUKはこの販売の場にて公開謝罪を行っている[5]。なお後に森永ではこの際に作成したGROSのパッケージをペーパークラフト化し、同社Webサイトでダウンロード可能にしている[6]

脚注[編集]

  1. ^ 森永製菓、「チョコレート 1チョコfor1スマイル」など発売- 毎日jp(毎日新聞)
  2. ^ 森永製菓:支援先のカカオでチョコ生産 担当者が語る日本初“次世代型CSR”- 毎日jp(毎日新聞)
  3. ^ 「本命ダース」を2月6日よりauのお店でプレゼント! - KDDI 2017年2月3日(2017年2月12日閲覧)
  4. ^ auじゃなくても、学生じゃなくてももらえる!「学割天国ダース」をauのお店でプレゼント - KDDI 2017年2月17日(2017年2月20日更新・2017年2月21日閲覧)
  5. ^ 森永チョコ、144個入り『GROS』が現実に 虚構新聞社主が謝罪会見 - 週アスPLUS・2013年7月10日
  6. ^ http://www.morinaga.co.jp/dars/gros.pdf

関連項目[編集]